季節の記事

野菜を農家から買えるファーマーズマーケット&マルシェが今アツい!

野菜を農家から買えるファーマーズマーケット&マルシェが今アツい!
VNM編集部 季節

「ファーマーズマーケット」、目にしたことはありませんか?
最近都内では、農家から直接野菜を買えるファーマーズマーケットが増えています。
週末に不定期で開催されるマーケットから、年間通して開催されている大型マーケットまで、農家と消費者を直接つなげる新しいツールとしてファーマーズマーケットが注目されています。

ファーマーズマーケットの良さは、直接農家から話しが聞けることです。
野菜の育て方やこだわり、また料理の仕方などを気軽に聞くことができます。
スーパーや通販など仲介を通した買い方とは一味違う野菜の買い方ができるのが魅力です。

そして、ファーマーズマーケットには、売り買い以上の魅力があります。
農家の生き生きとした顔を見ながら野菜を選んでいると、野菜のありがたさや素材を余らせずに使おうという気持ちになれます。

またマーケット自体がコミュニケーションの場として機能しはじめています。
野菜だけでなく、野菜や食に関する「情報」も得られるのがマーケットの魅力です。

今回は都内で開催しているおすすめのファーマーズマーケットを選んでみました。
きっと、あなたが住んでいる近くで開いているマーケットもあるはずです。
たまには、いつもと違った野菜の買い方をしてみませんか?

関連:有機野菜を買って環境を救え!? 健康の為だけじゃない有機野菜
   とうもろこしもかぼちゃも!実は生で食べられる意外な野菜5選!

都内で農家から直接野菜が買える!ファーマーズマーケット

①【青山】青山ファーマーズマーケット

DATA
開催日時:毎週 土・日曜日 10:00~16:00
場所:国連大学前広場(東京都渋谷区神宮前5-53-70)
http://farmersmarkets.jp/

都内で開催されるファーマーズマーケットといえば「青山」というくらい知名度があるマーケットで、首都圏だけでなく全国から農家が集まります。
出店者数、来場者数ともに他のマーケットの群を抜いていて、1週間分の野菜をここで買う人も多いようです。

運営も工夫を凝らしていて、ライブイベントや「野良(のら)」をテーマにした雑誌の発行もしています。
初めてファーマーズマーケットに行く人は、まず青山に行ってみてはいかがでしょうか。

②【六本木】ヒルズマルシェ

DATA
開催日時:毎週土曜日 10:00~14:00
場所:アークヒルズ アーク・カラヤン広場(東京都港区赤坂1-12-32)
http://www.arkhills.com/marche

六本木の高層ビル群の中にあるイベントスペースで開催されているマルシェです。
場所はサントリーホールの入口にあるカラヤン広場なので、電車からのアクセスも良く、雨天でもアーケードがあるので安心して買い物を楽しめます。

都内近県からの新鮮な野菜だけでなく、小物や雑貨なども扱っています。

③【下北沢】ママンカ市場

DATA
開催日時:毎月 第4日曜日
場所:眞龍寺(東京都世田谷区北沢2丁目36-15 )
http://www.mamanqa.com/

「下北沢×子育て×野菜」をテーマにした産直市です。
2009年10月から開催されていて、下北沢の街と相まってアットホームな雰囲気が特徴的です。

食育プロジェクトや子育て支援プログラムなど、マーケットだけでなく子育て全般を応援するイベントという意味合いもあります。

ホームページもかわいいので是非一度のぞいてみてください。
子供連れでも楽しめるような庶民派マーケットです。

④【代々木公園】アースデイマーケット

DATA
開催日時:月1回 日曜日 10:00~16:00
場所:代々木公園けやき並木(東京都渋谷区神南2丁目)
   ※他会場や別日程で開催されることもあります
http://www.earthdaymarket.com/

主に代々木公園で開催されている、農家との繋がり、地産地消、環境をテーマにしたマーケットです。
竹材のテントを使ったり、コミュニティ通貨(アースデイマネー)を使用したりと「循環型社会」を意識した運営が特徴的。

農薬を使わない取り組みをしている農家や安心で安全な食材を使った飲食店、オーガニックや手仕事、フェアトレードなどの精神を持った雑貨や食材のお店など、あらかじめ出店条件が決められているので、こだわりを持った人でも安心して買うことができます。

NHK隣のけやき並木にずらっとテントが並ぶマーケットで、渋谷からも原宿からも行けるロケーションも良い感じです。

⑤【勝どき】太陽のマルシェ

DATA
開催日: 毎月第2土・日曜日 10:00~16:00(10~3月) 10:00~17:00(4~9月)
場所:勝どき 月島第二児童公園(東京都中央区勝どき1-9-8)
http://timealive.jp/

都営地下鉄大江戸線「勝どき」駅を降りてすぐの場所で、2013年9月から開催している定期開催マルシェ。
全国から厳選した野菜が集まるほか、テーマ野菜を設定して「旬」な野菜を紹介、また子供でも楽しめる企画なども用意されています。

「日本最大級規模」を謳っているだけあって、盛りだくさんのマーケットです。
食育にも力を入れていて、収穫体験やワークショップも開催されています。
野菜の販売以外にも飲食エリアが充実していて、休日のランチを食べに行くのもおすすめですよ。

野菜を買うだけではなく、得られるものもたくさんあるのがファーマーズマーケット!

一口にファーマーズマーケットといっても、それぞれのマーケットごとに趣向が凝らされています。

これも、農家から直接買うファーマーズマーケットのスタイルが定着してきたからこその嬉しい広がりです。
マーケットは農産物を買うだけでなく、コミュニケーションの場になっています。
場所の雰囲気やコンセプトを知って行くとよりマーケットを楽しめるでしょう。

今回は東京都内のマーケットをいくつかご紹介しましたが、もちろん都内以外でもマーケットは開催されています。
お近くのマーケットを探してみてはいかがでしょうか?

【Q】「ファーマーズマーケット」は買い物をする上で魅力的に感じますか?

買い物に関するアンケート
 対象条件:日本全国のモニターさん
 回答者数:1000人(調査日:2015/8/17)

「ファーマーズマーケット」は買い物をする上で魅力的に感じますか?

今回ご紹介した「ファーマーズマーケット」について魅力的に感じるかという質問ですが、「感じる」「感じない」がぴったり50%ずつにわかれました。
男女別で見てみると、「魅力的に感じる」のほうがやや女性が多いかなといったところです。

グラフにはしていませんが、「ファーマーズマーケット」の認知度自体は現時点で2割程度でした。
こうした形式を魅力的に感じている人は多いので、こうしたマーケットがさらに広がりを見せていくのが今後大事なのかもしれません。

今回の記事でファーマーズマーケットを知ったけど、近所ではやっていないっぽいという方は、こまめに情報を探して開催を逃さないようにしましょう!

それにしても、全く内容とは関係ありませんが、長いことこうしたアンケートを行ってきた中で50%ぴったりなのは初めてで、なんだかちょっとテンションが上がっています(笑)