エンタメの記事

クリスマス映画、一人でまったり過ごすならこの映画!おすすめクリスマス映画5選

VNM編集部 エンタメ

12月もあっという間に半分が過ぎてしまいました。クリスマス気分が盛り上がってきた方も多いのではないでしょうか?逆に、年末進行のドタバタで、まったくクリスマスらしさのない方もいらっしゃることでしょう・・。今回は、クリスマス気分な方もそうで無い方も、この時期に観たくなるような「クリスマス」を舞台にした映画について、みなさんのおすすめを伺ってみました。
以前の調査で、今年はあまり映画をご覧にならないというデータがあったので正直少し不安もありましたが、名作をいろいろとご紹介していただくことが出来ましたよ!

この時期観て欲しい映画は、これだ!

映画に関するアンケート

対象条件:日本全国のモニターさん
回答者数:1000人
(調査日:2014/11/26~2014/11/30)

【Q】「クリスマス」が舞台、テーマになっているおすすめの映画を教えてください。

日本全国のモニターさん(有効回答:203)

数多くの回答が寄せられましたが、その中からベスト5をご紹介したいと思います。あなたはいくつご存じですか?
まずは第5位です。

・第5位 『ホワイトクリスマス』1954年公開 12票

 ビング・クロスビーとダニー・ケイが主演のミュージカル映画。
 「夢があって楽しい」(60代・男性)
 「幼少の頃母と観たのが印象的です」(70代・男性)

まず第5位は『ホワイトクリスマス』でした。第二次大戦の戦地で意気投合した人気歌手と芸人のコンビがミュージカル劇団を立ち上げて・・という話。この作品を推しているのは50代以上の方がほとんど。恥ずかしながら筆者も未見でしたが、まさに「古き好きアメリカ・ミュージカル映画」といった感じでしょうか。廉価版のDVDも販売されているようです。

参考:Wikipedia-ホワイト・クリスマス

・第4位 『ダイ・ハード』1989年公開(日本)
     『ダイ・ハード2』1990年公開    19票
 ブルース・ウィリスが主演のアクション映画シリーズ。

 「主人公のキャラ、絶対に死なない強い主人公。アクションがすごい」(50代・男性)
 「毎回クリスマスに事件が起こるから」(30代・男性)

第4位は『ダイ・ハード』でした。現在シリーズが5本公開されていますが、その1作目と2作目はクリスマスが舞台、ということでランクインしました。
筆者も小さい頃から何度か観ていますが、ビルから落ちていくシーンや、飛行機が大爆発するシーン、どちらもクライマックスは脳裏に焼き付いています。(本当は好きなのは「3」なんですが)クリスマスのハッピーな雰囲気には浸りたくないんだ!という方にはおすすめ。
近所迷惑にならない程度の大きい音でジョン・マクレーンの派手なアクションを堪能しましょう!

参考:Wikipedia-ダイ・ハード

・第3位 『戦場のメリークリスマス』1983年 23票
 日本統治下のジャワ島にある捕虜収容所におけるある事件や、
 それを発端にした英国陸軍中佐と日本軍軍曹との奇妙な友情を描く。

 「戦場とクリスマス、合い交えない2つのテ-マの見事に描いている。北野武の演技がすごい!」(40代・男性)
 「昔の映画だが、坂本龍一の演技が良く、心から感動できる」(40代・男性)
 「いつみても飽きない名作だ」(60代・男性)

第3位は『戦場のメリークリスマス』。ラストの、たけしさんの「メリークリスマス、ミスターローレンス!」のセリフは、映画本編は観たことがなくてもモノマネしたことがあるという方はとても多いだろうというくらい有名なシーンです。一緒に出演もされている坂本龍一さんが担当した音楽もとても有名ですね。戦争を扱った映画ではありますが戦闘シーンはない、不思議な映画です。『ダイ・ハード』とは違った意味で、クリスマスらしくないクリスマスを感じたい方はぜひ

参考:Wikipedia-戦場のメリークリスマス

・第2位 『クリスマス・キャロル』 26票
 クリスマス・イブ、強欲な商人スクルージがかつての仲間の幽霊と、過去・現在・未来を司る幽霊と出会うという不思議な体験をし、改心していく物語。

 「やはりクリスマスだからね。チャールズデイケンズは基本です」(50代・男性)
 「やさしい気持ちになるし人にも良くしようと思えるから」(30代・男性)
 「家族で見られて教えられる内容」(50代・女性)

2位となったのは、『クリスマス・キャロル』です。これまでに何度も映画化されているので、回答された方によって観ている作品は異なるのかもしれませんが、クリスマスの名作であることには違いありません。
コメントにもありましたが、家族で観られる「クリスマスらしい映画」のひとつと言えるでしょう。
筆者はこれまた小さい頃に『3人のゴースト』という作品を観ているのですが、これが『クリスマス・キャロル』の「現代版」だったことを知るのはだいぶ後のことです(「現代版」ですら25年近く前の作品なんですが・・)。すごく怖かった記憶があるんですが、今観たらきっとまた印象も違うんでしょうね・・また観たくなりました。

参考:Wikipedia-クリスマス・キャロル

1位は、コメディの定番!

「クリスマス」が舞台、テーマとなっているおすすめの映画、1位になったのはこちらでした!
・第1位 『ホーム・アローン』 1991年 44票
 一家でのクリスマス旅行に置いて行かれてしまった男の子が、留守を狙ってやってきた泥棒と家を守るべく戦う。

 「クリスマスの定番のような映画で、大人も子供も楽しめるコメディ映画だと思うから」(20代・男性)
 「コミカルで子どもといっしょでも見れるので」(30代・男性)
 「コメディ映画の代表だと思うから。それと、このシリーズは観ていてほのぼのして癒される」(40代・女性)

というわけで、第1位は『ホーム・アローン』でした。当時10歳のマコーレー・カルキンが大活躍するこの作品は、世界中で大ヒットしました。ドタバタコメディのもはや定番ではありますが、家族や隣人との心暖まるエピソードもあり、大人が観ても楽しめる作品であるのは間違いないでしょう。これもまた観たいなぁ・・

参考:Wikipedia-ホーム・アローン

他にもクリスマス映画はたくさん!

いかがでしたでしょうか?ベスト5には入りませんでしたが、他にもたくさんの作品を挙げていただきましたので、
多く挙がっていたものをいくつかご紹介したいと思います。

・『三十四(34)丁目の奇跡』 ・『ラブ・アクチュアリー』
・『天使にラブソングを』(この作品は実はクリスマス関係ないんですが、複数票ありました)
・『交渉人真下正義』
・『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』(山下達郎の『クリスマス・イブ』がモチーフなんだとか!)

外に出てイルミネーションを眺めるのも良いですが、たまにはクリスマス映画三昧、なんていうのも良いクリスマスの過ごし方かもしれませんね。

関連記事

クラウドファンディング基礎知識。少額投資で応援!サイトまとめ
今年の映画「アナ雪」がやはり人気1位!でも実は、映画離れ?

格安ネットリサーチ
格安ネットリサーチ