生活の記事

ケータイの紛失・盗難対策は、キーホルダーにアプリでもう大丈夫!!

VNM編集部 生活

携帯電話(以降「ケータイ」と併用)をふと見失ってしまうこと、よくありますよね。街を歩いていて、電車の中で、部屋の中で、急に「あ、ケータイが無い!」と気づいて大慌て!と思ったらいつもと違うポケットに入れているだけだった・・なんていう経験、皆さんもあるのではないでしょうか?このように、慌てたけど実は持っていた、ならば良いのですが、そうではなく本当に紛失してしまった場合は大変です。友人知人の連絡先や電子マネー、アプリに入った様々なデータが流出・悪用されてしまったり、高額な通話料が請求されてしまったり、といった被害に遭ってしまうことになりかねません。
そういった事態に備えて、ちゃんと対策はしていますか?実は、いろんなサービスがあるんですが、知っていましたか?今回は、そのあたりについての調査を行ってみました。

ケータイ紛失したことありますか?

携帯電話に関するアンケート

対象条件:日本全国のモニターさん
回答者数:1001人
(調査日:2014/12/15~2014/12/16)

【Q】現在契約中の携帯電話について、当てはまるものを選んでください。

日本全国のモニターさん(n=1001)
ケータイ持ってますか?
93.6%の方がケータイを持っているという結果となりました。そのうち4.2%の方は「二台持ち」をされています。これだけ当たり前のようにケータイを持っているということは、それだけ紛失経験のある方も多いのではないでしょうか?

【Q】携帯電話を紛失したことがありますか?

携帯電話をお持ちのモニターさん(n=908)
ケータイ紛失したことある?
「一度だけある」が18.1%「何度もある」が6.6%という結果になりました。およそ4人に1人がケータイを紛失したことがあるということになります。かなり多い割合なのではないでしょうか・・。

ケータイ紛失したことある?世代別
世代別に見ると、若い世代ほど「何度もある」「一度だけある」を足した割合が多いことがわかります。どちらかといえば若い世代のほうが肌身離さず持っているイメージがありますが、それだけ身近なぶん、うっかり紛失してしまうことが多い、ということなのでしょうか。

【Q】紛失した携帯電話はその後手元に戻りましたか?

携帯電話をお持ちのモニターさん(n=908)
紛失したケータイは戻ってきた?

複数回紛失してしまった方の「戻ったものもあるし戻っていないものもある」という回答が多く、はっきりと境界線を引くことが出来ませんが、紛失したまま戻ってこない携帯電話は約4割程度ということが言えそうです。携帯電話本体が戻らないということは、写真やメールも、バックアップを取っていなければ戻ってこない、ということになります・・。

※バックアップについては、以前記事を書いていますので、コチラもぜひご覧ください。
 →「写真データの保存は安全?一眼レフユーザー必見!簡単安全バックアップ術」 

何か対策してますか?

【Q】紛失等の対策として、以下のことをしていますか?

携帯電話をお持ちのモニターさん(n=794)(複数回答可)
ケータイ紛失対策してますか?

なんと「特に何もしていない」が圧倒的に多いという結果となりました。次いで多かったのは「ストラップなどをつける」が193票。「位置検索サービス」や「iPhoneを探す」などの、紛失した携帯端末を追いかけられる機能・サービスを使用されている方はかなり少ない結果となってしました。
これではいざというときに見つけることが出来なくなってしまいます。そうならないためにも、事前にしっかり対策をしておくことが必要ではないかと思います。

事前にケータイに設定を!

実際にケータイを無くしてしまってから対策を調べ始めても、既に手遅れです。事前に設定が必要なサービスなども多いので、これを機にお使いの通信会社のサポートページをご覧になることをおすすめします。

各社によって表現は異なるかとは思いますが、「位置情報を調べるサービス」「遠隔ロック(おサイフケータイなども含む)」「回線の停止」などについての案内が載っています。いまお使いのケータイがなくなった時に使えるように、連絡先などをメモしておくようにしましょう
※サービス内容によっては月額料金等の掛かるものもあります。

・NTTdocomo 盗難・紛失したときは
 https://www.nttdocomo.co.jp/support/trouble/lost/

・au 盗難・紛失でお困りのとき
 http://www.au.kddi.com/support/mobile/trouble/loss

・Softbank 紛失・盗難にあったとき
 http://www.softbank.jp/mobile/support/lost/

また、これら通信会社のサービスとは別に、iPhone・iPadを使っている場合は「iCloud」を使って、Androidケータイを使っている場合は「Androidデバイスマネージャー」を使って、地図上からケータイを探すことが出来ます。
・iCloud https://www.icloud.com/
・Androidデバイスマネージャー https://www.google.com/android/devicemanager
このふたつに関しては特に料金等は掛かりませんので、一度試してみるのも良いかと思います。

置き忘れ・紛失を防ぐキーホルダー!

ケータイと同様に、つい置き忘れてしまいがちなのが家の鍵ですよね。その鍵とスマートフォンを連動させることが出来る「FIND」というキーホルダーがあります。

Indygo
http://www.indygo.co.jp/item/find.html

スマートフォンにアプリを入れておけば、FINDの機能が使えます。鍵が見当たらない時はアプリからFIND本体の音を鳴らすことが出来ます。その逆も可能なので、鍵とFINDからスマートフォンの位置を探ることも可能です。
また、FINDとスマートフォンの間が一定の距離開くと、両方のブザーが鳴り、置き忘れを防止してくれます。

今回の趣旨とは若干逸れますが、FINDはキーホルダーなので、鍵に限らず、例えばお子さまに取り付けておけば、迷子になった時に音を鳴らして見つけることも出来てしまうのです。
これは筆者も、仕事と関係なく欲しいグッズのひとつです・・。

最後の力をふりしぼれiPhone!

ケータイを紛失した時に困るのが、見つかる前に電池切れになってしまうことです。電池切れになってしまうと、「FIND」のアプリなどは使えません。
そんな中、iPhoneの電池が切れる直前に、文字通り「最後の力」で、指定したメールアドレスやTwitterなどにケータイの位置情報を教えてくれるアプリがあります。

FINAL SHOUT
http://finalshout.mobi/jp/

※追記:こちらのアプリは公開停止・サイトは閉鎖となってしまったようです。残念・・

appstoreからアプリをインストールして起動させると、現在地周辺の地図と「SET YOUR FINALSHOUT」のボタンが表示されます。このボタンのさらに下にある「ON/OFF」をONにして、設定を開始します。
IMG_7820

FacebookとTwitter、そして任意のメールアドレスを送り先に指定することが出来ます。左のチェックボックスをタップするとアドレス等の入力画面に移ります。
IMG_7818
今回は自分のメールアドレスを指定してみることにします。
IMG_7819

これでセット完了

あとはひたすら電池がなくなるのを待ちます。
(ゲームで遊んでいるわけではなく、ゲームで電池を早く消費させています。)

いよいよ電源が切れましたが・・・あれ?メール届いてないな・・・。
しばらく待ってみましたが、1回めは結局メールは届きませんでした。

ちょっとだけ充電して2回め、今度はメールとFacebookに投稿するように設定してみました。
今度はうまくいくかな・・。

IMG_7821
(電池を消費させています。仕事です)

すると!

keitai07
メール届いた!

keitai05_2
そして、facebookにも書き込みが!
これに書かれたURLをクリックしてみると・・

keitai06
現在iPhoneがある場所が出てきました!
ただ、厳密には10数mの誤差、といったところでしょうか。
どうしてもGPSの限界でぴったり正確な位置が表示されるわけではないようですが、
どこで落としたかすらわからない状態よりは、場所をかなり絞り込めるのではないでしょうか。

「もしも」に備えた対策を!

いかがでしたでしょうか。最後にご紹介した「FINAL SHOUT」は、今のところ確実に位置情報を送ってくれる、とは言いがたいアプリかもしれません。
でも、もしもの時に備えてこういった対策をいくつか準備しておくのは重要なのではないでしょうか?

金額、使い勝手、などなど検討して、お早めに備えることをおすすめしますよ!

関連記事

スケジュール管理のおすすめアプリ「ジョルテ」、実際に使ってみた!
60代の4人に1人がLINEユーザー!約3割がスタンプのプレゼント経験アリ!LINEスタンプ調査!

格安ネットリサーチ
格安ネットリサーチ