エンタメの記事

LINE MUSICの使い方!LINE発音楽サービスのメリットとデメリットとは

LINE MUSICの使い方!LINE発音楽サービスのメリットとデメリットとは
VNM編集部 エンタメ

LINE発の音楽ストリーミングサービスで聴きまくれ!シェアしまくれ!

スマートフォン関連のサービスは日々進化、日々充実をしていっていますが、最近何かと話題なのが「音楽ストリーミングサービス」です。
月額など定額料金を払うことで、配信されている楽曲が聴き放題になるというもので、日本でもようやく数社でサービスが本格的に始まっています。

その中でも注目なのが、「LINE MUSIC」。
その名の通り無料メールが出来る「LINE」のグループサービスです。
LINEを使っていれば、特別な会員登録の必要もなくすぐに使うことが出来ます。

サービスがまだ始まったばかりということで、2015年8月9日までは全ての機能が無料で使えます!
ということで、まだ間に合う!
「LINE MUSIC」を今回はご紹介します。
「最近、そういえばあんまり音楽聴かなくなったなあ」という人も、音楽の世界に戻ってきてみてはいかがでしょう?

LINE MUSICを使ってみよう!

まずはインストールしてみましょう。

ダウンロードはこちらから →LINE MUSIC

LINE MUSIC 00インストールが終わったらアプリを起動します。「ログイン」をタップして、指示に従って進めていくと自分のLINEアカウントでログインが完了します。

LINE MUSICで新たな発見をしてみる!

友だちは何を聴いているの?

LINE MUSIC 01これがトップ画面。
右上にある虫眼鏡をタップすれば検索画面に移行するので、ここで自分の好きな曲を探すことも出来るんですが、それであればCDを買ったり楽曲をダウンロード購入したりすれば済む話。
今回は、「好きな曲」「好きなアーティスト」は一旦忘れて「新たな発見」をしてみましょう!

トップ画面では「ピックアップ」としておすすめの曲や、配信が始まったばかりの「ニューリリース」などが見れますが、その下に、LINE MUSICならではとも言える機能があります。

LINE MUSIC 03それが「フレンズチョイス」
LINEで繋がっている友だちがよく聴いている曲がランキングになって出てきます。

誰が聴いているかまではわからないんですが、仲間うちでどんな曲が流行っているのかチェックできますよ。
もし知らない曲があれば、早速聴いてみましょう。
曲名をタップすれば再生が始まります。



LINE MUSIC 04このフレンズチョイスは定期的に更新されるんですが、ちなみに記事作成時に筆者のフレンズチョイス1位は三代目J Soul Brothersでした。
誰が聴いているんだろう三代目…。

気分に合わせてプレイリストを選んでみよう!

では次は、今の自分の気分にぴったりな曲を探してみましょう。
トップ画面に戻ったら、左上のメニューバーをタップ。

LINE MUSIC 05そうすると左側からメニューが出てきます。
「テーマ&ジャンル」を見てみましょう。
ここでは「聴けば元気が出来る曲」とか泣きたい時に聴く「泣きうた」といった気分に合わせたプレイリストや、「集中したい時に聴く曲」「通勤通学の時に聴く曲」などシーン別のプレイリストなど、自分の気分でプレイリストを選ぶことが出来ます。

また下のほうではジャンル別のプレイリストもたくさん。
例えば「アイドルベストヒッツ」や意外な人が歌った曲を集めた「あんな人が歌ってた」など、文字通り「新たな発見」が出来るプレイリストが揃っています。

LINE MUSIC 06わ、仲間由紀恵withダウンローズの『恋のダウンロード』だ!
懐かしい・・・!
なんていう出会いもあるわけです。

先ほどのメニューにあった「トピック」にも同様に、様々なプレイリストがあります。
こちらではゲストミュージシャンが選曲したプレイリストやカラオケで盛り上がる曲を集めたプレイリストなど、自分でも聴きながら、友だちにもオススメしたくなるプレイリストがたくさんです。

友だちにオススメしてみよう!

LINE MUSICのもうひとつの特徴、それは、すぐ友だちにシェア出来ること!
オススメしたい曲やプレイリストをすぐにLINEで送ることが出来るんです!

LINE MUSIC 07聴いている曲を友だちにオススメしたい!と思ったら、再生中の画面の右下「メニュー」→「シェア」と進むと、LINEでシェアするか、TwitterやFacebookでシェアするかを選べます。

LINE MUSIC 08メッセージを入力したら、友だち一覧から誰に送るかを選ぶだけ。
これで相手のLINEにオススメが届きます。
曲単位で送ることも出来るし、先ほどのプレイリストをまるっとオススメすることもできちゃいます。

一緒にいる時はもちろん、離れている友だちや恋人、家族に曲のプレゼントというのも良いかもしれませんね!

どのくらいお金が掛かる?

月額利用料は300~1,000円

音楽を聴くのも簡単、知らなかった曲に出会うのも簡単、友だちとプレイリストのシェアも簡単、なLINE MUSIC。

8月9日までは無料ですが、そこから先は有料が基本になります。
LINE MUSICのプランは2つ。「ベーシックプラン」と「プレミアムプラン」です。
学生は安く使える「学割」の仕組みがあるのが独特です。

プレミアムプラン

LINE MUSICのプランの違いは「聴くことが出来る時間」です。
30日間、時間無制限で聴きたいという人はこちらのプレミアムプランがオススメです。
月額は1,000円(iPhoneのアプリ内決済の場合は1,080円)。
学割価格だと600円です。

ベーシックプラン

ベーシックプランは30日間で合計20時間聴くことが出来るというプランです。
月額は500円。
学割だと300円です。
例えば、通勤通学のちょっとした時間にしか聴かないとかであれば、これでも十分です。
20時間を超えてしまった場合はプラス300円支払うと10時間の延長ができるそうです(学割は200円)。

通勤中、電車移動の30分だけ聴くとすると往復で1時間、1ヶ月仕事が22日だとするとちょっと20時間だと足りないかなというところ。
延長のためにプラス300円して合計800円払うくらいなら、時間無制限の1000円のプランでも良いのかなぁ…とも思えますね。

ちなみにどちらのプランにも入らない場合はフリープランとして、曲の冒頭30秒だけ聴くことが出来るそうです。

1,000円と聞くだけだと高いと思うかもしれませんが、これまでCDを買ったり借りたりしていた程度の金額で何十万何百万もの曲を自由に聴けると考えると、そう高いものでもないかもしれません。

特定のアーティストや曲をずっと聴き続ける人よりは、いろんな曲を試してみる人のほうが向いているサービスなのかもしれないですね。

問題は通信量…

もうひとつ、おそらくは利用料金よりも気をつけないといけないのが通信量です。
実験してみたところ、30分LINE MUSICで音楽を再生し続けたところ約200MB通信していることがわかりました。
音楽プレイヤーと同じ感覚で使い続けているとあっという間に1GBに達してしまいます。

※例えばソフトバンクでは、3日間のデータ通信量が1GBを超えると、翌日の通信速度が制御されてしまいます。
 (プランや通信会社によって異なりますが、一定量を超えると制限されてしまう)

参考:ご利用の際に通信制御することがある内容について(ソフトバンクモバイル)

LINE MUSICでは「キャッシュ」を保存することでオフライン再生が出来る機能がついているので、家などでWifiを使える環境にある方は、事前に行き帰りで聴くであろう曲を予めWifiを使って再生して、保存しておくことで通信量の過度な使用を抑えることが出来ます。

LINE MUSIC 09再生中の画面右下のメニューで「キャッシュする」をタップすれば、保存が始まります。
保存した曲は「マイミュージック」の下部「オフライン再生」のところに表示されるので、ここから再生すれば通信量を使用せずに曲を聴くことが出来ます。



一点、この記事を作成している時点で不明確なのが、ベーシックプランを利用していた場合、このキャッシュによる「オフライン再生」は「20時間」に含まれるのかどうかという点です。

通勤通学時に聴こうと思っている人が、家では「Wifiでキャッシュするために再生する」わけで、その上でオフライン再生もすると通常より倍の時間再生することになります。
(厳密には全て再生しなくてもキャッシュは出来るので「倍」の時間は掛からないのですが)

有料サービスが始まる8月9日までにはこのあたりははっきりとするとは思いますが、通信量に上限がある以上、LINE MUSICに限らずこうした音楽ストリーミングサービスは「残りを気にしながら聴かないといけない」という点はネックであると言えそうです。

メリットとデメリットをよく考えて上手に使おう!

ということで、LINE MUSICについてご紹介してきました。
便利だけど不安な点もあるということで、簡単にメリットとデメリットをまとめてみましょう。

メリット
・配信されている全ての曲をスマホの容量に関係なく聴くことが出来る
・アーティスト単位、アルバム単位だけでなく豊富なプレイリストで様々な曲に出会える
・友だちと曲やプレイリストをシェアしておすすめし合える
・有料ではあるがプランが分かれているので、自分の使い方で選ぶことができる
・学生には学割が用意されているので更に安価に使える

デメリット
・配信されていない曲を聴くことが出来ない
・LINE MUSICのアプリ上以外で聴くことが出来ない(CDなどに焼くこともNG)
・端末の容量が使われない分、データ通信量が圧迫される
・キャッシュの保存が1曲ずつなのでアルバムやプレイリストを再現するのに手間がかかる
・キャッシュ保存が増えるとそのぶん端末の容量が圧迫される

こんなところでしょうか。

今後こういったストリーミングサービスが他社含め充実してくれば、通信会社のプランに便利なものが登場したり(または制限ルールが変更になったり)、通信量をあまり圧迫しない仕組みが出来たりするのかもしれませんが、今の時点ではこれらのメリットとデメリットを認識したうえで、上手に使っていくことが大事ですね。

ちょっと不安を煽るようなことも書いてしまいましたが、自分の持っていない新しい曲との出会いや懐かしい曲との再会が出来るのがこうしたサービスの魅力です。

せっかくのチャンスなので、無料の期間中に、使いまくってみましょう!

【Q】LINE MUSICを利用したことはありますか?

LINEに関するアンケート
 対象条件:日本全国のLINEを利用しているモニターさん
 回答者数:550人(調査日:2015/7/21)

LINE MUSICを利用したことはありますか?

LINE利用者にLINE MUSICを使っているかどうかの調査です。
アンケート実施時はまだ無料キャンペーン中でしたが、「利用している」のは10.0%。
「利用したことはあるが現在は利用していない」という方が7.1%となりました。
テレビCMも新しいバージョンも放送が始まっているので、これから利用者は増えていくのでしょうか?

【Q】LINE MUSIC、月額いくらくらいなら聴き放題を利用しますか?

LINEに関するアンケート
 対象条件:日本全国のLINE MUSICを利用した経験のあるモニターさん
 回答者数:94人(調査日:2015/7/21)

LINE MUSIC、月額いくらくらいなら聴き放題を利用しますか?

L INE MUSICを使っている、もしくは使っていた方に伺った調査です。
8月から有料サービスが始まるのを受け、いくらくらいなら聴き放題(プレミアムプラン)を使うか聞いたところ、「無料であれば使う」という方が圧倒的に多く66.0%となりました。
こういった「月額定額制」といったサービスに抵抗がある方が多いのでしょうか?

※記事中の「LINE MUSIC」の画面はiPhoneのものです。

格安ネットリサーチ
格安ネットリサーチ