健康の記事

花粉症シーズン到来!薬の副作用は覚悟の上?!

VNM編集部 健康

花粉の飛散量は昨シーズンの3倍~7倍の見込み

今年もやってきました花粉症シーズン。環境省によると「2013年の花粉シーズンは2月から」また「花粉の飛散量は昨シーズンの3倍~7倍の見込み」との発表です。さて、今回ボイスノートでは、実際どのくらいの人が花粉症に悩んでいるのかを調査すべく、アンケートモニターさんにご協力をいただきました。
関連:花粉症2015年は東海地方がヤバい!?花粉を家に入れないコツ

 

およそ2人に1人が花粉症経験者

今回実施した調査から、全体の約44%の人が花粉症の経験があることが明らかになっています。これはほぼ2人に1人の計算になりますが、花粉症経験者のうち6割は、毎年花粉症に悩んでいるという状況でした。では、花粉症に悩んでいる人は、一体どんな方法でその症状を改善しているのでしょうか?

花粉症対策に関するアンケート

対象条件:なし
回答者数:1200人(調査日:2013/2/7~2013/2/10)

【Q】あなたは、花粉症に悩んだ経験がありますか?(n=1200)

すべてのモニターさんに聞きました

a1-1

 

【Q】今でも毎年、花粉症に悩んでいますか?

花粉症の経験があるモニターさんに聞きました(n=528)
├ 毎年悩んでいる 63%
├ その年によって悩んでいる 31%
└ 花粉症は克服したので今は悩んでいない 6%

 

副作用は覚悟の上?!結局薬に頼っている人が6割。薬以外が4割。

a0002_002654花粉症のつらい症状には、くしゃみや涙、目がかゆい、頭がぼーっとするなど、その症状や度合いは人によってさまざまですが、以下アンケート結果表から症状に悩む6割の人が「薬」による改善策をとっていることが分かります。ただ、薬に頼っている人の過半数以上が副作用への不安や心配を抱いているという反する結果から、つらい症状に悩む当人にとっては、今の症状を解決することが副作用による将来のリスクを考えることよりもはるかに重要な位置づけにある事がうかがえます。
現代に「100%副作用が無い」と言い切れる薬があれば大変重宝しそうです。

 

【Q】あなたが、主に行っている症状の改善方法とは?

花粉症の経験があるモニターさんに聞きました(n=528)
├ 薬 60%
└ 薬以外 40%

【Q】薬による副作用への不安や心配はありますか?

花粉症の改善に薬を使用しているモニターさんに聞きました(n=316)
├ ある 62%
└ ない 38%

薬以外で体質改善・症状緩和できた人が60%以上!

花粉症対策といっても薬がすべてではありません。なんと6割以上が薬以外でも体質改善や症状緩和に成功しているというアンケート結果が出ています。今後は、将来の副作用の危険を考えて、すこし長い目で、花粉症対策に取り組んでいくという人も増えていくのかもしれません。

【Q】「薬以外」で症状緩和、また体質改善できたことがありますか?

花粉症の経験があるモニターさんに聞きました(n=528)
├ ある 64%
└ ない 36%

【Q】「薬以外」のもので症状緩和、また体質改善できたものとは何ですか?

「薬以外」で症状緩和、また体質改善できたというモニターさんに聞きました(n=338)
├ 1位 健康食品・サプリメント 37%
├ 2位 漢方 24%
├ 3位 レーザー治療 3%
└ 4位 その他 36%

来年も花粉シーズンはやってくる

毎年毎年訪れる花粉シーズン。この時期だけは、うまくやり過ごすしかないとあきらめている人も多いかもしれません。来シーズンこそは気持ちよく過ごせるように、なにか新しい健康習慣にチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

関連記事:5人に2人が花粉症!今年の対策はマスクとメガネでばっちりだ!

格安ネットリサーチ
格安ネットリサーチ