育児の記事

電車内ベビーカー問題。困った時は、親は周りの人に甘えましょう

電車内ベビーカー問題。困った時は、親は周りの人に甘えましょう
VNM編集部 育児

電車やバスなど公共交通機関でのベビーカーの利用をめぐる論争は様々あり、ベビーカー利用者とそうでない人との意見を読めば読むほど溝は深いと感じるばかりです。
今まさに筆者は子育て世代。長女が生まれて間もない頃は都内に住んでおり、マイカーを持つ余裕もなく、もっぱらベビーカーで電車やバスにも乗りました。
そんな経験も踏まえつつ、「ベビーカー論争」について考えてみました。

「ベビーカー論争」はこれで解決!?積極的に甘えてみれば良い!?

ルール上はOKでも「迷惑行為」にされてしまうベビーカー

 平成26年3月、国土交通省が「公共交通機関等におけるベビーカー利用に関する協議会とりまとめ」を発表しました。
その内容を一言で説明すると「安全に気をつければ、電車やバスではベビーカーを畳まずに乗ってOK」とするものでした。

ところが、その約7ヶ月後に発表された日本民営鉄道協会による「駅と電車内での迷惑行為ランキング」。
「騒々しい会話・はしゃぎまわり等」「ヘッドホンからの音もれ」と、音に関する項目が上位を占めるなか、男女総合7位には「混雑した車内へのベビーカーを伴った乗車」がランクインしているのです。さらに、女性だけの結果ではなんと3位という結果に。

回答総数3,135人の男女比や構成年齢等はわかりませんが、国土交通省の発表したベビーカー利用の基本ルールがいかに浸透していないかがわかります。

参考:「公共交通機関等におけるベビーカー利用に関する協議会」決定事項の公表について(国土交通省)
   平成26(2014)年度 駅と電車内の迷惑行為ランキング(一般社団法人日本民営鉄道協会)

ベビーカーだけが周りに配慮すべきなのか?

ベビーカー利用の基本ルールが公表されたのち、
国土交通省の「ホットラインステーション」には、ベビーカー利用者以外の一般利用者から多数の反対の声が寄せられました。

「ベビーカーが乗車口を塞いでいて邪魔」などその大きさから場所をとることへの不満のほか、「外出を促すなら抱っこひも・おんぶひもを推奨してほしい」「ベビーカーは顔が見えないから子どもの顔を見てコミュニケーションをとりながら歩く方が子どもの情緒を育てるはず」「”子どもがいる=優しくされて当然”といった、自分勝手な感覚の親が増えたのではないか」という意見など内容も様々。
正直、今まさに子育てをしている身からすると「う〜ん?」と感じてしまうものも多々あります。

もちろん、マナーを守ることは必要です。同乗している方への気配りも大切です。
ただそれは、赤ちゃん連れに限ったことではありません。学生であっても会社員であっても、中年であっても高齢者であっても、そしてハンディキャップを持つ人でも、公共の場では他者に対する心配りが必要です。

その上で、やっぱり「ベビーカーで乗車するのが普通」な世の中になって欲しいなと筆者個人的には思っています。

参考:国土交通省ホットラインステーションに寄せられた一般利用者(ベビーカー利用者以外)の意見
   ※PDFが開くのでご注意ください。

子連れは世間に甘えれば良い!

ベビーカー利用者は通勤時間帯肩身の狭い思いベビーカーと乗車しようとすると、非常に肩身の狭い思いをすることになります。

もちろん、自分も経験者ですので、毎朝の満員電車と長時間労働の大変さは十分わかります。
それでも、やはり自分と赤ちゃんで移動する際の身動きのとりにくさや肩身の狭さは比ではありませんでした。

周囲の冷たい視線や苛立ちを感じるたびに心が折れ、一方で普通ならおせっかいと感じるかもしれない見ず知らずのおばさまの優しさに、ほっとして涙ぐむほど嬉しかった記憶もあります。
子連れにとって周囲の苛立ちは、時として心を頑なにする原因ともなります。
心が頑なになればさらに周囲への心配りができなくなり、双方で負のスパイラルが始まってしまう気がします。

だったらいっそのこと、子連れはもっと大胆に世の中の人に甘えてしまうっていうのはどうでしょうか。
「すみません、ちょっとの間ベビーカーを支えていただけませんか?」
「荷物を棚の上に載せるのを手伝ってもらえませんか?」など、些細なことでもSOSを訴えてみるのです。

内心イライラしていた人でも直接頼まれれば意外と優しく接してくれるのではないかな、なんて思うのは甘いでしょうか。

困っている時は「優しくされて当然」で良いじゃない!

日本で赤ちゃんを連れての外出が積極的になされるようになってからまだそう経っていません。
少子高齢化も拍車がかかり多くの人は赤ちゃんと接する機会がなく、その大変さを想像することは難しい環境にあるのだと思います。
赤ちゃん連れと少しでも関わることで「ああ、大変なんだな」と自分とは未知の世界のことだったことを身近に感じてもらえたら、見る目も変わるのではと思うのです。

この原理はハンディキャップを持つ人に対しても、高齢者に対しても同じこと。
「子ども連れ=優しくされて当然」「車椅子に乗っている=優しくされて当然」「高齢者=優しくされて当然」そんな世の中って素敵ではないでしょうか。

ボイスノート会員に聞きました!

【Q】駅や電車、バスなどで、ベビーカーを使っている人から頼まれごとをされたら(ベビーカーを少しの間支えて欲しい、荷物を網棚に載せて欲しい、など)あなたはどうしますか?

電車に関するアンケート

 対象条件:日常的に電車やバスを利用しているモニターさん
 回答者数:524人 (調査日:2015/5/7)

 ・頼まれたら手伝う  49.2%
 ・頼まれる前に、困っていることに気づけば手伝う  40.3%
 ・頼まれたら断れないので気づかないフリをする     4.6%
 ・頼まれても断る       5.9%

 「頼まれたら手伝う」という方が約半数、49.2%となりました。
 困った時は、記事中にあるようにもっと大胆に周りの人に甘えてしまって良いのかもしれません
 少しでもみんなにとって優しい世の中になると良いですね!

     

関連:子供向け見守り携帯機能比較!子供の安全のために持たせる?
   手をあげることは必要?子どものしつけについて、少し考えてみる