お金の記事

NISAならば投資や資産運用が非課税に!投資初心者におすすめ

NISAならば投資や資産運用が非課税に!投資初心者におすすめ
VNM編集部 お金

皆さん、「NISA(ニーサ)」という言葉をテレビや新聞、インターネット等で目や耳にしたことはありませんか?
金融や投資にまったく興味のない人なら聞き流しているニュースだとは思いますが、この「NISA」とは、2014年から始まった「少額投資非課税制度」のことを指します。

この制度が始まったことにより、銀行や証券会社などの各金融会社は制度の開始当初からCMやインターネット等でNISA口座の宣伝をして顧客の獲得合戦を激しく展開しています。

NISAの人気の秘密

NISAがなぜ多くの金融商品の中で人気があるのかと言えば、正式名称にも含まれている通り「非課税」だからです。
NISA口座で取引をすると税金はゼロ円なので、投資や資産運用に興味のある初心者にとってはまさに始めやすい金融商品と言えます。

2014年から「毎年100万円」までの非課税投資枠が設定され、投資金額100万円分までの株式投資や投資信託にかかる収益が非課税になります。
更に、2023年までの10年間、毎年新たに100万円の非課税枠が追加されるため、効率よく収益を上げたい人にとってはとても便利な制度となっています。

NISAの制約

ただし、NISAにも細かな制約があります。
NISAの非課税期間はそれぞれ最大5年間となっており、途中で売った場合は「非課税枠」を使ったとみなされ再利用をすることができません。
更に、非課税枠を使っての投資総額は合計500万円までとなっていて、それ以上の金額は非課税の対象とならないので注意が必要です。

NISAの賢い利用方法

NISAで投資を行うなら5年間売らなくても大丈夫な長期投資向けの株や安定した投資信託を選択するのが一番賢いでしょう。

短期売買を繰り返していると一瞬で非課税枠を使い切ってしまうので、5年の非課税期間を最大限にうまく活用することこそがNISAを利用する最大のメリットになります。

NISA口座を作るコツは?

NISA口座は1年に1度しか変更できませんので、慎重に選ぶ必要があります。

銀行や証券会社などの各金融会社では、さまざまなキャンペーンを展開していますので、自分に最適なキャンペーンを行っている会社を選択した方がお得です。

特にオススメなのは、投資信託の取り扱い本数の多い会社です。投資したい銘柄が出てきたとしても、その会社が取り扱いをしていなければショックですよね。
また、口座開設には住民票が必要なので、住民票取得代行サービスのある会社だとすごく助かります。

投資初心者であれば、例えば「SBI証券」がオススメです。
この会社は特にNISAに力を入れていて、サポートセンターの体制が充実しているのでいつでも気軽にアドバイスを受けられます。

更に、投資信託の取り扱い本数も多く、9ヶ国の外国株式の取扱いもしているので投資チャンスを逃すこともなく安心です。
参考:株式会社SBI証券

最近ではNISA口座の比較・ランキングサイトといったものもありますので、そういったサイトを調べて、どの会社が一番自分にメリットがあるのかを考えて選択してみましょう。
既にこれも、「投資」の一歩ですね。

【Q】NISAで投資を行ってみたいと思いますか?

NISAに関するアンケート
 対象条件:日本全国のモニターさん
 回答者数:1000人(調査日:2015/7/6)

NISAで投資を行ってみたいと思いますか?

ボイスノート会員1000人に、NISAについての調査を行いました。
既にNISA口座を持って投資を行っている方が2割、行ってみたいと思っている方が1割、関心はあるけれどよくわからない、という方が2割、そして関心もないという方が約半数という結果となりました。

ちょっと調べてみると月500円くらいから積立のような形で始めることも出来るんですね。
あまり大冒険は出来ないけれど、貯蓄のひとつとして検討してみるのも良いのかなぁと思いました。

関連:初心者必見!今さら聞けないFXの仕組みを解説!こつこつ楽しもう
   株式、先物取引、外貨預金、外貨MMF…初心者向けの金融商品とは?

格安ネットリサーチ
格安ネットリサーチ