季節の記事

夏フェスの持ち物確認!これだけは忘れず用意すべき体調管理グッズ

夏フェスの持ち物確認!これだけは忘れず用意すべき体調管理グッズ
VNM編集部 季節

夏のイベントは体調管理が最重要!

夏は日本各地でライブフェスやイベントがたくさん開催されますが、体調管理をしっかりしないと、楽しめなくなっています。
そこで今回は、筆者が実際に野外イベントに行く際に必ず持っていくものを紹介します。

フェスやイベントに行くならば、これは用意しておこう!

1.簡易トイレ

野外イベントで心配になる要素のひとつがトイレではないでしょうか。
男女問わず、トイレの前に長蛇の列が出来ています。
それを見るだけで、「自分は大丈夫かな」と変に意識していまい、落ち着いてイベントを楽しめません。

しかし、たった400円ほどの簡易トイレを鞄に入れておくだけで、万が一の時もなんとかなるという安心が生まれます。
実際には一度も使ったことはありませんが、持っているだけで気持ちに余裕が生まれるのが実感できます。

アウトドア用品を売っているお店以外にも、ドラッグストアなどでも販売されています。

フェスやイベントに行くならば、簡易トイレ!
参考:ほっ!トイレ(株式会社 エクセルシア)

2.折りたたみ椅子

イベントでは会場入りや順番待ちで並んでいる時間が多くなりますが、ずっと立って待っているのも限界があります。
また、会場内には椅子や休憩スペースもあるにはありますが常に混んでいるためにほとんど使えず、休める場所がありません。

そこで、小型の折りたたみ椅子を用意しておきましょう。
筆者が使っているのはドッペルギャンガーのアウトドアチェア。
フェスやイベントに行くならば、簡易トイレ!

とても軽量なのに頑丈で、2,000円前後とお手頃価格な所もありがたいです。
パッと見は低いようにも見えますが、実際座ってみるとちょうどいい高さ。

折りたたむと500mlペットボトルほどの大きさになるので、かさばりません。
体力の温存に必須のアイテムです。

参考:ウルトラライトチェア(ドッペルギャンガーアウトドア)

3.スポーツドリンクの素

水分補給も本当に重要です。

普通の水よりスポーツドリンクが効果的ですが、でも、会場や周辺のコンビニ・売店ではすぐに売り切れてしまいます。
では家から持って行くとしても、さすがに全部かばんに入れるとなると重いです。

そこで粉末のスポーツドリンクの「素」を持っていくのがオススメです。
荷物にもならず、現地で水を用意するだけで好きな濃度に調整して飲むことができます。
案外水は現地で買えるので、こうした粉末は重宝します。

フェスやイベントに行くならば、スポーツドリンクの粉末!
参考:アクエリアスパウダー(日本コカ・コーラ)

4.塩分の入った飴やタブレット

水分補給も大事ですが、塩分の補給も忘れずに。
熱中症対策の飴やタブレットが最近はあるので、それを必ず持っておきましょう。

少し体が暑さでだるいなと感じたら、とりあえず口に入れておくと落ち着きます。
日が昇って暑くなりそうになった時から食べていてもいいくらいです。

熱中症対策に水分はもちろん必要ですが、大量に汗をかくことになるので合わせて塩分もしっかり補給しましょう。

フェスやイベントに行くならば、塩分チャージはお忘れなく!
参考:塩分チャージタブレッツ(カバヤ)

体調を整えて全力で楽しみましょう!

野外イベントはとにかく体調との勝負。
特に今年初めてイベントに参加する時は、会場のレイアウトも混雑具合もわからないので、万全の準備が必要です。
是非今回紹介したものを用意して、夏のイベントを思いっきり楽しんでください!

【Q】この夏フェスに行く予定はありますか?

イベントに関するアンケート
 対象条件:日本全国のモニターさん
 回答者数:1000人 (20代・30代・40代・50代・60代各200人、調査日:2015/6/20)

この夏フェスに行く予定はありますか?

調査時点で「行く」と既に決まっている人は4.2%、「行きたいと思っているが未確定」が9.1%となりました。
こうして見ると一見少ないようにも見えますが、国内のロックフェスの動員数は2011年で134万人。
そこから考えると、ボイスノート会員には、音楽ファンが多いということが言えるのかもしれません。
参考:ライブ・エンタテインメントに関する調査研究報告書(2013年、経済産業省)
 ※クリックするとPDFが開きます。

体調管理の出来るグッズをしっかり備えて、楽しい夏を過ごしてください!

関連:フェスデビューしよう!初心者必見フェス情報まとめ2015年版
   スマホでも一眼レフでも上手に写真を撮るためのド基本テクニック

格安ネットリサーチ
格安ネットリサーチ