お金の記事

初心者必見!今さら聞けないFXの仕組みを解説!こつこつ楽しもう

初心者必見!今さら聞けないFXの仕組みを解説!こつこつ楽しもう
VNM編集部 お金

皆さん、「FX」という言葉はご存知ですか?
10年ほど前から新聞やテレビ・雑誌等でよく見かけるようになった言葉ですが、実はあまりよく知らない人の方が多いのではないでしょうか。
今回は改めて、「FX」についてご紹介をします。

今さら人には聞けないけれど、「FX」って何のこと?

FXとは?

「FX」を簡単に説明すると、パソコンや携帯電話などを使ったインターネット上で、少ない資金で多額の通貨を簡単に売買する「外国為替取引」のことです。
(「FX」はForeign eXchange=外国為替の略です)

デジタル化が進んだ現代において、24時間どこの場所にいても気軽に外国通貨の取引ができるので、若者からご年配の方まで幅広く取引人口が急増し、数年前までにFXの会社が乱立して今や飽和状態になっている状況です。

FXの仕組み

FXの仕組みはいたって簡単です。

例えばドル円を例にあげてみましょう。
現在のドル円が100~101円前後で推移しているとします。
100円の時にドル円を買って、101円の時にドル円を売れば1円儲かります。取引金額が多ければ多いほど儲けはその額に比例して返ってきます。

株などの先物取引は、多額の自己資金が必要でリスクも大きいのですが、FXは会社にもよりますが1,000円程度で1万通貨の取引ができ、他の金融商品に比べリスクも少ないので儲けが出やすく、「FX長者」という言葉もよくマスコミで目にするようになりました。

FXブームは日本では3年ほど前がピークだったようですが、手軽な金融商品としては未だに根強い人気で、大手の金融会社等が主催するFXのセミナーでは開催するたびにいつも会場は満杯で、最近ではゲーム感覚でFXを始める若者も増えてきているようです。

FXが広まった背景

FXがこれだけ日本に広まった背景には、やはり日本の低金利時代が関わってきます。
銀行にお金を預けていても年に数十円しか利息がつかない現在において、FXでは毎日何千円、何万円、何十万円…と簡単に儲けを出すことができます。

そして更にFXを一躍有名にしたのは、2007年3月、普通の一般の主婦がFXの利益4億円を脱税したことが各マスコミで報道されたことでした。
このニュースによってFXの存在が世間一般の人々に知られるようになり、テレビや雑誌で特集が組まれるなど、FXに興味を持った普通の一般の人々が個人投資家への一歩を踏み出すきっかけになりました。

FXのリスク

FXは他の金融先物取引の商品に比べてリスクが少ないと言われますが、売り買いのタイミングを間違えれば大損をしてしまいます。
そのため、金融庁はFXで大損する人を少なくするために何度か法改正をして取引手法の規制に踏み切ったのですが、やはりFXで大損する人は未だに後を絶ちません。

もしあなたがこれからFXを始めるのであれば、いきなり大金をつぎ込むのではなく、まず慣れるまでは少ない証拠金(取引を行う際の担保金のようなもの)で、数千円単位の取引をした方が賢明です。

FXは為替の値動きの流れを読むのが儲かる勝因なので、そのトレンドをつかめないままやみくもに取引を行うのは危険すぎます。
できれば毎日、新聞やテレビ、インターネットで為替に関するニュースや専門家の分析やコメントをチェックして、為替の流れをつかみましょう。
そうした日々の努力によって為替の値動きは必ず読めるようになりますので、為替のコツをつかんだら「いざ、勝負!」・・・です。

FXをやるなら、ココ!

FXの取引を行うには、FX会社に口座を開く必要があります。
銀行に口座を開いて貯金をするのと同様に、自分にとって使いやすいかどうかを見極める必要があります。

筆者が使っているのは、「FXCMジャパン証券」です。
まず、取引システムが使いやすいので初心者にも簡単に利用がしやすいのが最も大きなポイントです。
さらに、2015年から楽天証券と経営統合をしたことによって財政、基盤の強化による経営の安定性、ポイントサービスなどの充実が図られました。
カスタマーサポートも24時間稼動しているので、わからないことがあれば気軽にいつでも質問ができて、夜中でも操作方法に迷うことなく安心して取引ができます!
参考:FXCMジャパン証券http://www.fxcm.co.jp/

くれぐれもいきなり無理なことはせず、こつこつと楽しんでくださいね。

【Q】あなたは、FXに興味はありますか?

FXに関するアンケート

 対象条件:日本全国のモニターさん
 回答者数:1000人 (調査日:2015/5/18)
FXに興味はありますか?

 実際に取引をしているのは約1割、9.7%。
「興味はあるがまだ取引をしたことはない」方は24.3%、約4人に1人となりました。
関心は高いものの、正直よくわからない世界ですよね。
今後も少しずつこうした世界もご紹介していければと思います。

関連:スマホでアプリをダウンロードするだけで無料クーポンをゲット!
   クラウドファンディング基礎知識。少額投資で応援!サイトまとめ