エンタメの記事

ライトノベルは読書に入りますか?意外と知らないライトノベルとは

ライトノベルは読書に入りますか?意外と知らないライトノベルとは
VNM編集部 エンタメ

経済産業省や全国出版協会などの発表を見ると、日本国内における出版業界のピークは1990年台の後半で、当時の市場規模は約2兆6000億円でした。
現在は約1兆6000億円にまで減少しています。

こうした中で、比較的元気なのが、漫画と文庫本です。
ただしあくまでも「他ジャンルに比べて」というだけであって、漫画でも雑誌の売上は大きく減少しており、コミックスの売上も減少傾向にあります。

そんな中、特筆すべき存在であるのが「ライトノベル」です。
「ライトノベル(ラノベ)」という言葉、聞き慣れない方も多いかと思います。
「ライトノベル」って一体何なのでしょうか?

参考:日本の出版統計(全国出版協会 出版科学研究所)

「ライトノベル」って何ですか?

「ライトノベル」は「ジャンル」ではない

「ライトノベル」は、厳密には確たるジャンルとして存在しているわけではありません。ライトノベルと呼ばれる作品には、恋愛モノやSFモノ、ミステリーやホラーなど様々なあらゆるジャンルのものが含まれています。

そこで、敢えて大まかなくくりで表現すると、「10代、20代を対象読者とした軽めな内容の小説」といったところでしょうか。
2004年に発行された『ライトノベル完全読本』(日経BP社)では「カバーや挿画にイラストを多用し、主として文庫の形で出版されている若年層を対象とした小説」と定義されていました。

全国出版協会が発行する出版月報によると、ライトノベルの市場規模は2012年の284億円をピークに2年連続で減少しているというデータになっています。
その一方でオリコンの調査では、ライトノベルの年間売上は2014年が約327億円と過去最高になっているそうです。

この辺りの差異は、電子書籍の取り扱いや、どの出版社のどんなレーベルをライトノベルに含むかによると考えられます。

ただ縮小著しい出版業界において、漫画とともにライトノベルの存在が大きなものになっているのは間違いないようです。

参考:出版月報 2015年3月号『特集 2014年文庫本マーケットレポート』ライトノベル関連(Matsuの日記)
   ライトノベル市場規模の話(この世の全てはこともなし)

ライトノベルで読書感想文?

昔から定番の宿題のひとつが「読書感想文」です。
夏目漱石や芥川龍之介の作品に苦しみながら感想文を何とか書き上げた記憶がありますが、この読書感想文の「お題」にライトノベルを取り上げて良いのか、悩んでいる人が多いようです。

例えば、相談サイトで有名な「ヤフー知恵袋」で「ライトノベル 読書感想文」と検索すると、300件を超える相談が寄せられているのが分かります。

300件の内、3分の2くらいが「ライトノベルで読書感想文を書いても良いですか?」のような質問で、ザッと見たところ、2010年頃から、そうした質問が増えています。

それらの回答には「止めた方が良い」が多く集まっています。
「構わない」のように答える人もいますが、ライトノベルの中でも読む本を選んだ方が良いと付け加えていたり、事前に先生に相談したりすることを勧めています。

こうした回答が集まったり、そもそも「ヤフー知恵袋」に質問が集まったりするのも、「ライトノベル」ならではなのではないでしょうか。

朝の読書で「ライトノベル」

書籍取次大手のトーハンは、全国の小中高校で行われている「朝の読書」運動を支援しています。

そのトーハンが「朝の読書」で人気の本を発表しています。
平成26年度、全国の小中高校の「朝の読書」で人気となった本のベストテンは次の通りです(順位表記は発表のまま)。

「朝の読書」で読まれた人気の本ベストテン

【小学校】

1位 かいけつゾロリ(原ゆたか、ポプラ社)
2位 科学漫画サバイバルシリーズ(朝日新聞出版)
3位 学研まんがひみつシリーズ(学研)
4位 怪談レストラン(松谷みよこ責任編集、童心社)
4位 しずくちゃん(ぎぼりつこ、岩崎書店)
4位 一期一会(粟生こずえ、学研)
5位 冒険!発見!大迷路(原裕朗、ポプラ社)
6位 ほねほねザウルス(ぐるーぷ・アンモナイツ、岩崎書店)
7位 ルルとララ(あんびるやすこ、岩崎書店)
8位 ミッケ!(ジーン・マルゾーロ、小学館)
9位 ディズニーアニメ小説版シリーズ(偕成社)
10位 名探偵シリーズ(杉山亮・中川大輔、偕成社)
【中学校】

1位 空想科学読本(柳田理科雄、KADOKAWA)
2位 図書館戦争シリーズ(有川浩、KADOKAWA)
2位 「ぼくら」シリーズ(宗田理、KADOKAWA、ポプラ社)
2位 カゲロウデイズ(じん[自然の敵P]、KADOKAWA)
3位 謎解きはディナーのあとで(東川篤哉、小学館)
4位 ハリーポッター(J.K.ローリング、静山社)
5位 ソードアートオンライン(川原礫、KADOKAWA)
6位 都会のトム&ソーヤ(はやみねかおる、講談社)
7位 本の怪談シリーズ(緑川聖司、ポプラ社)
8位 とある魔術の禁書目録(鎌池和馬、KADOKAWA)
9位 リアル鬼ごっこ(山田悠介、文芸社)
10位 神様のカルテ(夏川草介、小学館)
【高校】

1位 図書館戦争シリーズ(有川浩、KADOKAWA)
2位 ソードアートオンライン(川原礫、KADOKAWA)
2位 村上海賊の娘(和田竜、新潮社)
2位 永遠の0(百田尚樹、講談社、太田出版)
3位 カゲロウデイズ(じん[自然の敵P]、KADOKAWA)
4位 レインツリーの国World of delight(有川浩、新潮社)
5位 探偵ガリレオシリーズ(東野圭吾、文藝春秋)
6位 空想科学読本(柳田理科雄、KADOKAWA)
7位 物語シリーズ(西尾維新、講談社)
8位 ビブリア古書堂の事件手帖(三上延、KADOKAWA)
9位 魔法科高校の劣等生(佐島勤、KADOKAWA)
10位 県庁おもてなし課(有川浩、KADOKAWA)

小学校のベストテンには入っていませんでしたが、中学校や高校のランキングで目立つのが、出版社の「KADOKAWA」です。
このKADOKAWAから出版されている作品のほとんどは、同社内のライトノベルレーベルから発売されています。

またKADOKAWA以外から発売されたものでも、「謎解きはディナーのあとで」「都会のトム&ソーヤ」「レインツリーの国World of delight」「物語シリーズ」などは、ライトノベルに含まれています。

こうして見てみると、アニメや漫画、ドラマ、映画などになった作品もあるので、本として読んだことが無くても、内容は知っていたりタイトルだけは見かけたり、という人もいると思います。
ライトノベルの中にあらゆるジャンルが含まれている、ということがよくわかるのではないでしょうか。

こうしたライトノベルが中学校や高校の朝の読書で読まれている現在、「ライトノベルを読むことは『読書』と認められる」、つまり「読書感想文のお題にしても良い」と考えても良さそうですが、いかがでしょうか?

もう5年もすると、履歴書の趣味の欄に「ラノベ読書」と書く人が出てきても不思議ではなさそうですね。

参考:平成26年度『朝の読書』の人気本調査結果発表(トーハン)

【Q】「ライトノベル」と呼ばれる作品を読んだことはありますか?

読書に関するアンケート

 対象条件:日本全国モニターさん
 回答者数:1000人 (20代以下・30代・40代・50代・60代以上各200人、調査日:2015/6/5)

「ライトノベル」と呼ばれる作品を読んだことはありますか?

世代別に「ライトノベル」の読書経験を調査したところ、「読んだことがある」と回答した割合が上のグラフのようになりました。
20代以下が24.5%で他の世代より圧倒的に多いことがわかります。
ただ、「圧倒的に多い」とはいえ、3割にも満たない数字です。
別の質問で「本を読むか」を聞いたところ、20代以下の約6割は「あまり読まない」「全く読まない」と回答しています。
ライトノベルは一定のファンを読書に駆り立てているようですが、その一方で「読書離れ」も進んでいるようですね。

関連:街の書店を救うのは、ほとんど本を読まない人!?
   雑誌読み放題アプリ!雑誌は、買わずにダウンロードするもの!?