仕事の記事

新社会人が押さえておきたい先輩・上司の助言

VNM編集部 仕事

a1380_0011004月は新生活のスタート時期。さて4月から社会人デビューする人もいるかと思いますが、心の準備はいかがでしょうか。今回ボイスノートでは、新入社員になる本人ではなく、新入社員を迎える側の「先輩社員」や「部下をもつ上司」の方を対象にアンケート調査を行いました。

関連:履歴書の重要箇所自己PR欄には、自慢ではなくアピールを丁寧に

自分の勤務先に新入社員が入社してくるは44%

今回実施のアンケートによると、働いている人のうちおよそ2人に1人は、自分の会社に新人社員が入社する予定であることが分かりました。毎年この時期になると、ビジネスマナーや社会人の常識などの書籍で予習をする新社会人もいるかと思います。本人が自覚している常識レベルはさておき、会社の先輩や上司は、そもそも新入社員の常識レベルがどの程度あると思っているのでしょうか。

新社会人に対する意識調査

対象条件:有職者
回答者数:600人
(調査日:2013/3/17~2013/3/22)

【Q】今春4月から、新入社員が入社する予定はありますか?

働いているモニターさんに聞きました(n=600)
001

新社会人は一般常識がないと思われている?!

一般常識があるかないかのイメージについて聞いて見ると、新社会人は一般常識がない! そう思っている“諸先輩方”は50%近くいることが判明。ビジネスマナーに至っては約60%が「ないと思う」との回答結果。ビジネスマナーは入社後のOJT(On-the-Job Training)や実践を通して身に付けていくことができる部分でもありますが、一般常識はこれまでの人生経験で培われたその人自身による所が大きい部分です。この結果を踏まえると、現代における新入社員に対する常識人のイメージはあまり良いとは言えそうにありません。こういったマイナスイメージが先行して判断されないように、新入社員が押さえておくべき点とはどんな所なのでしょう。

【Q】新社会人とは、どのくらい一般常識があると思いますか?

お仕事をしているモニターさんに聞きました(n=600)
一般常識

【Q】新社会人とは、どのくらいビジネスマナーがあると思いますか?

お仕事をしているモニターさんに聞きました(n=600)
新社会人はどれだけビジネスマナーがあると思いますか?

ビジネスマナーの基本はやはり挨拶である。

新社会人から見て先輩や上司にあたる人たちに、“絶対に押さえておかなければならないビジネスマナーを1つだけ挙げるなら何?”と伺ってみると、圧倒的に多かったアドバイスが「挨拶」で37%。続いて多かったのが「適切な言葉使い」で20%でした。一見、当たり前の事のように感じますが、皆が皆出来ている事であれば、わざわざ唯一のアドバイスとして挙げはしないでしょう。ただし、『挨拶だけは一人前で、仕事は全くできない』という極端な人間にならないよう気をつけなくてはなりません。

【Q】絶対に押さえるべきビジネスマナーを1つだけアドバイスするなら?

お仕事をしているモニターさんに聞きました(n=600)
絶対に押さえるべきビジネスマナーを1つだけアドバイスするなら

関連:姿勢の良い人はポジティブシンキングで年収が高い!?

同期・同僚との比較⇒僅差なら「なんとなく好感が持てる方」が評価される。

会社で働くという事は、そこには必ず仕事が存在するという事です。前述の“挨拶だけは良い者”と“仕事ができる者”の二者であれば後者を評価するのが会社の常です。しかし、仕事上の能力がほとんど同じ2人がいたとして、最終的にどちらか1人だけを評価・選抜しなくてはならないとした場合、仕事以外のどんな部分で2人のうち1人を選抜したら良いでしょうか。

この点については、以下アンケート結果表をご覧ください。
差別化のポイントで1位は「身だしなみが良い方」でした。身だしなみは努力すれは誰でもクリアできる部分なので当たり前にクリアしておくのが懸命です。しかし、2位の「なんとなく好感が持てる方」の“なんとなく”を相手に伝えるポイントは明確にしがたい部分もあります。以下表に「なんとなく好きになれない社員のタイプ」の調査結果がありますので、今後キャリアアップを目指して行きたい人であれば、自分が各項目に該当しないように意識してみると良いかもしれません。

    《アンケート結果表/対象:有職者600人》
    同じ能力をもっている部下2人のうち1人だけを評価する場合、こっちを選ぶ!

◆ 1位 身だしなみが良い方 …37%
◆ 2位 なんとなく好感が持てる方 …35% 
◆ 3位 人付き合いが良い方 …28%

    《アンケート結果表/対象:有職者600人》
    なんとなく好きになれない社員ってこんなタイプ「上位10位」

◆ 1位 仕事はできない口だけは一人前な人 …49%
◆ 2位 プライドが高すぎる人 …46%
◆ 3位 挨拶ができない人 …44%
◆ 4位 注意しても直らない人 …37%
◆ 5位 約束を守らない人 …35%
◆ 6位 素直じゃない人 …34%
◆ 7位 言い訳が多い人 …33%
◆ 8位 清潔感が無い人 …31%
◆ 9位 自分のことばかりしゃべりたがる人 …27%
◆ 10位 食事や飲み会の誘いをすべて断る人 …21%

上司のアドバイスから、自分が何を期待されているのか考える

新社会人は、まずは正しい挨拶の習慣を身につけることが重要です。近年、横行している“今風”の若者言葉(例えば「ら抜き言葉」「超~」「~的な」等)を使って、社会人としての品格を問われないように適切な敬語を使うように心がけるのはもちろんですが、同じ能力のライバルがいた場合は、ビジネスマナーや謙虚な態度によって先輩からの目のかけられ方に差が出てしまう事をしっかりと考えましょう。
「あたりまえの事」と思い出来ているつもりでも、外から見ると出来ていない事が多いのかもしれません。

関連記事

内定取り消しも!?転職・就職の履歴書、正確に書いていますか?

格安ネットリサーチ
格安ネットリサーチ