健康の記事

午後眠くなる人たちに朗報!眠くなったら、ガマンせずに昼寝しよう!

PAK82_deskdeneochi20140125
VNM編集部 健康

仕事や授業の合間に襲い掛かってくる、一度狙われたらしつこくつきまとってくる悪魔、そう、睡魔!
午後の時間帯、激しい眠気に襲われてしまうこと、よくありますよね。このまま目を閉じてしまったらどれだけ楽なことか…と思いつつ、水分を摂ってみたり、ガムを噛んでみたり、トイレに行ってみたり、全く集中できないまさに「魔の時間帯」。気が付くとあっという間に夕方になっていて…。
そもそも、どうしてこんな時間に眠気が襲ってくるのでしょうか。夜更かししてしまった次の日は眠いし、お昼ごはんを食べ過ぎちゃった日も眠くなってくるし、そんなことを言い出したら、何をしていても眠くなっちゃうんだよなぁ、と考えているだけでも眠くなりそうなので、皆さんはどうなのか、眠気こらえて調査してみましたので、みなさんも、眠気こらえつつ、読んでみてください。

眠いのは自分だけじゃない!

はじめに、こういった「眠気に襲われる」経験があるかどうか、モニターさんに聞いてみました。

眠気に関するアンケート

対象条件:日本全国のモニターさん
回答者数:1001人
(調査日:2014/11/27~2014/11/30)

【Q】午後、強烈な眠気に襲われたことはありますか?

日本全国のモニターさん(n=1001)
午後、強烈な眠気に襲われたことはありますか?

結果、約60%の方が眠気に襲われた経験が「ほぼ毎日」または「時々」あるということがわかりました。中でも「ほぼ毎日のようにある」と答えた方が14.6%。皆さんも、毎日苦しんでいるんですね…ちょっと安心しました。

夜更かししたら眠くなる?

では、眠気に襲われる原因を探ってみましょう。昼間眠気に襲われる原因のひとつとして、睡眠不足が考えられます。そこで、夜更かしについて伺ってみました。

【Q】あなたは、夜更かしすることは多いですか?

日本全国のモニターさん(n=1001)
夜更かしすることは多いですか?
「よく夜更かししてしまう」が全体の28.8%「たまに夜更かししてしまう」の方が33.1%となりました。ついつい夜更かししてしまう方が半数以上いるという結果です。
これを先ほどの、「眠気に襲われる」頻度別に集計しなおしてみると、このようになりました。

夜更かしすることは多いですか?眠気頻度別
眠気に襲われるのが「ほぼ毎日」という方で、「よく夜更かししてしまう」と回答したのは45.9%。逆に眠気に襲われることが「全くない」方で「よく夜更かししてしまう」のは13.6%。
眠気に襲われる頻度が多い方ほど、夜更かししてしまいがちだということがわかりました。
夜更かしが昼間の眠気の原因のひとつであることはどうやら言えそうですが、しかし、「ほぼ毎日」という方で「まったく夜更かししない」という方も13%いるということも合わせてわかりました。
原因は夜更かしだけではなさそうです。他の原因も探してみましょう。

【Q】眠気の原因として考えられるものは何ですか?

眠気に襲われることがあるモニターさん(有効回答366)

眠気に襲われた経験のあるモニターさんに、自分の眠気の原因について自由回答で伺ってみたものをまとめてみたところ、以下のような結果となりました。
強烈な眠気の原因、何だと思いますか?

圧倒的に多かったのは「夜更かしや睡眠不足」、約7割の方が昼間の眠気の原因として挙げました。次に多かったのは、だいぶ離れますが、13.2%で「昼食の後」という回答でした。「ごはんものを食べたら眠くなる」とか「食べ過ぎると眠くなる」とか、確かによく聞きますよね。

AL0012-kaigicyuukokkuri20140722500

眠気の原因は、よくわからない!?

ただ調べてみると、「食べたものによって眠気が起こる」というものと、「生体リズムの影響なので、食べたものに関わらず眠くなる」というものと、これについては両論あるようです。

「食事で血糖値が上昇すると、それを下げようとして「インスリン」というホルモンが分泌する。この血糖値の上下の差が大きいと、強い眠気を感じるのだ」
午後、睡魔に襲われないランチ方法(R25)

「なぜかというと、人間の睡眠レベルが12時間周期だからです。体が自然なリズムを刻んだ結果、午後に眠くなるというわけです」
なぜ昼間に眠くなるのか?昼寝の効果と寝過ぎる逆効果(不眠症改善ガイド)

「昼食を食べてからしばらくして眠くなるのは、消化のために血液が使われて脳が血液不足になるためといわれてきました。しかし、最近では、午後2時頃に眠気をもよおす「生体リズム」が存在していることも明らかになってきました
「眠気」の正体とは?(Lidea)

厳密にはどちらが正しいというものでもなく、結局のところは、「食べたもの」と「生活リズム」のどちらも眠気を引き起こす原因であると言えるようです。

じゃあその眠気、どうしたら良いの!?

みんなも眠くなるのはわかった。どうして眠くなってしまうのか、その原因もなんとなくはわかった。
でも、じゃあどうしたら良いのでしょうか?眠気の原因がわかったところで、眠気がなくなるわけではないんです!

どうしても眠気がとれないときは、思い切って少し寝る!これがいちばんの解決策のようです。
確かに、海外では昼寝タイムがある企業が多いというハナシもよく聞きますよね。変に我慢してずっと効率の悪いまま眠気が通りすぎるのを待つよりは、短時間休んですっきりとしたほうが間違いなく良いはずです。
ただ、だからといってただただ寝てしまっては、逆に夜の睡眠に影響が出てしまいますし、そもそもお仕事の時間帯ですから、できるだけ短時間でスッキリ出来る方法をご紹介します。

ポイントとなるのは、

・「午後3時より前」に仮眠をとること
・コーヒーなどでカフェインを摂取してから20分程度寝ると目覚めがスッキリする
・それだけの時間がとれない場合は、目をほんの1分間つぶるだけでも、外界から入る視覚情報をシャットアウトして、脳をリフレッシュすることが出来る

といった点です。
堂々とオフィスで眠るわけにはいかないよ!という方は、例えばトイレなどで少し目をつぶるだけでも効果がありそうです。

参考:「眠気」の対処法(Lidea)
   これでバッチリ! 仕事中の眠気解消にお勧めのワザ(AllAbout)

「昼寝」は悪いことじゃない!

というわけで、眠気についての調査と、眠気対策をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?
もっともっと「昼寝をしよう!」という文化が日本に浸透してくれたら良いのになあと思う今回の調査でした。

というわけで、この記事を書いた筆者としても、自らが体験する必要があるので、は率先して昼寝をしようと思います!
おやすみなさい!

関連記事

ストレスだらけの現代社会、癒してくれるのはやっぱり寝ること!?
環境音で集中&リラックス!静寂よりも雨音のほうが作業が捗る?