エンタメの記事

カラオケに気乗りしないあなたに送る歌ヘタ克服のコツは、耳栓!

VNM編集部 エンタメ

例えば飲み会の二次会など、何かにつけてカラオケに行く機会は多いかと思います。自分から率先して行く人は良いのですが、辛いのは、あまりカラオケが得意でない人。
断ろうと思っても何だか断り難い雰囲気でそのままみんなと流れで入店。歌う順番が回ってきてしまって、仕方なく歌ったもののイマイチ盛り上がらず…なんてこともあるのではないでしょうか?
 
「私はどうしてもヘタなままでいたいんだ!」ということであるならば仕方ありませんが、そうでないのなら、せっかくならば、カラオケが上手になれば良いのではないでしょうか!
というわけで今回は、ネット上に数多く存在するカラオケ上達法の中から、基本的なことを簡単にギュギュっとまとめてご紹介します。これで次のカラオケは楽しくなること間違い無し!?

歌ヘタ克服!カラオケ上達法!

1.ベルトを緩める

 「歌うときは、おなかまわりを締め付けているものを緩める」(a)
  上手な歌の基本は、「お腹から声を出す」ということです。腹式呼吸をマスターするのが大事ではありますが、まずはお腹から発声しているというイメージを持つことが大事です。その時、お腹が締められて苦しいと発声には不向きです。ちょっとベルトを緩めて楽な体勢で歌うように心がけましょう。

2.マイクの向きと口との距離

 「マイクは縦に持つのではなく、真横に持つ」(a)
 「マイクは口に近付けすぎない」(a)
  マイクには「指向性」というものがあります。カラオケ屋さんにあるマイクは「単一指向性マイク」といって、マイクの先端側の音しか拾わないようになっています。
単一指向性マイク

つまり、自分の発した歌声をちゃんと拾ってもらうのが最も良いマイクの使い方ということになります。自分の口の真正面にマイクの先端が来るようにしっかり(ほぼ真横に)向ければ、はっきりと声を拾ってくれます。
たまに、ラッパー気分なのか斜め上にマイクのお尻を向けて歌っている人がいますが、単一指向性のマイクでそれをやるとただ見た目が面白いだけで、上手には聴こえません。
 また、ちゃんとした歌声を拾ってもらうためには、マイクが口に近すぎるのもよくありません。概ねこぶし一つ分くらい空けると良いと言われています。
マイクを持つ女性
 この感じが理想ですね。

3.歌い出しの第一音ははっきりと!

 自分の自然な声で五十音をはっきり歌うことを心がけてください。チェックポイントは、単語の「頭」。とくに、歌い出しの第一音がはっきりしないと、単語の響きがぼやけてしまい歌詞が伝わりにくくなります。
「『あ』いしてる」「『わ』かってほしい」。…もしも、「あ」「わ」を聴き取れなければ、歌詞の意味が崩れてしまいますよね。
(b)

歌がうまくないと思っている人は、その自覚からか歌い出しの最初の音がちゃんと発せられていない場合が多いです。上記の例で言えば「『あ』いしてる」「『わ』かってほしい」の『あ』とか『わ』の部分、ここを、慣れるまではわざとらしいほど強調してはっきりと発生する癖をつけると良いと思います。『ドレミの歌』のイメージで、第一音は叫ぶくらいの勢いで歌ってみましょう。逆にいうと、第一音がはっきり聴こえるだけでもだいぶ上手に聴こえますよ。

4.オンチかもと思ったら耳栓持参で!

 「片方に耳栓をして歌うだけで、骨導音が聞こえるようになり、オンチを克服できるというのです。(中略)無自覚音程オンチと思われる方々に協力していただいて検証してみました。この結果は、皆さん見違えるように音程が取れるようになり、オンチだったの?と思えるほどに改善しました。」(c)

情報番組『所さんの目がテン!』で検証していたオンチの改善法です。自分の声は、自分の口から出て空気を通って耳に入る音(気導音)と、自分の頭蓋骨が響いて聞こえてくる音(骨導音)の二種類が混ざって聴こえているのです。録音した自分の声を聴いた時に、自分が知っている自分の声と違って聴こえるのは、録音されているのは「気導音」だけだから、なんですね。周りの人にももちろん、この「気導音」だけが聴こえているわけです。
 
カラオケで歌う際には、気導音として耳に入ってくるカラオケの音源と自分の骨導音の声の音程をうまく調整ができればうまい歌声になるんだそうです。

歌がうまく歌えない人は、自分の骨導音の声がうまく聞こえていないためにその調整が出来ていないそうです。そこで片方の耳だけ耳栓をして歌うようにすると、骨導音の声が聴こえるようになり、オンチが見事に改善したとのこと。自分の歌に自信のない人は、飲み会のある日には耳栓を持っていくのが良いかもしれません!

参考:(a) カラオケでうまくうたうコツ-Yahoo!知恵袋
   (b) 歌が苦手なあなたのためのカラオケ上達五箇条-All About
   (c) オンチ克服法の科学-所さんの目がテン!

前向きに楽しむことが上達への道!

いかがでしたでしょうか?もともと「音痴」というのは、音楽用語で「大脳の先天的音楽機能不全」のことを指すそうで、正しく練習をすれば改善する人のことは、最近は「音痴」とは言わず「調子外れ」という名称なんだそうです。もちろん、正しくトレーニングを積むのが改善のいちばん確かな道かもしれませんが、自分の声に自信を持って、ちゃんとマイクに音を乗せられれば、それだけでもグッと上達するはずです。

カラオケに関するアンケート

対象条件:日本全国のモニターさん
回答者数:673人
(調査日:2014/12/12~2014/12/14)

【Q】自分の歌声に自信はありますか?また、カラオケにはどのくらいの頻度で行きますか?

日本全国のモニターさん(n=673)
自分の歌声に自信はありますか?また、カラオケにはどのくらいの頻度で行きますか?

ボイスノート会員の皆さんに、「自分の歌声に自信はあるか」と「カラオケに行く頻度」を伺ったところ上のグラフのようになりました。
自信がある人ほど頻繁にカラオケに行き、自信のない人の6割は「全く行かない」という回答でした。自信が持てればカラオケに行く頻度が上がるのかどうかはわかりませんが、いま自信を持っている人はカラオケを楽しんでいるということは間違いないようです。

今回ご紹介した方法はすべて、自分から意識すれば改善できることばかりです。どうせ付き合いででもカラオケに行くならば、自分からどんどん楽しんでみんなと一緒に盛り上がりましょう!それがカラオケ上達の最も重要な最初の一歩だと思いますよ!

関連記事

街コンは「ブーム前夜」の今がチャンス!?
ドラゴンクエストもうすぐ30年!歴代の作品で好きなのはどれ?   

格安ネットリサーチ
格安ネットリサーチ