エンタメの記事

ダイビングにビーチバレー、マリンスポーツ漫画で夏を乗り切ろう

ダイビングにビーチバレー、マリンスポーツ漫画で夏を乗り切ろう
VNM編集部 エンタメ

暑い夏はマリンスポーツを扱った漫画で夏気分を高めよう!

朝から晩まで、口を開けば「暑い」とこぼれてしまう日々です。
暑い夏には、海にでも行って気持ち良く遊びたいところですが、実際問題、仕事などで簡単には行けないという人も少なくないはず。

そんな人のために、見て読んで楽しめるマリンスポーツ漫画を紹介します。
仕事の合間に漫画を読んで、少しでも「夏気分」を高めましょう!

関連:終戦から70年。第二次世界大戦、戦争を扱った漫画で読んで考える
   ビリギャルもハマった!? 参考書並みに詳しい学習まんがでお勉強!

マリンスポーツを紹介した漫画を読むとアツくなる?涼しくなる?

1.風の陣

風の陣1巻

©本宮ひろ志/集英社


まずは集英社「ヤングジャンプ」で連載されていた『風の陣』(本宮ひろ志)です。
コミックスは全6巻で完結しています。

風が好きと語る少年がヨットと出会い成長する物語

風の陣1巻106ページ

©本宮ひろ志/集英社


「風が好き」と語り、風を見ることのできる少年、風間陣(かざまじん)を中心に動いていきます。

命に係わる危機を乗り越えたのをきっかけに、陣はヨットと出会い、1人乗りの「ディンギー」から2人乗りの「470級」を体験し、海の楽しさとともに怖さも知っていきます。

アメリカスカップへ

成長した陣は、彼を信頼する仲間と、ヨットレースの最高峰であるアメリカスカップに挑みます。
そこにはベストの布陣で迎え撃つライバル国が……。

そんな作品の全編に登場するのが、様々な顔を見せる海です。

陣にヨットを教えることになるベテランヨットマンに「海は…簡単に人の命を奪う…」と言わせるシーンもありますが、海が魅力あふれる存在であるのに間違いありません。
そんな海の魅力を感じたい人には、お勧めの作品です。

風の陣(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/風の陣

2.Glaucos グロコス

グロコス1巻表紙
続いて、講談社「モーニング」で連載されていた『Glaucos グロコス』(たなか亜希夫)です。
コミックスは全4巻。

競技ダイビングの世界

主人公は、海で生まれ、イルカに命を救われた少年シセです。
シセが泳いでいる姿を見たベテランダイバーの誘いを受けて、シセは故郷を離れ、競技ダイビングの道へと進んでいきます。

ダイビングのはずが、寺で修行!?

日本に来たシセは、最新の科学的検査を受けつつもなぜか(もちろん理由はあるのですが)お寺で修行を積み、いよいよ競技ダイビングの世界へ飛び込んでいきます。

筆で○(単純な丸)を書くシーンには、なるほどと思わせるものがあります。
ちなみにタイトルの「グロコス」は海の神様の名前だとか。

競技ダイビングに詳しくなれると同時に、海の神秘性も十分に味わえる作品です。
特にイルカ好きにはお勧め。
ただラストシーンが、必ずしもグッドエンドではないのが、いくらか気になるところかもしれません。

3.ビーチスターズ

ビーチスターズ
続いては、小学館「ヤングサンデー」などで連載されていた『ビーチスターズ』(全7巻)と続編の『ザ!!ビーチスターズ』(全2巻)(森尾正博)です。

廃部寸前のバレー部がビーチバレーで立ち上がる

高校2年生の七瀬イルカは、バレーボールが大好き。
しかし、部員不足から廃部の憂き目にあってしまいます。

ところが友達と遊びに行ったお台場でビーチバレーを見たことから、その魅力に取りつかれてしまいます。

マドンナカップに

経験を積んだイルカはビーチバレーの甲子園と言われるマドンナカップに出場。
そこで強力なライバル達としのぎを削ります。

当たり前ながら、水着姿の女子高生がこれでもかとばかりに溢れています。
ただし基本は熱血スポ根漫画なので、ピンチになったイルカ達が、努力と根性で勝ち上がっていく姿が見ものです。

ザ!!ビーチスターズ(森尾正博)/コミック小学館ブックス
https://csbs.shogakukan.co.jp/book?book_group_id=6253

4.あまんちゅ!

あまんちゅ1巻表紙
最後はマッグガーデン「コミックブレイド」連載中の『あまんちゅ!』(天野こずえ)です。
コミックスは9巻まで発売中(以下続刊)。

高校のダイビング部が舞台

漫画の舞台は、静岡県立夢ヶ丘高校のダイビング部。
そこに新入学した小日向光(こひなた ひかり)、通称「ぴかり」が主人公です。
ダイビング漫画ではあるのですが、主人公達の高校生活を描いた漫画でもあります。

成長する「てこ」

もう一人の主人公が「てこ」こと大木双葉。
変化著しい彼女を見ていくと、彼女の成長譚が漫画の主要なテーマかもと思わされることもあります。
「てこ」というあだ名の由来は、ぜひ漫画を見て欲しいところです。

これまでの3作とは異なり、本作はゆったりした毎日が描かれています。
ダイビング未経験どころか泳ぎも苦手、性格も内向的な「てこ」が、徐々にアクティブになっていく様子は見ものです。

あまんちゅ!(天野こずえ)/マッグガーデンコミックオンライン
http://comic.mag-garden.co.jp/812/827.html

【Q】「マリンスポーツ」をテーマにしたマンガを読んだことはありますか?

マンガに関するアンケート
 対象条件:日本全国のモニターさん
 回答者数:1000人(調査日:2015/7/31)

「マリンスポーツ」をテーマにしたマンガを読んだことはありますか?

「マリンスポーツ」をテーマにしたマンガを読んだことがあるという方は3.9%となりました。
第二次世界大戦に比べると、マリンスポーツ自体にややマイナー感があるのも否めないですが、逆に言えばこれからまだまだ知らない作品に出会えるということ。
暑い夏でも、夏が終わっても、さわやかな気分を味わってみてはいかがでしょうか?