仕事の記事

ライティングで空き時間にお小遣い稼ぎ!ライター募集サイト情報

VNM編集部 仕事

ネット上で出来る自分のスキルを活かした副業について以前ご紹介しましたが、今回はその中でも「ライティング」にスポットを当てて、ライターさんを募集しているサイトについてまとめてみました。

いま、「ライターさん」が求められている!

インターネット上には画像も動画もたくさんありますが、やはり最も多いのは文章。さまざまな媒体で、良質な文章、良質な記事を書いてくれるライターさんを常に探しているのが現状です。

ライターさんに求められている記事は、文字数は数百字程度(原稿用紙1~2枚)から数千字、記事の内容もちょっとした感想を書くものから本格的な取材や調査記事まで多岐に渡ります。
そうしたライターさんへの依頼を取りまとめているライター募集サイトが数多くあります。これまでそういった文章を書いたことがないという方でもしっかりサポートをしてくれて、技術向上をはかることが出来るサイトもあるので、初心者の方はまずはそういったところでライティングのコツを掴んでみるのが良いかもしれません。

ライターさんを募集しているサイトまとめ

Penya http://penya.jp/writer-editor/
Penya
ライターによるライターのためのコミュニティサイト。
「初心者ライターさんも安心な充実の教育システムを提供します」とのことです。
マイナビウーマンBOOKWAVEなどで活躍しているライターさんがいらっしゃるそうです!
また、こちらでは同時にエディターさんや記事の校正をする「校正士」さんも合わせて募集しているようです。

フリーライターのよりどころ http://yoridokoro.biz/recruit/
フリーライターのよりどころ
こちらも初心者ライターの執筆スキルアップをサポートしてくれる体制が整っているようです。
また、プロライターは別に「プロ登録」をすることで個別に案件を持ってきてくれる仕組みもあるそうなので、経験がある程度積めたらプロ登録してみるとさらに「稼げる」ライターさんになれるかもしれません。

Shinobiライティング https://crowd.biz-samurai.com/
Shinobiライティング
2014年3月時点で累計記事数が987,865記事、登録しているライターさんは146,405人という巨大なライティングサービスサイト。報酬はポイントでもらえ、Amazonギフト券や現金に交換することが可能だそうです。

nanapiワークス http://works.nanapi.jp/
nanapiワークス
生活のハウツーを提供しているnanapiの記事を書いて報酬が得られるというサイト。何かにすごく詳しいというわけでなくても、自分のちょっとしたコツが誰かの役に立つかもしれません。

おうち稼ぎ.com https://kiji-writer.com/
おうち稼ぎ.com
「リライトライター」と「オリジナルライター」2種類のライターを募集しています。
イチから記事を書くのは難しそうだけど、既に骨格があるものを手直ししていくのならば出来るかも…という方は、リライトライターを試してみるのも良いかもしれません。これはこれでちょっと難しそうですが…

ライターステーション https://www.zenken.co.jp/recruit/writer
ライターステーション
サイト内に描かれた手書きのキャラクターのユルさが妙に気になるライター募集サイト。
運営会社自体が数多くのサイトを運営していて、それらのサイトで使用する記事のライティングもあるようです。

「うますぎる話」にはご用心…?

と、いくつかサイトをご紹介してきましたが、こうしたライティングの仕事の中には、時給換算すると明らかに割の合わないというものも少なくありません。依頼の内容が細かくて記事作成に時間が掛かってしまったり、実際に記事を書く前段の下調べにもかなりの時間が必要になってしまったり…。
また、どの媒体の記事であるかはわからないままライティングをすることも多いです。自分の書いた記事がどういう形で掲載されているのかをちゃんと確認したい方は、ある程度経験を積んだところで、媒体ごとのライター募集に応募してみるのも良いでしょう。

例:ボイスノートマガジン 外部ライター募集
 (ここで宣伝を入れてみました!)

同じ「ライティング」という仕事であっても、「空いている時間にちょっとでもお小遣い稼ぎが出来れば良い」のか、「ライターとして成長していきたい」のか、「少しでも多く収入を得たい」のか、自分がライティングをする理由によって、仕事を正しく見極めていく必要はありそうですね。