生活の記事

椎間板ヘルニアの危険性も!飼い犬と一緒にダイエットしませんか[PR]

VNM編集部 生活

厚生労働省のデータによると、平成25年度に登録されている犬は6,747,201匹にもなるそうです。実際に飼っている方はもちろん、飼ってはいなくても街中で可愛く散歩をしている姿に癒やされる人も多いのではないでしょうか?

そんな可愛い犬ですが近年、人間と同じようなある問題を抱えているんだそうです。
それが、「肥満」と「椎間板ヘルニア」。太ってしまって椎間板に負担を掛けてしまうという、まるで中年のおじさんの悩みのような事態が犬の世界にも起きています。
あなたのおうちのワンちゃんは、大丈夫ですか?

参考:犬の登録頭数と予防注射頭数等の年次別推移(昭和35年~平成25年度・厚生労働省)
   

ヒトも犬も適度な運動と適度な食事管理が大事!

肥満はさまざまな問題をもたらす…

犬の肥満がもたらす問題はヘルニアだけに留まりません。
感染に対する抵抗力の低下、脂肪で首が圧迫されて呼吸が困難になる、お腹が地面に擦ってしまう…などなど、人間の肥満と同様かそれ以上に犬の肥満は様々な問題を引き起こしてしまうようです。
diet05

食べ過ぎや病気で太ってしまう

犬の肥満の原因と言われているのは大きく分けて2つ。

ひとつは、病気が原因というもの。例えば「クッシング症候群」といったものが挙げられます。
人間にも特に女性に起こるそうですが、副腎皮質に癌が発生することなどにより、副腎皮質ホルモンが体の中で異常に多く分泌されたために生じる病気で、顔やお腹がむくんで腫れてしまい、まるで肥満のような状態になるそうです。
犬の場合は特に、食欲が旺盛になったり、水を大量に飲んで排尿の回数も増えたりなどの症状が出るそうなので、こうした症状を感じたらすぐに獣医さんに診てもらってください。

参考:犬のクッシング症候群(犬の病気事典)

もうひとつは、環境が原因。つまり、「飼い主が食べさせすぎて太ってしまう」というものです。
犬の先祖はオオカミであると言われていますが、シカやイノシシなどを狩って食べていた頃の「食べられるときに食べられるだけ食べる」という習性が今も残っているため、飼い主が食べ物を与えると与えただけ食べてしまうそうです。
決まった時間の食事の他に、ついついおやつを与え過ぎていたりしていないでしょうか?

病気の場合は獣医さんにお願いするしかありませんが、食べ過ぎについては飼い主さんの努力で改善をしていくことが可能です。

適度な運動と食事管理でダイエット!

まずは適度な運動を

肥満気味になってしまった犬は、ダイエットをさせる必要があります。これも人間と同じです。
主に、運動と食事制限で少しずつ体重を落としていきましょう。

まずは平坦な道から

すごく太った人にいきなり激しい運動をさせるとケガしてしまうと思いますが、犬も同様です。
ハードな運動をさせるとかえって身体や心臓などの臓器に悪影響を与えてしまいます。
走らせたり、階段の昇り降りをさせたりも良くないのですが、
人間からすると大したことのなさそうな坂道でもかなりの負荷を与えてしまうことになるので、
散歩に出たら、犬の歩きやすそうな道を選んであげるのが良いでしょう。

犬かきはダイエット向き!

また、足腰の負担を避けるという点では、水泳をさせるのも良いと言われています。
水に浮いているので身体が重くても足腰への負担は軽減され、かつ泳ぐことで普通に歩くよりも3~4倍の運動量となります。
犬かきって、運動量大きいんですね!

最近は日本各地にプールも含め、犬用の運動施設が増えました。
例えば、東京・お台場にある有名な「大江戸温泉物語」には、別館「綱吉の湯」があります。
完全予約制のプールはスタッフによる水泳指導付きなんだとか!
家族で温泉に行く際に、一緒に連れて行ってあげるのも良いですね。

参考:スイミングプール(お台場「綱吉の湯」)
※ただし、坂道や階段同様、心臓に負担を掛けてしまう場合もあるので、一度獣医さんや施設の方に相談してみるのが良さそうです。

カサ増ししてカロリーを摂取しすぎないように

食事については、余分なカロリーを摂取しすぎないようにすることが大事です。カロリーの少ないきゅうりなどでカサ増しをしたり、1回あたりの量を少なくして食事の回数を増やしたりしながら、無理のないようにカロリー摂取量を減らしていきましょう。

参考:ダイエットがすごくつらそうなのですが…(花王ペットサイト)

サプリで体調をととのえてあげるのも有効です!

また、食事にサプリを加えることでダイエットを促進することも有効な手段です。
この「獣医さんのサプリ」は通常の食事にふりかけるだけの顆粒状タイプで、食欲の上昇を抑えたり、過度な消化・吸収を和らげたりして、「排泄バランス」と「満腹感」をコントロールすることが出来るそうです。
「リンゴ繊維」や「サイリウム」、「にんじん末」など天然由来の素材のみを使用していて、もちろん、人工の添加物、保存料、香料などは一切使っていません。

現役の獣医さんと共同開発していて、実際に動物病院でも治療の一環として用いられているサプリなので、安心・安全です!

獣医さんのサプリ
運動で痩せながら、食事やサプリで太りにくいように修正していく、これもまさに人間と同じですね…。
ただ、ひとつ違うのは、犬は自分の意志だけでそこまで太ったわけではない、ということ。
飼い主さんもワンちゃんのダイエット、責任をもって応援してあげてくださいね。
協力:獣医さんのサプリ 

【Q】あなたの愛犬は標準体重だと思いますか?(複数飼っている方は複数回答)

飼い犬の健康に関するアンケート

 対象条件:犬を飼っているモニターさん
 回答者数:359人 (調査日:2015/4/13)
あなたの愛犬は標準体重だと思いますか?

 「ウチの犬肥満だな…」と思っている方が回答者の約2割となりました。ただし、今回は「標準だと思う」などの回答をされている方でも、犬種によってはパッと見では太っているように見えない種類もあるそうなので、日頃から体重や体型を気に掛けてあげてくださいね!
格安ネットリサーチ
格安ネットリサーチ