健康の記事

朝型勤務制度が本格化!?自分の睡眠習慣をチェックしてみよう!

朝型勤務制度が本格化!?自分の睡眠習慣をチェックしてみよう!
VNM編集部 健康

古くはことわざに「早起きは三文の徳」とあるように、朝早くから活動することは良いこととされてきました。最近ではネット上を中心に「朝活」という言葉もよく見聞きするようになりました。

さらに、夏には国家公務員が「朝型勤務」を推進、経団連なども厚生労働省から要請されるなど、この夏は国を挙げての「国民運動」として展開していくことになるのかもしれません。

参考:国家公務員、今夏は朝型勤務 首相が始業前倒し指示:日本経済新聞
   社説:朝型勤務の推進 「夕うつ」にならぬよう – 毎日新聞
   時事ドットコム:日商などにも協力要請=朝型勤務推進で厚労省
   政府、経団連に「朝型勤務」推進を要請 : 特集 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

確かに、夏の暑い時期にちょっとでも涼しい時間から活動して夕方早いうちからゆっくり過ごせるというのは魅力的かもしれません。
その一方で、通勤ラッシュが激しくなるのではないか、残業出来る時間が増えることでむしろ勤務時間が伸びてしまうのではないか、といった指摘もあり、その試みが成功となるのか失敗となるのかはまだわからないのが正直なところです。

でもそれ以前に実は大きな問題があります。
「朝型勤務制度」が始まったら、我々はちゃんと毎朝早起きすることが出来るのでしょうか?

自分の「睡眠についての体質」を知ろう!

「朝、太陽の光を浴びて体内時計を朝型に!」は効果が1日だけ!?

「早起き」「朝型」をすすめる記事などを読むと、「朝型人間になるためには、朝太陽の光をたっぷりと浴びよう!」といったことが書かれていますが、
確かに、朝に太陽などの強い光を浴びると体内時計に「光位相反応」という現象が起きます。

これは翌日の体内時計をより朝型にシフトする効果があるので、翌日以降も早起きを続けられる、ということで太陽光を浴びることがオススメされているわけですが、この「光位相反応」の効果が続くのは僅か一日。
例えば「夜型」な方が、平日は頑張って早起きを続けられたとしても、週末に「寝だめ」をしてしまうと、その効果はリセット。また元の「夜型」に戻ってしまうのです。

また、「夜型」の人ほど「光位相反応」の効果が薄いということもわかっています。夜型の人こそ太陽の効き目がないといけないのに!
「朝型勤務制度」云々の前に、「朝型」と「夜型」は体質的に大きな隔たりがあるようです。

参考:睡眠の都市伝説を斬る 第24回 朝型勤務がダメな理由 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

「朝型」「夜型」は遺伝子レベルで決まっている!

「朝型」「夜型」というのは、一般的には「朝起きるのが強そうな(強い)人」「弱そうな(弱い)人」といった印象レベルだと思われがちですが、実はどちらに属するかは遺伝子レベルである程度決まっていることがわかっています。
夜型の人たちの中には、いわゆる一般的な勤務時間「9~17時」さえ辛い人もいるそうです。

2014年以降アメリカでは、そういった人たちがいることを受け、登校時間を遅らせる学校も増えているとのこと。
ただただ「朝早くから活動するのは良いことだ!」とするだけでなく、夜型の人にも配慮した社会になると良いですね。

参考:遅刻の言い訳にも有効?「朝型・夜型」は遺伝子で決まっている

では、自分はどちらなのか調べてみよう!

さて、そうなると気になってくるのは「自分はどちらなのか?」ということ。
もしも朝起きられない人が、自分が夜型だとわかればちょっとホっと出来ますよね。

そこで、簡易的ではありますがチェック出来るサイトがあるのでご紹介します!

国立精神・神経医療研究センターが全国の専門家らの協力を得て作った「睡眠医療プラットフォーム」というサイトがあります。
いわゆる「睡眠障害」の有無をセルフチェックできるのがメインなんですが(会員登録をすると詳細にチェックが出来ます)、それに付随して「簡易睡眠診断」が出来るようになっているのです。
早速やってみましょう!

簡易睡眠診断:朝型夜型質問紙(睡眠医療プラットフォーム)
朝型夜型質問紙

サイトを開くと、質問票になっています。
どんどん答えていきましょう。

例えば、
「朝、ある特定の時刻に起きなければならないとき、どの程度目覚し時計に頼りますか。」とか、
「午後11時に寝るとすれば、あなたは、そのときどの程度疲れていると思いますか。」とか、
睡眠に関する質問に答えていきます。

全て回答が完了すると、これで自分がどちらのタイプなのかがわかるというわけです。
筆者も実際にやってみました。

朝起きるのが辛いというわけではないけど、どちらかといえば夕方から夜にかけて元気になるし、もし自分が夜型だとわかれば気持ちだいぶ楽になるなぁ、こうやって記事の形に残しておけばもし寝坊とかしてしまってもみんな理解してくれるしなぁ・・・

asa02

『あなたは「中間型」です。』
筆者、まさかのど真ん中でした。朝型でも夜型でもない!一般人!

みなさんもチェックしてみて、自分のライフスタイルの見直しに活用してみてはいかがでしょうか?

…それにしても、「朝型勤務」なんて始まったら、起きれるかなぁ…。

【Q】あなたは朝型ですか?夜型ですか?

睡眠に関するアンケート

 対象条件:日本全国のモニターさん
回答者数:1000人(20代以下・30代・40代・50代・60代以上各200人)
調査日:2015/5/15

asa03

これはあくまでも「自分でどちらだと思うか?」の結果ですが、全体トータルでいうと朝型・夜型はほぼ半々(51.5%と48.5%)だったのが、世代別にしてみるとグラフのようになりました。
20代は夜型が多く、60代は朝型が多くなっています。
「年をとると朝目覚めが早くなる」というのは30代の筆者でも若干自覚するところではありますが、逆に若いうち、思春期から20代にかけては眠ろうにも眠れない夜型な人が多いんだそうです。
最近はスマホのせいで夜更かしする若い人が増えていると言われていますが、昔から深夜ラジオを聴いたりテレビを観ていたり、「夜型な若者」はどの時代にも一定数いるということですよね。
そういった人たちのことを考えて登校時間を考慮してくれるアメリカの学校、うらやましい!

関連:午後眠くなる人たちに朗報!眠くなったら、ガマンせずに昼寝しよう!
   ダイエット経験者に聞いたホントに効果がありましたランキング!

格安ネットリサーチ
格安ネットリサーチ