エンタメの記事

音楽ストリーミング。AWA・Apple・LINE MUSICどれが良いの?

初めての音楽ストリーミング。AWA・Apple・LINE MUSICどれが良いの?
VNM編集部 エンタメ

2015年、音楽ストリーミングサービスが活気づいています。
少し前、アメリカの歌手テイラー・スウィフトが、AppleMusicの無料期間中にアーティストに使用料が支払われないことに納得せず、楽曲提供しないと表明したことが話題になりました。
(その後、使用料が支払われることとなり和解、現在テイラーの楽曲は配信されています)

そんなニュースもあり、今までの音楽配信サービスと何が違うの?と、筆者も興味を持ったので調べてみました。

今回は、そこまでコアなファンじゃないけど音楽は好きだよという人のための、「音楽ストリーミングサービス入門」をお送りします。

関連:iPhoneやiTunesで音楽を聴くなら、イコライザ設定をお忘れなく!
   コンピ盤や複数枚のアルバムを、iTunesでカンタンにまとめる方法!!

もっと、いつでもどこでも音楽を楽しもう!

ダウンロードとストリーミングの違い

「ダウンロード」と「ストリーミングの違い」は、ザックリ言うと「1曲ずつ買う」か、「定額を払って聴き放題」か、の違いです。
ダウンロードサービスは、自分が気に入った楽曲を数百円で購入、対応する機器に入れて楽しむものです。
ストリーミングサービスでは、定額料金を払い(大抵の場合月額です)、そのサーバーに接続、そこにある楽曲を聴くことができるというものです。

これまでに日本でも、音楽ストリーミングサービスは存在したようなのですが、楽曲数の不足や、パソコンのみで視聴可能などの使いづらさもあり、あまり定着せず失敗に終わっていたようです。
それが、スマートフォンの普及により今、追い風が吹いているようなのです。

ストリーミングサービスの良さ

ストリーミングサービスの良さ、これはズバリ、「より多くの曲が聴ける」に尽きるのではないでしょうか。
1曲ずつ買うのに比べて、ローコストで済みます。

また、ダウンロードだとどうしても自分の好きなアーティストやジャンルに偏りがちですよね。
知らないアーティストの曲を購入することをためらう方も多いと思います。

筆者も、自分のライブラリの曲は少ないし偏っているし、どうにかならないものかと思っていました。
オシャレな気分になりたいとき、浸りたい気分のとき、ちょっといつもと雰囲気を変えたいなと思っていても、それでも結局飽きるほど聴いている曲の中から、いつもの曲をかけてしまうのです。

それに、筆者は自分の好きな順番に曲を再生できる「プレイリスト」を作るのがヘタクソです。
オシャレなカフェで、店員さんがiPodをグリグリしていい曲をかけてくれると、感心とコンプレックスが入り交じる複雑な気持ちになっていました。

曲名もわからないし、尋ねる勇気もなくて、一期一会となってしまった曲が一体いくつあったことでしょう。

ストリーミングだと、様々な人が作った様々なプレイリストが公開されているので、気軽に聴けて、知らなかった名曲に巡りあう機会も多くなります。

ストリーミングサービスの比較

それでは、国内でメジャーな3サービスを比較したいと思います。

LINEMusic

関連ページ:LINE MUSICの使い方!LINE発音楽サービスのメリットとデメリットとは
LINEMUSIC

料金

・ベーシックプラン 500円 30日間20時間まで聴き放題
・プレミアムプラン 1000円 30日間、時間無制限聴き放題

配信楽曲数

・150万曲以上

対応デバイス

・iOS、Android
・PC対応予定あり

オフライン再生

・あり(一度聴いた曲をキャッシュすることで可能)

特徴

・音楽を友だちと共有できるシェア機能。
・自分の友だちがよく聴いている曲を表示する「フレンズチョイス」
・学割あり

お試し期間

・プレミアムプランで30日間。
・2015年8月9日までは完全無料キャンペーン中。

AWA

AWA

料金

・フリープラン 無料(利用時間に制限あり)
・ライトプラン 月額360円(一部機能制限付き)
・プレミアムプラン 月額1080円(全機能無制限利用可能)

楽曲数

・2015年末までに500万曲

対応デバイス

・iOS、Android(タブレット)
・PC対応予定あり

オフライン再生

・なし(対応予定あり)

特徴

・音楽のプロや一般人によるプレイリスト
・楽曲レコメンド機能

お試し期間

・3ヶ月

AppleMusic

AppleMusic

料金

・月額980円

楽曲数

・3000万曲以上

対応デバイス

・iOS、Android
・Mac
・Windows
・AppleTV

オフライン再生

・あり(端末にダウンロードが可能)

特徴

・楽曲レコメンド機能
・24時間365日のネットラジオ局
・アーティストとつながる機能

お試し期間

・3ヶ月

自分にピッタリのストリーミングサービスは?

3つのサービスについて特徴を並べましたが、実際に使ってみた中で見えてきた、それぞれの良い点悪い点を比べてみましょう。

LINEMusicはLINEとの親和性が高いが通信量が・・

LINEMusicは、LINEの強みを活かし、リアルな友だちや家族と楽曲をシェアしたり、プレイリストを共有したりできるようです。
トークのタイムライン上に曲を送信する機能もあるので、「この曲いいよ聴いてみて(^^)」で、ポチッと再生できて便利ですね。

学生さんには学割の制度があるため有料でもハードルが低く、楽曲も比較的若年層向けのラインナップと言えると思います。

ただ、データ通信量がすごくかかるのと、オフライン再生するのも手順が少々面倒くさいのが難点です。
wi-fi環境必須ですね。

AWAとAppleMusicは自分の知らない曲との出会いが期待出来るが・・

AWAとAppleMusicは、自分の好みの傾向からのレコメンド機能や、プロからのプレイリスト公開があるのが強みです。
筆者のような、プレイリスト難民にとっての希望の星ですね。

気分やシチュエーションに合わせたプレイリストもあり、知らなかった名曲に出会えると思います。
また、AWAはインターフェイスが非常にオシャレなのも好ポイントです。
ただ、まだスマートフォンにしか対応していないようなので、早くタブレットやパソコンにも対応してもらいたいですね。

AppleMusicも、パソコン対応(iTunes)はあるものの、使い勝手が悪く戸惑うのが、改善してほしい点です。

邦楽ならLINEとAWA、洋楽ならApple

国内アーティストの楽曲数は、LINEMusicとAWAが強いようです。
AppleMusicは国内アーティストはそこまで多くはありませんが、洋楽も含めた楽曲数は圧倒的です。
筆者は、洋楽が好きなのと、Macでの仕事中に作業が捗るように音楽をかけることが多いので、AppleMusicを主に使っています。

これから、音楽の楽しみ方が広がる

こうした音楽ストリーミングサービスが誕生したことで、「音楽を聴く」ということは、より気軽に多くの楽曲と出会う形へ、変わっていくんじゃないかと思います。

移動中にちょっと、疲れたときにちょっと、知らない音楽を聴いて、いい曲を見つける。

本当にコアなファンの方からすれば、「ちょっと待て!」と言いたくなるような聴き方かもしれません。
でも、そんな気軽さや敷居の低さが、音楽ストリーミングサービスの良さだと思います。

無料お試し期間を設けているサービスが多いので、ぜひこの機会に試してみてはいかがでしょうか。

【Q】現在利用している音楽ストリーミングサービスはどれですか?(複数回答可)

音楽ストリーミングサービスに関するアンケート
 対象条件:日本全国のモニターさん
 回答者数:1000人(20代・30代・40代・50代・60代各200人、調査日:2015/7/17~20)

現在利用している音楽ストリーミングサービスはどれですか?

記事中で紹介した3つのサービスについて、利用状況を世代別に調査しました。スマートフォンを使いこなしている30代までの若い世代に使用率が高いことと、「LINE MUSIC」が上の世代にまでしっかり届いていることが特徴的です。
スマートフォンを持っている人以外も対象になっている調査なので、スマートフォンユーザーに絞り込むと全体的に数値が上がるものと思われます。
これから主流になるであろうストリーミングサービス。さらに機能や楽曲数なども充実してくるはずなので、まず気になるものはどんどん試してみましょう!

参考:AWA http://awa.fm/
   LINE MUSIC https://music.line.me/
   Apple MUSIC https://www.apple.com/jp/music/

格安ネットリサーチ
格安ネットリサーチ