生活の記事

名刺はデザインだけ?素材にもこだわったクッキー名刺とは?

名刺はデザインだけじゃなく素材にもこだわりを!クッキー名刺とは?
VNM編集部 生活

ビジネスでもプライベートでも、自己紹介の基本、名刺は持っていますか?

もともと欧米では、名刺はプライベートの用途で使われることが多かったのですが、最近では日本から逆輸入される形でビジネスシーンに使われることも多くなったそうです。

嘘か本当か分かりませんが、偶然プールで出会った日本人から、防水された名刺を貰って驚いた、のような話もあります。

最近では日本でも、仕事用とは別にプライベート用の名刺を持っている人も増えています。
例えば、ママ友の間で交換する「ママ名刺」が話題になっています。

やや話題先行の面があったり、良くない評判もあったりするようですが、それを横に置いて、バラエティに富んだ名刺のあれこれを紹介しましょう。

名刺の歴史は中国から

名刺のはじまりは昔の中国、漢の時代に遡ります。
訪問時に相手方が不在の場合、「刺」と呼ばれる木や竹の板に名前を書いて、それを入り口に残しておく習慣があり、そこから「名刺」という名称が生まれたそうです。

ヨーロッパでは中世以降に中国同様名前を書いたカードを訪問先に残すようになり、それが18世紀の頃には、社交界で自己紹介をする際の必需品となっています。

日本でも江戸時代、紙に名前を書いて相手が不在のところに残しておくようになったことから、中国の呼び方である「名刺」が用いられています。

ちなみに、幕末に活躍した坂本竜馬は、自分の写真を名刺代わりにしていたそうです。
今では営業マンなどが、当たり前のように写真入りの名刺を配っていますが、さすがは竜馬ですね。

名刺といえば紙、だけじゃない!

名刺に使う素材のほとんどが紙ですが、先に書いたように、元は木や竹の板でした。

「一周回って」の言葉があるように、最近では木を始めとした様々な素材の名刺があります。
木だけでなく、金属、プラスチック、布など板状に加工できるものであれば、ほぼ全ての素材で名刺を作ることが出来るようです。

面白いところでは「食べられる名刺」、クッキーや煎餅を素材とした名刺があります。
もちろん食べてしまえば表面に書かれた情報も消えてしまうので、正式な名刺としては使いにくいでしょうが、話題性は十分です。

クッキー名刺!
編集注:お店の方から画像をいただきました!これがクッキー名刺!

参考:名刺クッキー(シリアルマミー)
   オリジナル遊名刺(鍛冶屋せんべい)

立体の名刺

上では「板状」と書いていますが、立体の名刺というのもたくさんあります。

往復はがきのように二つ折りにしてたくさんの情報を盛り込むのも、1つの方法ですし、折り込んだり片抜きしたりして、印象付ける名刺もあります。

ユニークな名刺を使うというのは、初対面で一芸を披露するようなものかもしれません。
先のお菓子の名刺のように、上手くいけば、相手方の印象は抜群に上がりそうです。

参考:立体名刺のうまい使い方(激安名刺ドットコム)

情報にこだわる

名刺に必要なのが土台と情報です。

名前、電話番号、住所、メールアドレスなどが必須ですが、冒頭で触れた「ママ友名刺」には旦那さんの職業なども書かれているのだとか。
ここまで来ると、どこか生臭い感じもします。

ビジネス名刺に会社のQRコードがあるように、プライベートでもホームページやブログなどを運営している人は、そのQRコードを名刺に載せる人も多いようです。
PCやスマートフォンなどでQRコードは簡単に作れますよ。

参考:バーコードの作成方法(NTTドコモ)

逆効果になることも

この他にも香り付きのインクを使ったり、紙に香水を染み込ませたりして匂いにこだわった名刺や、食べ物のパッケージを名刺にしたものなど、様々な変わり種の名刺が出回っています。

ただやり過ぎると逆効果なのは言うまでもありません。
それこそ「一周回って」シンプルな名刺の方が印象深くなることもありそうです。

とは言え、プライベートな名刺ならではの遊び心や、ビジネスシーンならではのこだわりを示すのも、名刺の楽しみでもあります。

あなたはどんな名刺を使っていますか?

【Q】あなたは名刺を持っていますか?

名刺に関するアンケート
 対象条件:日本全国のモニターさん
 回答者数:1000人(調査日:2015/7/16)

あなたは名刺を持っていますか?

今回の調査は、「仕事用と私用の名刺を使い分けている人がこんなにいるんですね~!」という結果を想定して行っていたのですが、フタを開けてみると、そもそも「名刺を持っていない」という方が57.6%過半数を超える結果となりました。
仕事を引退された方や、仕事をしていてもそもそも名刺を持っていない人などが多くいたようです。
思っていたのと違う結果が出てくるというのも、アンケートの醍醐味のひとつなのかもしれませんね。

関連:名刺管理もスマホで!溜まった名刺は一気にデータ化して整理を!
使える名刺管理アプリ5個を徹底比較!

格安ネットリサーチ
格安ネットリサーチ