健康の記事

勤務中禁煙、路上喫煙禁止…厳しくなるタバコのルールどう思う?

VNM編集部 健康

筆者は非喫煙者です。
最近はどんな施設に行っても基本は禁煙で、喫煙スペースがちゃんと設置されていて、嬉しいなと思う反面、相変わらず減らない歩きタバコやポイ捨てなどに辟易しています。

一方、喫煙者の方からすると、タバコを吸える場所はだいぶ少なくなってきて、「追いやられている感」がすごいようです。
でも、堂々と歩きタバコしてるじゃん!と筆者は思うわけですが・・。
こうしたタバコのルール、マナーについて皆さんはどう思っているのでしょうか?
今回はタバコについてのアンケート調査を行ないました。

喫煙者、非喫煙者、辛いのはどっち?

タバコに関するアンケート

対象条件:日本全国のモニターさん
回答者数:1005人
(調査日:2015/1/27)

【Q】あなたはタバコを吸いますか?

日本全国のモニターさん(n=1005)
あなたはタバコを吸いますか?

回答者の中で「吸う」と回答されたのは、約3割。ほぼ同じくらいの方が「元喫煙者」、残り4割が「もともと非喫煙者」といった割合となりました。

【Q】「路上喫煙禁止」など、最近増えている喫煙ルールについてはどう思いますか?

日本全国のモニターさん(n=1005)
最近増えている喫煙ルールについてはどう思いますか?

先ほどの回答別に見てみると、喫煙者は「数日で1箱程度」の方と「1日1箱程度」「1日2箱以上」の方との間に考え方の違いがわかりました。現状の「喫煙ルール」に「現状がちょうど良い」と回答しているのが、「数日で1箱程度」数方々は57%と過半数であるのに対し、それ以上の方々は41%~42%となりました。
また「現状は少し厳しい」と回答している割合は、「数日で1箱程度」では33.3%、「1日1箱程度」では「ちょうど良い」よりも多い45.4%、「1日2箱以上」のグループでは35.3%でしたが、「路上喫煙禁止と言われても吸っているので特に気にしていない」が23.5%となっていて、6割が現状のルールに納得していないことがわかります。

非喫煙者で見てみると、「もともと吸っていない」「元喫煙者」ともに、「もっとルールを厳しくするべき」が最も多い回答となりました。ただし、「もともと吸っていない」方たちは過半数が「厳しくするべき」と回答している一方で、「元喫煙者」は45.6%にとどまり、10.3%の方が「現状は少し厳しい」とも回答しています。「元喫煙者」としては、喫煙者の肩身の狭い気持ちもわかるということなのでしょうか。

ちなみに、このような質問もしてみました。

【Q】路上喫煙禁止のところで喫煙している人や、定められた喫煙スペース外で喫煙している人など、「ルール違反」をしている人をどう思いますか?

日本全国のモニターさん(n=1005)
喫煙ルールの違反をしている人どう思いますか?

歩きタバコやポイ捨てなど、まだまだ見かける「ルール違反」をしている方をどう思うか聞いてみたところ、「そういった行為はやめて欲しい」と回答している割合は喫煙の頻度に反比例し、「ルールが厳しいのだから多少は仕方がない」と回答した割合は喫煙の頻度に比例しているという結果になりました。
とはいえ、喫煙者の半数以上の方は「そういった行為はやめて欲しい」と回答しています。“仲間”の違反をよく思っていない人も多くいるようです。

こうしたルールについてどう思っているか、喫煙者・非喫煙者それぞれの意見を見てみましょう。

<喫煙者>

・自分が禁煙していたときタバコの匂いは不快でした。喫煙者はそのことを意識すべきだと思う(60代・男性)
非喫煙者に対するマナーはきちんとしないといけない(40代・男性)
・喫煙者にとって喫煙スペースが減ったのは辛いが、マナー違反は許せない一部の人がやってしまった事で、喫煙者全員が迫害されるのはどうかと感じます(40代・女性)
・喫煙者に対するルールが、ヒステリック気味(40代・男性)
喫煙場所をもっとふやせばそういった行為はなくなると思います(50代・男性)
・税金余分に払ってる。逆に優遇してほしい(40代・男性)
・あまりにも愛煙家を排除しすぎる気がする。
 副流煙が身体に悪いと言ってもうちの祖父なんか80過ぎまで生きたし、いつも一緒だった祖母も80過ぎまで生きた。
 昔は赤ちゃんいても平気で吸ってた。うちも周りで愛煙家がたくさんいたけど、タバコが原因で死んだ例はない。 過剰すぎる。(40代・男性)

 

<非喫煙者>

・非喫煙者にとって、タバコは迷惑以外の何者でもない(50代・男性)
・吸う場所をしっかり作り、みんながそこだけで吸うようになってほしい。(20代・女性)
・歩きたばこをしている人のうしろを歩いたりすれ違ったりするときに、けむりがかかるので迷惑(20代・女性)
・もう少し喫煙できるところなど増やしたらいいと思う(40代・女性)
・吸いたい人は吸えばよい、ただしルールは守ってください(60代・男性)
・厳しすぎることにも抵抗感がありますが、歩きタバコなどはこちらがやけどしたり見えないところを焦がしたりする可能性があるのできっぱりとやめて欲しいと思います(50代・女性)
・まだ厳しくしてほしいのが本音だけれど、急激にルールを厳しくしても、もともと喫煙していた人にとってはついていけない事もあると思う。(40代・女性)

「こういう人はこう思っている」と言い切れるようなものでなく、様々な意見がありました。
なお、非喫煙者の方で「特に気にしていない」「特に問題はないと思う」と回答されている方の中には、「もう諦めている」という方も見受けられました。

【Q】ある企業が「外出中など含む就業時間中の全面禁煙」を導入し話題になりました。このような「全面的な禁煙」といった制度についてどう思いますか?

日本全国のモニターさん(n=1005)
企業の「全面的な禁煙」といった制度についてどう思いますか?

先日、社内はもちろん、外出中においても勤務時間内は一切禁煙、と発表した企業があり話題になりました。これについて賛成か反対か聞いてみたところ、これまでの質問同様、喫煙者と非喫煙者で答えが大きく別れる結果となりました。
これについてのご意見も見てみましょう。

賛成

<非喫煙者>
・就業中の喫煙行為は休憩行為とみなされると思います(30代・女性)
・仕事中に煙草を吸うことはサボっていることと同じだから(40代・男性)
・喫煙をする人は、就業中に堂々と喫煙するために喫煙コーナーに行き、ダラダラと時間を過ごすのをよく見かけていて非喫煙者よりも労働時間が短いことが気に入らない(40代・女性)
<喫煙者>
勤務時間中は仕方がないと思う(50代・男性)
・喫煙時間に給料を払えないのは当然と思うし、非喫煙者と不平等である(60代・男性)
・賛成だけど、トイレ休憩的なものなのかなとも思ったり・・・(40代・男性)

「受動喫煙になる」「有害である」といったご意見の他に、こうしたご意見も多くみられました。
喫煙所が別のところに設置されているため、そちらに行っている間は「勤務時間外ではないか」といったご意見です。
以前いた会社では、喫煙所内で部署を超えた「喫煙者コミュニティ」ができていて、
これはちょっとずるいというか「羨ましいな」と思っていたことがあります。
(喫煙所が出来たことで部署を超えた輪が出来るというのは、タナボタ的なメリットのひとつなのかなぁとは思いますが・・)

反対

<喫煙者>
就業中の全面禁煙は、厳しすぎる。喫煙場所を設けるべき。イライラして、仕事がはかどらないかも(60代・男性)
・喫煙は積極的に良いことではないが、喫煙者のリズムを良くすることもあると思うので、ルールを守ることが前提だが、全面禁止は反対です(50代・男性)
・全て制限すると良いアイディアや結果は出ないと思う。息抜きがあってこその就業(40代・女性)
<非喫煙者>
・就業時間中で有っても、その程度は許容範囲と思う(60代・男性)
休憩時間までも制約されるのは、ちょっとやりすぎだと思う(30代・女性)
個人の自由を奪うのはよくないのでは?(40代・男性)

ルールを守ること、意志を尊重すること

ということで、タバコにまつわる調査結果をご紹介しました。
喫煙者と非喫煙者の間には、とても高い壁があるように思いますが、その壁を取り払って、
どちらとも歩み寄る必要があるのではないでしょうか。

喫煙者は「煙やニオイを非喫煙者に浴びせている」ことをもっと自覚・意識して、ルールやマナーを徹底して守る。
非喫煙者は、喫煙者の「タバコを吸う」ということ自体を否定せず、一定の理解は持つ

ルールを守らなかったり、過度に批判する極端な人が両方の立場にいるから話が厄介になるのではないでしょうか。
(タバコに限らずあらゆる問題に対してそうなんですが・・)

「どうせ歩み寄れないよ」と煙に巻くことなく、お互いを理解することが大事、だと思います。

・・・上手い!(自分で書いちゃう)

格安ネットリサーチ
格安ネットリサーチ