エンタメの記事

公安調査庁が謎解きゲーム!?テロリストたちの拠点を調査せよ!

公安調査庁が謎解きゲーム!?テロリストたちの拠点を調査せよ!
VNM編集部 エンタメ

企業はもちろんですが、官公庁にとっても情報発信の場としてインターネットは重要な位置にあります。ここ数年は、Twitterでユニークなツイートをする「公式アカウント」などが話題になることもありますが、ウェブサイトもまさしく「ホームページ」として大事な役割を果たしています。

官公庁のウェブサイトというと、小難しい文書や法律などに溢れているのかなと思いがちですが、実は、業務内容に関心を持ってもらったり理解を深めてもらったりするために、遊んで楽しい見て楽しいといった、さまざまなコンテンツが用意されています。
中でも最近話題となっているのが、「公安調査庁」が新たに掲載したゲームコンテンツ。一体どんなものなのでしょうか?

楽しく学べる官公庁のウェブコンテンツ!

公安調査庁からの挑戦状!

公安調査庁とは法務省の外局で、日本に対する治安・安全保障上の脅威に関する情報を収集・分析する情報機関です。
例えるならば、海外ドラマ『24』のCTUのようなああいった組織といったところでしょうか(ただし、逮捕状の請求権などは持っていないのと、ジャック・バウアーのようにバンバン撃つこともありません)。

そんな公安調査庁のウェブサイトで最新コンテンツとして公開されたのが、「INTELLIGENCE SKILLS CHALLENGE(インテリジェンス・スキルズ・チャレンジ)」というゲームコンテンツです。
公安調査庁01
診断やテストを行うことで、公安調査庁の業務やインテリジェンス・オフィサーにとって必要なSkills(能力)への理解が向上するということなんですが、「お役所の作ったゲームなんて!」と高をくくっていたら大間違い。かなりゲームとして本格的な仕上がりなのです。どんなゲームなのか、実際にプレイしてみました!

公安調査庁的職業診断

公安調査庁02
2つの「ミッション」のうち、ひとつめは「Aptitude Challenge」。公安調査庁の職員として、情報収集担当者と情報分析担当者どちらに向いているのかを診断するというものです。

公安調査庁03
「人と話すのが好きだ」「趣味は多いほうだ」「事実を正確に把握したい」など24問に答えていきます。するとどちらに向いているのか結果が表示されます。

公安調査庁04
筆者はこんな結果になりました。51%と49%・・ほぼ一緒!ほんの僅かだけ「情報収集担当者」に向いているということなのでしょうか?ちなみに、2つの役割としては、
・情報収集担当者:行動力やコミュニケーション能力が求められる
・情報分析担当者:知識や客観的に物事を考える能力が求められる

だそうです。ほぼ半々ってことは、筆者にはこれらの力がどちらも身についているということでしょうか?(たぶん違う)

テロリストたちの拠点を調査せよ!

公安調査庁05
もうひとつは「Skills Challenge」。テロリストたちの拠点を調査して情報やモノを集めて分析するというミッションです。
公安調査庁06
3部屋の中からひとつを選択すると潜入を開始します。ドアが開くアニメーションとか、細かい演出が「本格的なゲーム」感を強く感じます!

公安調査庁07
部屋の中の気になるところをクリックする、「脱出ゲーム」のような雰囲気です。制限時間は10分。どんどんチェックしていかなければなりません。

公安調査庁08
こんなカレンダーがあったり、

公安調査庁09
マスク!テロリストたちは花粉症か!?(そういうことではないと思う)

などなど、3つの部屋を入念に調査しているとあっという間に制限時間いっぱいに。
テロリストの計画を把握できたのでしょうか!?
問題に挑戦です。

公安調査庁10
まずは記憶力問題。

公安調査庁11
カツラ!?そういえばどこかの部屋で見掛けたな…

公安調査庁12
新聞が切り抜かれていた!?脅迫文にでも使うのでしょうか…

さらに分析力を問う問題など計9問に回答すると、正解数が発表されます。

公安調査庁13
筆者は9問中8問正解!やったー!見たかテロリストたち!

…と喜んでいた筆者ですが、ただ、どうやら大きなナゾがこのゲームには隠されているようなんです。

【暗号解読者現る!】「スキルズチャレンジ」内に用意した暗号を最後まで解かれた人が1名出ました!(3/24午前4:00時点)皆様も引き続き,どんどんチャレンジしてください!

公安調査庁のツイートより

暗号…何だろう、気になる!!
サイトがリニューアルされて、「INTELLIGENCE SKILLS CHALLENGE」が公開されたのが2015年3月20日。そしてこのツイートは24日のもの。
かなり話題になったゲーム内の暗号が4日間経っても1人にしか解かれていないなんて、とんでもないレベルの仕掛けが隠されているのかもしれません。
公安調査庁から出された「挑戦状」、あなたも挑んでみてはいかがでしょうか?

参考:INTELLIGENCE SKILLS CHALLENGE 

ボイスノート会員に聞きました!

【Q】公安調査庁の「INTELLIGENCE SKILLS CHALLENGE」をご覧になってどう思いましたか?

ウェブサイトに関するアンケート

 対象条件:日本全国のモニターさん
 回答者数:1001人 (調査日:2015/3/27)
公安調査庁の「INTELLIGENCE SKILLS CHALLENGE」をご覧になってどう思いましたか?

若い世代も好感を持った方と持たなかった方がおよそ半々となりましたが、50代60代以上と年代が上がるほどこうしたコンテンツに好感を持たない方が多いという結果になりました。理由としては「税金の無駄遣いだ」という意見が多い印象。こうした「情報発信」はまだまだ好まれない時代、ということなのでしょうか…

関連記事

災害時の連絡手段や集合場所、家族でちゃんと共有出来てますか?
ラジオ、今こそ聴いてみよう!radikoで簡単!録音も簡単!