エンタメの記事

リモコンはスマホにまとめてエアコンも照明も外から操作しよう!

リモコンはスマホにまとめてエアコンも照明も外から操作しよう!
VNM編集部 エンタメ

テレビにエアコン、照明にスピーカー・・・と、リモコンを使って動く電子機器は部屋の中にたくさんあります。リモコン、いざという時に何故か行方不明になって、部屋中を探しても探しても見つからず、諦めた時にひょこっと(この擬音が妙にしっくり来る)見つかるという経験は皆さんもあるのではないでしょうか。
でも、そんな頻発する「リモコン行方不明事件」とはさよならすることが出来る、商品やサービスが登場してきているのです。今回はそんな最新グッズをご紹介します。

家電をインターネット経由で操る!?

部屋の中に家電が増えるごとにリモコンも増えていきます。一人暮らしの筆者の部屋にあるリモコンを数えてみたら、テレビにレコーダー、ひかりTVとエアコン、それから最近増えた照明の計5個でした。

皆さんはどのくらいお持ちなのか、ボイスノート会員の皆さんに伺ったところ、平均するとおよそ4.3個となりました。
4個のリモコンを使い分けたり、ちゃんと管理したりって、当たり前に日々していることではありますが、よくよく考えると面倒ですよね…。
(詳しい調査結果は記事の後半にて改めてご紹介します)

1台ですべてを動かせる「学習リモコン」

一般的なリモコンは、赤外線によって「音量を上げる」とか「チャンネルを1chに変える」といった指示を機器に出しています。この赤外線による信号を登録、いわば「コピー」することで複数のリモコンの動作を1個で出来るようになるという「学習リモコン」という商品があります。
例えばDVDで映画を観ようとした時には、

 ・テレビのリモコンでテレビをつける
 1.DVDプレイヤーのリモコンで再生を開始
 2.テレビのリモコンで音量を上げる
 3.映画が始まったら眩しいので照明のリモコンで部屋を暗くする
 4.照明のリモコンを探しているうちに見逃したのでDVDのリモコンでちょっと戻す…

と、都度リモコンを持ち替えていたのが、学習リモコンを使えば1個で全ての操作を行えるということになります。これは便利ですよね。

こういった商品自体はかなり前からあるのですが、現在販売されている最新のものは「マクロ機能」がついているものがあります。「映画を観る時はこのボタン」と映画を観る時の一連の動作を設定しておけば、そのボタンを1つ押すだけで、テレビがついてDVDの再生が始まり、照明が暗くなって音量が上がる、という全ての動作を自動的にしてくれるというものです。

家電量販店やホームセンター等に行くと機能の充実したものシンプルなものなどさまざまなタイプが売られているので、自分の用途に合わせて選んでみてください。

例えばこんな商品:RM-PLZ530D(ソニー)

外から家電が操れる最新型の「学習リモコン」!

さらに、インターネットとつながることでさらに便利度が増した学習リモコンが、今回のメインである「iRemocon」です。

iRemocon01

本体は直径10cm、高さ4cm程度の小さい円柱の箱。これを部屋の中に設置します。これは各機器に赤外線で指示を出すためのもので、実際の操作をするリモコンとなるのは、スマートフォンです。

アプリをインストールすることで部屋の中の全てのリモコンがポケットに入ることになります。
スマートフォンとiRemocon本体とは、赤外線ではなくインターネットを介して繋がります。
つまり、これは家の外からでも家電を操作できる学習リモコンなのです!

例えばエアコンを登録すれば、最寄りの駅に着いた時に冷房や暖房を入れて、帰宅した時にはちょうど良い温度に、といったことが可能になります。さらにGPS機能もあるので、駅に着いた時点で自分が操作することなく自動的にエアコンが動き出すということも出来てしまうんです。
さらに、iRemocon本体には温度・湿度などを計るセンサーも搭載されているので、子どもやペットを留守番させている間、部屋が暑かったり寒かったりしていないか見守ることも可能です。

あえてデメリットを挙げるとすれば、上で紹介した学習リモコンはリモコン自体を持ち運ぶことで家中のどの部屋でも使えたのに対し、iRemoconは本体を据え置きにするタイプなので、その部屋のみでの使用が基本となります(赤外線ケーブルを伸ばすことも出来るそうなので、その届く範囲であれば物理的には可能のようです)。
また、今のところスマートフォンにしか対応していないこともデメリットと言えるかもしれません。ガラケーを使っている方やそもそも携帯電話を使っていない人は現時点ではiRemoconは使えなさそうです。

尚、このiRemocon、購入するとなると価格は税込みで22,400円。さらに、外出時の操作などは「プレミアムプラン」として月額300円掛かります。
ところが、「ゼロスタートプラン」として、初期費用0円で月額330円+消費税で本体のレンタル+プレミアムプランのサービスを受けることも可能になりました。

携帯電話のように、2年間の契約でそれ以前に解約すると解約料が掛かるという仕組みですが、2年間まるまる使っても途中で解約しても、どちらにせよ総額は8,500円ちょっと。
本体を買ってプレミアムプランに申し込むより5千円ほど安く2年間使用することが出来るようです。

利用ユーザーにはありがたいですが、どうやって儲けを出しているんでしょうか…。
ちょっと心配になるくらい手を出しやすいプランです。

iRemocon02

ということで、初期投資もなく使うことも出来る「iRemocon」。これを使えば部屋中の家電がスマホで扱える、ちょっと近未来的な暮らしが出来ることになります。気になる方はぜひ試してみてください!

iRemocon http://i-remocon.com/
「iRemocon Wi-Fi」 ~ スマホで家電を遠隔操作!Wi-Fi対応学習リモコン ~ – ZIGSOW PREMIUM REVIEW
 こちらのサイトに実際に使った方のレビューが載せられています。概ね高評価ですが、実際に設定などをされているところを読むと、「すべてをスマホで扱える!」となるまでにはこつこつ設定をしていくことが必要になるので、そのあたりがちょっと大変そうですね…

ボイスノート会員に聞きました!

【Q】あなたがお住まいの自室またはリビングなどに電子機器のリモコンはいくつありますか?

リモコンに関するアンケート

 対象条件:日本全国のモニターさん
 回答者数:1000人 (調査日:2015/4/7)
 ・3個   221人
 ・2個    151人
 ・4個    147人
 ・5個    116人
 ・10個以上  111人

 平均 4.31個(「10個以上」は「10個」として計算)

記事中でもご紹介しましたが、平均は4.31個となりました。「10個以上」と答えた方が1割近くにも上ったのはちょっと驚きの数字です。ちなみに、若い世代より50代・60代のほうが「10個以上」と答えた割合は高めでした。
オトナな方のほうが、ホームシアターとかブルーレイとか、たくさん機器をお持ちということなのでしょうか?ある意味羨ましい結果です!
10個以上のリモコンを使い分けているなんて、一気にひとつにまとめられたら、それはそれは便利、ですね!

関連記事

ランチパスポートは持っているだけで昼食代がお得になる魔法の本
名刺管理もスマホで!溜まった名刺は一気にデータ化して整理を!