健康の記事

お正月太り経験者は約59%!解消には、食べる量を無理なく減らそう!

C789_osechidayo500
VNM編集部 健康

新しい年がスタートして早1カ月。今回は「お正月太り」についてモニターさんに伺ってみました!

お正月太りに関する調査

対象条件:日本全国のモニターさん
回答者数:1001人(調査日:2015/1/15~2015/1/20)

お正月太り経験者は、男性約5割、女性約6割!

【Q】今までお正月太りを経験したことがありますか??

日本全国のモニターさん(n=1001)
お正月太り経験ありますか?

今年に限らず、お正月太りを経験したことがある方は、全体の6割という結果になりました。半分以上の方が、お正月太りを経験しているのですね。とくに女性のお正月太り経験率は、男性より約10%も高いということが分かります。では、今年のお正月はどうだったのでしょうか?

【Q】今年のお正月に体重が増えましたか?

日本全国のモニターさん(n=1001)
今年のお正月は体重が増えましたか?

今年に限っても、約4割の方がお正月太りを経験しています。「毎年必ず太る・・」という方もいらっしゃるのかもしれませんが、今年に限らないお正月太り経験率が約6割であることを考えると、これはなかなか高い数字ですよね。

【Q】今年のお正月、どのくらい体重が増えましたか?

今年のお正月に体重が増えたと回答したモニターさん(n=468 )
buto03

「1~2キロ増えた」という方が最も多く、約半数を占めました。中には「3キロ以上」という方も!3キロ増えると他人にも分かると言われますから、「あれ?太った?」なんて言われてしまった方もいるのでは・・・?今年のお正月は最大9連休と長かったことも要因でしょうか。次に、お正月太りの原因についても伺ってみました。

お正月太りの原因は、「運動不足」よりも「食べすぎ」!

【Q】お正月太りの原因は何だと思いますか?

今年のお正月に体重が増えたと回答したモニターさん(n=513)
今年のお正月どれくらい体重が増えましたか?

「おせち料理、お餅を食べすぎた」「食事の量が増えた」という食べすぎによるものが合わせて約6割という結果になりました。逆に「あまり動かなかった」と、運動不足によるものは約2割弱。「動かない」よりも「食べすぎ」が、お正月太りの元なのですね・・・。

食べすぎて増えた体重は、食事で戻そう!

最後に、お正月太りをどうやって解消しているか、聞いてみました。

【Q】お正月太りを解消するためにどんなことをしていますか?

今年のお正月に体重が増えたと回答したモニターさん(n=522)
正月太り解消には何をしている?

「食事の量を減らす」が約3割、「間食を減らす」が約2割と、食事面に気をつけると回答した方が多かったです。食事で太った分は、食事で取り戻そう、ということでしょうか。

極端に食事の量を減らすと、それがストレスとなりリバウンドにもつながってしまうので、無理のない範囲で減らしたいですね。そのためには、満腹感を上手に得ることも大切です。

具体的には、「噛む回数を増やす」、「野菜から先に食べる」などの方法が効果的です。あまり噛まずに食べると、お腹がいっぱいと感じるまでに時間がかかってしまい、食べすぎてしまいます。また、食物繊維の多い野菜を先に食べると満腹感を感じやすいと言われています。これは「べジファースト」と呼ばれ、最近では小学校の給食でも実践されているそうですよ。

興味深いのは、「運動する」という答えの男女の差です。男性では約35%とトップなのに対し、女性では約18%となっています。改まった運動をしなくても、「エレベーターを使わず階段を使う」「一駅分歩く」などの方法でも、十分な運動になりますね。

楽しいお正月の宿命とも言える、お正月太り。上手に解消して、春を迎えたいですね。

関連記事

経験者が言う、リバウンドしないダイエット方法
ヴァージンココナッツオイルでダイエットに美肌に認知症予防!?