季節の記事

デング熱も注意!蚊や蜂から身を守る夏の虫除け対策はしっかり!

デング熱にも注意!蚊や蜂から身を守る夏の虫除け対策はしっかりと!
VNM編集部 季節

感染症の恐怖も!虫除けの準備は大丈夫?

蚊によるデング熱の感染に注意!

2014年の夏、東京の代々木公園に端を発したデング熱騒動を覚えている人も多いでしょう。
最終的には162人の国内感染者を出し、代々木公園や街の公園などが閉鎖されるなどの一大事に至りました。

デング熱は重症化することは少ないのですが、そうはいっても感染しない方が良いのは明らかです。
デング熱の感染源となるのは、蚊です。
蚊に刺される際にウィルスが体内に入ることがわかっています。

国や都道府県でも対策を講じてはいますが、もちろん100%感染しないとは言い切れません。
蚊以外にも、注意したい虫はたくさんいます。

今回は、少しでも効果的な防虫対策や虫よけ方法を紹介しましょう。

参考:国立感染症研究所「デングウィルス感染症情報」

防虫対策を紹介

虫のいるところは避ける

虫に刺されないために、虫のいるところを避ける。
「当たり前!」と思うかもしれませんが、むしろ一番肝心なことです。

虫が居そうな草むらや水辺は避ける。
国内海外含め、旅行の際には換気設備やエアコンのある宿泊施設を選ぶ。
ダニやノミのいそうな動物には触らない。
こうしたことを心がけるだけで、虫や、それらが原因となる感染症にかかる可能性を小さくすることができます。

海外旅行時には予防接種を忘れずに

感染症の中には、予防接種で防ぐことのできるものが少なからずあります。
特に海外旅行に行く場合は、目的国に合わせて必要な予防接種を打つようにしましょう。

2014年にブラジルで開催されたサッカーワールドカップでも、現地で感染する危険性の高い黄熱などの予防接種が呼びかけられていました。

旅行先の状況に合わせて、可能な限り予防接種をしておきましょう。

参考:黄熱の予防接種を受けましょう(厚生労働省)
   (クリックするとPDFが開きます。また2014年の記事です)

いろんな感染症

少し本題とはそれますが、感染症について触れておきましょう。

先に挙げたデング熱の他にも、日本で心配されている感染症は、2014年からアフリカで流行してきたエボラ出血熱、韓国で大騒ぎとなったMERS(中東呼吸器症候群)など、多くの感染症があります。

それぞれに感染源が異なり、対処方法や治療方法も異なるので、一口に説明するのは難しいですが、関心のある人や、海外旅行に出かける予定のある人は、厚生労働省のサイトをご覧ください。

主な感染症について、分かりやすく説明されてあり、検疫所や外務省などの関連サイトにもリンクがあるので、使いやすいはずです。

参考:夏休み期間中における海外での感染症予防について(厚生労働省)

肌の露出を少なく

話を虫よけに戻します。
暑い時期だけなく、開放的な雰囲気につられて、肌の露出が多い服装になる人も多いでしょう。

しかし、虫に刺されないということを考えるのであれば、長袖のシャツや長ズボン、丈の長いスカートなどが好ましいでしょう。

また蚊や蜂の仲間には、濃い色を好むものがいます。
目立たないという意味からも、白や薄い色の衣服が良いようです。

防虫剤を活用する

現在、市販の防虫剤や虫よけ剤が多数、発売されています。
肌に吹きかけるタイプや塗るタイプ、衣服などに吹きかけて使うタイプなどさまざまあります。

いずれも対象となる虫や、防虫効果の時間などが異なるので、状況に合わせて使い分けをしたいものです。

ハーブやアロマを活用

防虫効果を第一にするものではありませんが、植物やアロマ、お香などには虫が嫌う性質を持ったものがあります。

コアラの食べ物として有名なユーカリは、独特の香りでも知られていますが、それらが虫を防ぐ役割を果たします。

それ以外にもレモングラス、バジル、ラベンダー、ミントなどが防虫効果を持つ植物として知られています

植栽でも使えますし、乾燥させたものを部屋に飾ったり、入浴の際に湯船に浮かべたりすることで、防虫効果を活用できます。

参考:ハーブが活躍!虫除け対策(ALLAbout)

万一には早めの受診を

細かな対策の積み重ねが結果につながるのは、何事も同じですが、それでも虫に刺されてしまうこともあるでしょう。

その際には、早めに受診することを忘れずにしましょう。
デング熱騒動でも、受診した医師の経験があったことから、デング熱と判明したそうです。
また、刺された状況(虫や場所など)を正確に伝えることで、二次被害を防ぐことにもつながります。

刺されないように気をつけて、もし刺されたらすぐに診てもらう。
くれぐれも気をつけてくださいね!

【Q】この時期、虫除け対策として行っていることを以下から選んでください。

防虫対策に関するアンケート
 対象条件:日本全国のモニターさん
 回答者数:1000人(調査日:2015/7/18)

この時期、虫除け対策として行っていることを以下から選んでください。

虫除け対策、何を行っているか調査しました。もちろん、長袖を着て虫除けスプレーを使うという方もいるかとは思いますが便宜上単一回答の設問としました。
結果、「虫除けスプレーを使う」が最も多く36.4%となりました。

一方で「どれも行っていない」が約半数、47.7%にものぼりました。
デング熱以来、何が起こるかわかりません。出来るだけ対策を講じて外出するように心がけましょう!