生活の記事

ニュースアプリ大検証!用途別のおすすめアプリ厳選3つをご紹介

ニュースアプリ大検証!用途別のおすすめアプリ厳選3つをご紹介
VNM編集部 生活

様々なニュースサイトから話題の記事や、読者に合った記事を探してきてくれるスマホアプリは数多く存在していますが、本当に使えるニュースアプリはどれなのでしょうか。
実際に10個のアプリを使ってみた中で、筆者オススメのニュースアプリを、用途別に3つご紹介します。

ニュースアプリ、使うならこれ!厳選3つ

鉄板ニュースアプリ『スマートニュース』

鉄板ニュースアプリ『スマートニュース』

やはり有名な『スマートニュース』は外せません。様々なユーザーから好評のすぐに記事を表示できる「スマートモード」は、地下や電波の不安定な場所でもストレスなく読めるので、とても使いやすいです。

カテゴリも偏りなく豊富に揃え、自分の好きなカテゴリを作成することもできます。
見出しの配置や写真の大きさが統一されていないので、流し読みするには若干読みにくい感もありますが、アプリの通知で号外や速報を赤いアイコンで表示してくれる機能もあるので、話題の記事を見逃さずにチェックできます。

 
【こんな人におすすめ!】
注目のニュースを逃さずチェックしたい人や、話題の記事をすぐに読みたい人におすすめです。

『スマートニュース』
 ・iPhone・iPadアプリ(app store) 
 ・Androidアプリ(Google Play)

ビジネスマン必見のニュースアプリなら『MSNニュース』

ビジネスマン必見のニュースアプリなら『MSNニュース』

MSNが提供するニュースアプリ『MSNニュース』。ニュースのカテゴリは少なめですが、左に写真があり横に見出しが表示される形式で統一されているので、画面を流し見しても興味のあるニュースを見つけやすいです。

また、注目のニュースは少し写真と文字が大きめに表示されるので、話題のニュースもわかりやすくなっています。
ニュースの配信元は大手新聞社や情報誌系列のものが多く、少し固いニュースが多い印象を受けました。

一度表示したニュースからスワイプすることで次のニュースを表示できます。スムーズに次のニュースが見られるので、新聞のような感覚で読み進められます。

【こんな人におすすめ!】
ビジネスシーンや世間の流れを読むには最適なアプリ。通勤の合間や仕事の休憩時間にチェックしたい。

『MSNニュース』
 ・iPhone・iPadアプリ(app store) 
 ・Androidアプリ(Google Play)

面白ニュースや話題作りなら『LINE NEWS』をチェック!

面白ニュースや話題作りなら『LINE NEWS』をチェック!

最後は『LINE NEWS』です。『MSNニュース』とは違い、エンタメやネットカルチャー系のニュースを中心に配信していますので、若い人向けである印象を受けます。
写真と文字のバランスがよく、写真でも気になるワードでも探しやすいようになっています。

ラインニュースの特徴として「続報中」というカテゴリがあります。これは一度自分が見たニュースに関連する続報記事をアプリが探して表示してくれる機能です。
これを使えば、わざわざ検索しなくても、一度読んだ記事に関連するニュースを読めるので、一つのニュースをとことん知りたい人におすすめです。

表示したニュースを上下にスライドすると、隣接するニュースも一緒に読むことができます。

【こんな人におすすめ!】
エンタメ系や面白いニュースが読みたい人や、一つのニュースにこだわって読みたい人。

『LINE NEWS』
 ・iPhone・iPadアプリ(app store) 
 ・Androidアプリ(Google Play)

今回は3つのニュースアプリを紹介しました。
どのアプリも特徴が違い、用途によっては複数入れるのも有りだと思います。
是非あなたの生活にぴったりな、ニュースアプリを探してみてくださいね!

ボイスノート会員に聞きました!

【Q】使用しているニュースアプリはどれですか?(複数回答可)

スマートフォンアプリに関するアンケート

 対象条件:スマートフォン・タブレットでニュース系アプリを使用しているモニターさん
 回答者数:264人 (調査日:2015/3/18)

 ・スマートニュース  50.0%
 ・MSNニュース    18.6%
 ・LINE NEWS     22.3%
 ・その他       34.5%

 テレビCMの効果も大きいのか、ニュースアプリを使っている半数の方が
 『スマートニュース』を使っているという結果になりました!

関連記事

雑誌読み放題アプリ!雑誌は、買わずにダウンロードするもの!?
震災への支援、今出来ることは何だろう?改めてまとめてみました