エンタメの記事

ラジオ、今こそ聴いてみよう!radikoで簡単!録音も簡単!

ラジオ、今こそ聴いてみよう!radikoで簡単!録音も簡単!
VNM編集部 エンタメ

皆さんは、ラジオを聴いていますか?テレビやインターネットに押され気味のメディアではありますが、東日本大震災やスマートフォンの浸透などにより、改めて注目されています。さまざまな音楽を聴けたり、好きなパーソナリティのお喋りをじっくり聴くことが出来たりするラジオ。今回は、ラジオを持っていなくても番組を楽しめる「radiko」や、録音が出来る商品やツールなどをご紹介したいと思います。

ラジオ、聴いてます?

ラジオの歴史は90年!

日本のラジオ放送が始まったのは1925年3月。終戦時の「玉音放送」がラジオから流れていた映像を目にしたことのある方は多いかと思いますが、その20年も前からラジオ放送は始まっていました。実は90年もの歴史をもつラジオですが、テレビの登場で家庭の中心の座を奪われ、さらにテレビが個人で楽しむものになったことでさらにその地位を奪われ、広告収入も減少の一途となっています。

しかし、2010年、インターネットでの同時配信サービス「radiko」をスタートさせて以来、ラジオが見直されるようになりました。2011年3月の東日本大震災の際にもラジオの重要性が改めて認識され、さらに、スマートフォンの浸透で「ポッドキャスト」との相性も良かったこともあり、現在では、ラジオ受信機だけでなく多様な聴き方で「ラジオ番組を楽しむ」というスタイルが定着しつつあります。

ラジオは確かに、テレビやインターネットに比べると地味なメディアであることは否めません。ですが、だからこそ喋り手(=パーソナリティ)と近い感覚を味わうことが出来ます。ミュージシャンやアイドル、お笑い芸人や声優など、いろんな人たちがラジオの魅力にとり憑かれて番組を持っています。寝る前や移動の時など、ひとりになった時にふとラジオを聴いてみると、あなたもラジオのとりこになるかもしれません。

ラジオに関するアンケート

対象条件:ラジオを普段から聴いているモニターさん
回答者数:509人
(調査日:2015/3/12)

【Q】何を使ってラジオ番組を聴いていますか?(複数回答可)

何を使ってラジオ番組を聴いていますか?

今回、ボイスノート会員のラジオを聴いている皆さんに伺ったところ、PCで「radiko」などを使って番組を聴いている方は17.5%、スマートフォンで「radiko」などを使って番組を聴いている方は12.8%となりました。

「radiko」ってなに?

「radiko」は、全国の民放AM・FMラジオ放送をインターネットで同時配信しているサービスです。基本的には自分のいるエリアにある局の番組を聴くことが出来ます。有料サービスである「radiko.jpプレミアム」を使うと、ほぼ全国のラジオ局の番組を聴くことが可能となります。

インターネットを通じて聴くことになるため、端末や回線の状況などで数秒から数十秒遅れることがありますが、ほとんどリアルタイムでの聴取が出来ます。昔は聴いていたけど最近はラジオから遠ざかっていたという方も、これまでラジオはまともに聴いたこともないという方も、ぜひ一度聴いてみてください。当日・翌日の番組表や各局のキャンペーン、番組公式サイトへのリンクなども充実しています。

参考:radiko.jp:公式サイト
   radiko.jp(iOS):iPhoneアプリ 
   radiko.jp for Android:Androidアプリ 
   NHKネットラジオ らじる★らじる 
    ※NHKのFM、ラジオ第一・第二はこの「らじる★らじる」から聴取可能です。

ラジオって録音できるの!?

ラジオについてのアンケートを行なった中で、こういった意見がよく見られました。

・ラジオもテレビの録画と同じように、予約録音機能があればいい(50代・男性)
・録音出来てクリアに聴けると嬉しい(30代・女性)

昔は、ラジオの録音というと、ラジカセやコンポをタイマー設定してカセットテープに番組を録音して、パーソナリティのお喋りが重ならずにフルコーラス流れた曲を集めて編集して、とかやっていたものですが(筆者は30代前半なので、もしかしたら「エアチェック」最後の世代なのかもしれない…)、残念ながら先ほどのradikoについては、現時点では録音機能は搭載されていません。
しかし、録音が出来るツールが実は今もありますので、いくつかご紹介したいと思います。

Radikool

 http://www.radikool.com/
 Windowsで使えるフリーソフトです。番組表を使った予約録音や、録音が終わったあと、ファイルをiTunesに転送してくれる機能など、無料でこんなに出来ちゃうの!?といったレベルのソフトです。録音形式を選ぶなど設定にこだわることも出来ますが、こういったフリーソフトに馴染みのない人でも簡単に使えるようになっています。

ラジオグラバー

 http://www.internal.co.jp/products/util/radiograbber/about/
こちらもWindows対応の録音ソフトです。フリーソフトのあとに有料ソフトを紹介しても、と思われるかもしれませんが、この「ラジオグラバー」は、なんと月曜から日曜日まで全ての番組を丸ごと録画保存可能という「Full録機能」を搭載しています。テレビのHDDレコーダーの「全録」のまさにラジオ版といったところでしょうか。最大で5つ程度のラジオ局の番組を全て録音してしまうそうです。「テレビっ子」ならぬ「ラジオっ子」の究極のソフトかもしれません。正直かなり欲しいです…。

オリンパス ラジオサーバーポケット PJ-35

 http://olympus-imaging.jp/product/audio/pj35/index.html
パソコンソフト以外にも録音が出来るレコーダーはたくさんありますが、ここではひとつ、ラジオの録音に特化したレコーダーをご紹介します。こちらのPJ-35は最大30番組の予約が可能で、スピーカーのついたアンテナステーションが付属のレコーダーです。数年前に37GBのHDDを搭載し2500時間の録音が可能として販売された「ラジオサーバー」の後継機で、「ラジオ好き」の人のためのレコーダーといった商品です。ICレコーダーや音楽プレイヤーとしての要素ももちろん付いています。

関連記事

カラオケに気乗りしないあなたに送る歌ヘタ克服のコツは、耳栓!
iTunesのアルバムアートワークは「Lightway」でカンタン登録!

格安ネットリサーチ
格安ネットリサーチ