美容の記事

パーマの3大お悩み「傷む」「かかりにくい」「すぐとれる」はシャンプーで解決できる!

VNM編集部 美容

ヘアスタイルチェンジに便利なパーマですが、皆さんはかけたことがありますか?今回、モニターさんにパーマについて伺ってみました。

パーマに関する調査

対象条件:日本全国のモニターさん
回答者数:1000人(男女各500人、調査日:2016年3月3~4日 ※再調査)

男性のパーマ経験率も4割!でも悩みが多いのは・・・

【Q】パーマをかけたことがありますか?

パーマをかけた事がありますか?

女性の約7割、男性の約4割が「かけたことがある」と答えています。
男性のパーマ経験率も意外と高いですね。

【Q】パーマに関する悩みはありますか?

パーマに関して悩みはありますか?
女性では約9数の方が「悩みがある」と答えているのに対し、男性では6割。ここで男女の差が出ました。
では、どんな悩みがあるのか、ここからは女性モニターさんの答えを見ていきます。

【Q】パーマに関してどんな悩みがありますか?

パーマに関してどんな悩みがありますか?
「髪が傷む」「パーマがかかりにくい」、がどちらも約半分の方が悩んでいるようです。
続いて多かったのは、「パーマがすぐとれる」というもので、こちらは26.6%。およそ3~4人に1人といったところでしょうか。

パーマの3大”悩み”は、シャンプーで解決!

パーマは髪の内部の結合を切断して再びつなげることで形をつくるもので、パーマ液が髪の内部まで浸透するので、どうしても髪に負担がかかりやすくなります。
それゆえ、髪が長くパーマをかける部分も広い女性にはトラブルが起きやすいのですが、ちょっとしたコツで解決できます。悩み別に見てみましょう。

「髪が傷む」場合は、前日のシャンプーを控える!

まず、約8割の方が悩んでいる傷みを防ぐためには、前日のシャンプーを控えることが効果的です。洗わずに頭皮の皮脂膜を残しておくことで、髪がパサパサになるのを防ぎます。また、カラーリングとパーマを同時に行うと傷みやすいので、別日にして、その間は最低1週間空けるようにします。

「パーマがかかりにくい」場合は、ノンシリコンシャンプーにしてみる!

パーマがかかりにくいと感じている方におすすめなのが、ノンシリコンシャンプーを使ってみることです。シリコンが髪に悪いということではないのですが、髪の表面をコーティングするので、パーマがかかりにくくなることがあります。パーマをかける前の2週間ほどだけでもノンシリコンに代えてみると、かかりやすくなることがあります。

「パーマがすぐとれる」場合は、2日後までシャンプーしない!

最後に、パーマがすぐとれることが気になる場合は、パーマ後48時間はシャンプーしないことがおすすめです。パーマは24~48時間で形が定着すると言われています。その間にシャンプーしてしまうと、形が定着する前に崩れてしまい、とれやすくなってしまいます。ちなみに、モニターさんにシャンプーのタイミングについて聞いてみたとこと、多くの方が「パーマをかけた翌日」と答えています。

【Q】パーマ後はいつからシャンプーしていますか?

パーマ後、シャンプーはいつからしますか?
パーマをかけた当日のシャンプーを避けたほうがいいことは、多くの女性に認識されているようですが、それでもとれやすいという方は、もう1日シャンプーを我慢してみてください。
汚れが気になる場合は、お湯だけで洗うとすっきりしますよ。

いかがでしたか?シャンプーに気をつけて、パーマスタイルをより楽しみたいですね!

関連記事

美容師さん必見!「話しかけないで欲しい」と思っている人がこんなに!?
女子必見!服もバッグも買わず500円で借りる、そんな時代が!

格安ネットリサーチ
格安ネットリサーチ