仕事の記事

ゆとり世代と「理想の上司」に学ぶ、これから求められる上司とは

ゆとり世代と「理想の上司」に学ぶ、これから求められる上司とは
VNM編集部 仕事

「理想の上司といえば誰?」
毎年、新入社員を対象に行われるこの手のアンケートは複数のアンケート会社や調査機関から発表されておりますが、長年に渡り継続して調査を行っている産業能率大学のデータによると、2015年の1位が松岡修造さん、そして2014年の男性部門の1位が堺雅人さんでした。

松岡修造さんといえば、元教え子の錦織圭効果もあって今や「プチ修造ブーム」が起こり、修造日めくりカレンダーの売上は60万部を突破するなど今の若い世代、いわゆる「ゆとり世代」を中心に圧倒的な支持を得るようになりました。
堺雅人さんが選ばれたのは、視聴率40%を超えたドラマ「半沢直樹」の実直な役柄の影響が大きいわけで、二人のどちらにも共通するイメージは「曲がったことが嫌いな熱血」タイプと言えるでしょう。

理想の上司の変遷

しかし、ひと昔前に遡ると、「理想の上司」についてのアンケート結果で上位に名前が出てくるのは、所ジョージさん、明石家さんまさん、高田純次さんのような「熱血」とはほど遠いお笑い系のタレントたち。
ゆとり世代の前の世代は詰め込み教育がなされ、受験競争が厳しかった時代なので、ユーモアがあってあっけらかんとしたお笑いタレントの方が、理想の上司としてはふさわしかったのかもしれません。

参考:2015年度新入社員の理想の上司(産業能率大学)
   2014年度新入社員の理想の上司(産業能率大学)
   理想の上司像、17年間でこんなに変わった(日本経済新聞)

ゆとり世代って?

今の新入社員は「ゆとり世代」と言われておりますが、そもそもゆとり世代とはどの年代を指すのでしょうか。
ゆとり世代とは、文部科学省が打ち出した「ゆとり教育」の期間中に義務教育を受けた世代のことを言い、1987年4月2日生まれから2004年4月1日生まれの世代を指します。
それに従えば、2015年時点の年齢でいえば11歳から27歳までの若者が「ゆとり世代」となるわけですが、世間一般的には今の若者全体を揶揄する時に使われているのがほとんどです。

マスコミなどでは「ゆとり世代」についてよく議論が起こりますが、その中では「ゆとり教育は失敗であり、ゆとり世代は他の世代と比べると能力的に劣る」というようなネガティブな意見ばかりが目立ちます。
その「能力的」に劣ると言われている代表的なものは主に「学力」と「社会性」のことで、ゆとり世代は「学力がない」「自主性がない」「打たれ弱い」「競争心がない」「社会性に欠ける」と批判されています。

しかし、ゆとり世代には「詰め込み教育」では得られなかった「自己完結能力」という素晴らしい素質が備わっていると言われています。
というのも、このゆとり世代が生まれた時代はバブル崩壊後で、物心ついた時にはすでに不況、バブルの頃のような派手な生活はできなかったわけです。

ゆとり世代の「自己完結能力」を活かせる上司に!

ゆとり世代の育った環境は「デフレ」どまんなかの時代で、証券会社や銀行が倒産し始めた光景を目の当たりにし、就職はまさに氷河期。
100円ショップやユニクロのような低価格路線の大量消費店が次々に出店し、彼らは不況だけを経験しており、親のバブル時代の失敗も知っているわけです。

そのせいか、ゆとり世代は安定志向が強く、無駄を嫌い、自分のプライドよりも実質性のあるものを選ぶ傾向にあり、わずらわしい人間関係を排除し、すべて自己完結できる仕事を好むそうです。
そのため、自己完結のしやすいIT系、ゲーム関係の仕事に彼らの能力は発揮しやすく、これからのグローバルな情報化のIT社会では、ゆとり世代の力が必要になってきます。

したがって、このゆとり世代をうまく使えるかどうかによってその企業の将来像が見えてくるとも言えるのではないでしょうか。
職場で「ゆとり世代だから…」と差別をするようなことはせず、彼らの能力を最大限に発揮できる職場環境を作ってあげられる上司こそ、今まさに必要になってくるのではないでしょうか。
彼らが求めているのは「曲がったことが嫌いな熱血」タイプの頼れる上司なのですから…。

【Q】あなたが「理想の上司」だなと思う著名人・有名人は誰ですか?

理想の上司に関するアンケート

 対象条件:日本全国の20代のモニターさん
 回答者数:200人(調査日:2015/6/1)

20代であるボイスノート会員の皆さんに「理想の上司」について調査してみました。

松岡修造さん。
叱るときは叱って、でもちゃんと守ってくれそう(27歳・女性)
堺雅人さん。
しっかりと意見や考えを聞いてくれそう(20歳・男性)

と、記事の中でも挙がっていた2人を挙げる声もありましたが、
他の方もご紹介しましょう。

天海祐希さん。
サバサバとしていて、はっきり言ってくれそうだから。頼れそうだから(27歳・女性)
関根勤さん。
全ての人に平等に接してくれて、普段からニコニコしていて穏やかで優しいイメージなため。
だけど部下が何か失敗をしたときは頭ごなしに怒ったりせず、しっかり的確に指摘して注意するが、同時に応援してくれそう(24歳・女性)
笑福亭鶴瓶さん。
たのしそうな雰囲気だし、間違えたらきちんと怒ってくれそうだから。あとお世話になった上司に似ているから(29歳・女性)

など様々な方が挙げられていました。
中でも気になったのはこの回答。

ふなっしー。
元気でやさしそうだから(25歳・女性)

一瞬ふざけた回答なのかとも思いましたが、でもふなっしーの中の人(そんな人いないんですが!)は確かに、上司として向いているかもしれませんね。
トーク番組などに出ている際のふなっしーの言葉のチョイス、発言内容には文字通り「ゆるキャラ」の域を超えた何かがあるように感じます。
ウワサによると、ふなっしーはスケジュール調整など「裏方」の仕事もひとり(ひと梨)でこなしているとか。
あれだけのハードスケジュールをこなしつつ、裏方業務も出来るとなれば、かなりの「やり手」なのかもしれません。

でも、もし上司になるなら、その時は「中の人」のほうでお願いしたいですね。
月曜の朝から「おはようございなっしー!」はお互いにちょっと疲れてしまいそうです(笑)

関連:その仕事、続ける意味はある?迷うなら前を向いて転職を考えよう
   名刺管理もスマホで!溜まった名刺は一気にデータ化して整理を!

格安ネットリサーチ
格安ネットリサーチ