エンタメの記事

iPhoneはiTunesとiCloudダブルでバックアップ

iPhoneはiTunesとiCloudダブルでバックアップ
VNM編集部 エンタメ

以前行なったiTunesについてのアンケートの中で、こんな回答がありました。

iPhoneのバックアップがよくわからない。PCと繋いでiTunesでバックアップすれば良いの?だとするとicloudバックアップって何?(30代・男性)

という悩みにお応えして、今回はiPhoneのデータをバックアップする方法をご紹介します。これでもしiPhoneに何かが起きても大丈夫!
※以下、便宜上iPhoneに統一していますが、iPadでも同様です。

関連:iTunesのアルバムアートワークは「Lightway」でカンタン登録!
   コンピ盤や複数枚のアルバムを、iTunesでカンタンにまとめる方法!!

iPhoneのバックアップは自動+手動並用でバッチリ!

iTunesでのバックアップとiCloudバックアップの違い

iPhoneのバックアップは冒頭の回答にもあったように2種類あります。ひとつはiTunesでのバックアップ、もうひとつはiCloudバックアップです。例えば、iPhoneのデータが何らかの理由ですべて消えてしまった(消した)場合、どちらのバックアップからでもデータを復元することは可能です。ただし、バックアップする対象のデータが以下のように異なります。

PCにiPhoneを繋いでiTunesでバックアップをとる際対象となるデータ
・すべて
 ※「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れると保存しているパスワードやLINEのトーク履歴などもバックアップされます。
   基本的には毎回暗号化しておくのが良いでしょう。
 
iCloudバックアップで対象となるデータ
・音楽、映画、テレビ番組、アプリケーション、ブックの購入履歴
 (自分で取り込んだ音楽データなどはバックアップされません)
・写真やビデオ(iCloudフォトライブラリをONにしていない場合)
・デバイス設定
・Appデータ
・ホーム画面とAppの配置
・iMessage、テキスト(SMS)、およびMMSメッセージ
・着信音
・Visual Voicemail

また、詳しい操作方法は後から説明しますが、iTunesでのバックアップにはもちろんPCが必要となります。
iCloudバックアップにはPCは必要ありませんが、大容量のデータのアップロード・ダウンロードが行われるため、Wi-Fi環境があることが必須となります。
また、iCloudは無料で使える容量は5GBと決まっているので、写真などのデータが多い場合は有料オプションに申し込まないとバックアップが取りきれない可能性があります。
どちらかしか使えない環境の場合はそれだけを使うことしか出来ませんが、両方を合わせて使える場合には、iCloudバックアップで最低限の項目をバックアップするようにして、定期的にiTunesに繋いで完全バックアップを取るようにするとよいでしょう。

バックアップ方法

iCloudバックアップ

iPhoneで「設定」を開き、「iCloud」をタップ、下のほうにある「バックアップ」を開きます。
「iCloudバックアップ」をオンにして、「OK」。
iCloudバックアップ

Wi-Fiに繋がっていることを確認したら、「今すぐバックアップを作成」をタップします。
iCloudバックアップ

iCloudバックアップ完了
この時はタップした時点でバックアップの作成が始まりますが、今後は、

・Wi-Fiにつながっていて
・充電中で
・スリープ(ロック)されている

の3つを満たした時に、1日1回自動でバックアップされます。

バックアップが完了すると、完了した時間が「前回のバックアップ」として表示されます。

iTunesでバックアップ

PCにiPhoneを接続し、iTunesがiPhoneを認識したら、iTunes左上のiPhoneマークのボタンをクリックします。
iTunesデバイスボタン周辺

「バックアップ」の中にある「今すぐバックアップ」をクリックすると、バックアップが始まります。
iTunesバックアップ今すぐ

iCloudバックアップをオフに

※iTunesに接続したら自動的にバックアップを取るように設定したい場合は以下のように行ないます。
「iCloudバックアップ」をiPhoneで設定している場合は、まずiPhoneでオフにしておく必要があります。

iPhoneをiTunesに繋いだら即バックアップ!

「バックアップ」の「自動的にバックアップ」の項目にある「このコンピュータ」にチェックして、さらに「iPhoneのバックアップを暗号化」にもチェックします。
※「暗号化」にチェックを入れることで、キーチェーン(パスワード)なども暗号化されてすべてバックアップされます。
iTunes自動的にバックアップ暗号化

iTunesバックアップパスワード
暗号化するにあたりパスワードの設定が必要になるので、パスワードを決めます。これを忘れてしまうと暗号化したバックアップの復元ができなくなるので気をつけてください。
これでバックアップが始まります。
※AppleIDのパスワードとは別のものです。同じパスワードを使わないようにしましょう!

バックアップを使って復元する

iCloudバックアップから復元

・復元する場合、機種変更などで新しい端末に前の機種のデータを移すという場合と、いま使っている端末を一旦初期化してデータを入れなおす場合とがありますが、基本的な作業内容は同じです。

・言語や国、キーボードの設定をしたあと、Wi-Fiの設定をします。ここでWi-Fiを設定しないとiCloudバックアップからの復元が行えません。
・位置情報サービスをオンにしたら、「iPhoneを設定」という画面で、「iCloudバックアップから復元」を選択できる項目が出てきます。AppleIDとパスワードを入れてサインインしたら、利用規約を読んで「同意する」をタップします。
・iCloudバックアップの一覧が出てくるので、復元に使うものを選択すれば、これで復元が始まります。

iTunesのバックアップから復元

iTunesデバイスボタン周辺
バックアップの時と同様にPCにiPhoneを繋ぎ、iTunesがiPhoneを認識したら、iTunes左上のiPhoneマークのボタンをクリックします。

iTunesバックアップからの復元
「バックアップ」の中にある「バックアップを復元」をクリックすると、復元が始まります。
上記のように、バックアップを暗号化していた場合は、パスワードの入力が求められるので、設定したパスワードを入力しましょう。
※バックアップが複数ある場合は、どのバックアップデータを使うか選択して、「復元」をクリックすると復元が始まります。

何かあった時のためにバックアップは定期的に!

iPhoneは(他のスマートフォンやタブレット、PCなどもそうですが)、かなりの精密機械です。ふとしたことでも故障してしまう、ということが無いとは言い切れません。定期的にバックアップをとっておくことで、何かあって全て消えてしまったという最悪の事態からは避けられるはずです。こまめにバックアップをとるように心がけましょう。
iTunesにバックアップをとったあとは、iTunesのデータごとバックアップを…というのは、こちらの記事でご紹介していますので、こちらもぜひご覧ください。

関連:iTunesバックアップ、新パソコンへの移行は外付けHDDで

参考:iPhone、iPadまたは iPod touch のバックアップに iTunes と iCloud のどちらを使うか判断する 
   iCloud: iCloud ストレージとバックアップの概要
   iCloud: iOS デバイスを iCloud にバックアップする 
   iPhone、iPad および iPod touch のバックアップを iTunes で作成/削除する 
   (以上すべてAppleサポートページ)