美容の記事

救世主は綿棒!女性の悩みシミをファンデーションでカバーする!

CRI_IMG_6053
VNM編集部 美容

毎日のメイクに欠かせない、ファンデーション。当たり前のように使っていても、その仕上がりに完璧に満足しているという方は少ないのではないでしょうか?今回は女性モニターさんに、ファンデーションのお悩みについて伺ってみました。

ファンデーションに関する調査

対象条件:日本全国の女性モニターさん
回答者数:1000人(調査日:2015/1/27~2015/2/2)

ファンデーションの使用率は、約4人に3人!

【Q】ファンデーションを使っていますか?

日本全国の女性モニターさん(n=1000)
ファンデーションを使っていますか?
ファンデーションを使っている女性は、約75%、約4人に3人が使っているという結果になりました。やはり女性にとっては、欠かせないアイテムと言えますね。

【Q】どんなタイプのファンデーションを使っていますか?

ファンデーションを使っていると回答した女性モニターさん(n=772)
どんなタイプのファンデーションを使っていますか?
ダントツ1位は、パウダリーファンデーション。約半数の女性が使っています。パウダリーのいいところは、何と言っても手軽にさっと使えるところ。メイク時間も少なくて済むので、忙しい女性たちに支持されているようです。

約8割の女性がファンデーションについて悩んでいる!

【Q】ファンデーションに関するお悩みはありますか?

ファンデーションを使っていると回答した女性モニターさん(n=772)
ファンデーションに関するお悩みはありますか?

続いて、ファンデーションのお悩みについて伺ってみました。なんと約8割の方が悩みありと答えています。皆さん、どんなことに悩んでいるのでしょうか?

【Q】ファンデーションに関するお悩みは何ですか?[複数回答可]

ファンデーションに関するお悩みがあると回答した女性モニターさん(n=600)
ファンデーションに関するお悩みは何ですか?

【Q】ファンデーションでカバーしたい肌悩みは何ですか?[複数回答可]

ファンデーションでカバーしたい肌悩みがあると回答した女性モニターさん(n=700)
ファンデーションでカバーしたい肌悩みは何ですか?

お悩み1位は「肌悩みがうまくカバーできない」。半数近くの女性が悩んでいます。多くの女性が使っているパウダリーファンデーションは、一般的にカバー力が低めのものが多いので、そういったことも原因の1つかもしれません。
そして、ファンデーションでカバーしたい肌悩みの1位は「シミ」でした
ここからは、筆者が以前にヘアメイクさんに教わった、ファンデーションでシミを上手にカバーするコツをご紹介します。

シミには、ファンデーションを綿棒で重ねづけ!

カバーしたいシミがあると、全体的に厚塗りになってしまうという方も多いと思います。しかし、厚塗りは老けて見える原因にもなるので、もったいないです。

そこでおすすめしたいのが、最初に薄く全体にファンデーションを塗っておき、シミのある部分にだけ、ファンデーションを重ねることです。重ねるときのポイントは、綿棒を使うこと。ファンデーションを綿棒に取り、シミの部分にそっとのせて、指の腹でポンポンと2、3回たたきます。このとき、何回もたたいてなじませすぎないようにしましょう。なじませすぎると、せっかくカバーしたシミが、また浮き出てきてしまいます。

いかがでしたか?これなら、厚塗りになることなく、自然にシミがカバーできるはずです。気になる方は、ぜひ試してみてくださいね。