お金の記事

クレジットカードを上手に使って家計管理!ポイントもお得に貯まる!

クレジットカードを上手に使って家計管理!ポイントもお得に貯まる!
VNM編集部 お金

現金払いよりクレジットカードのほうがお得

みなさん、クレジットカードを使っていますか?
うまく活用すると得が出来たり、お金の管理が楽になったりとメリットがたくさんありますよ。

自分の生活にお得なカードを使う

クレジットカードは一覧にするのも難しいくらいさまざまな種類のものが発行されています。
自分の生活スタイルに合わせて、ポイントやサービスで得が出来るサービスを選びましょう。

例えば、飛行機をよく利用する人だったら、ANAやJALといった航空会社と提携しているカードでマイルを貯めるのがお得ですね。

TSUTAYAでよくレンタルする人なら、Tカードが良いかもしれません。
Tポイントは貯められる場所も利用できる場所も多いので、TSUTAYAでのレンタル以外にも役立たせることが出来ると思います。

参考:ANAカード
   JALカード
   Tカード

他にもヨドバシカメラやビックカメラなどの家電量販店や、瓦割りのCMでおなじみの「永久不滅ポイント」が貯まるセゾンカードなどなどたくさんの中から選ぶのは大変ですが、じっくり比較して自分にとってお得なカードを持つようにしましょう。

ポイントは、特別なことをしなくても通常通り買い物などで使用するだけで貯まっていきます。
無理せず、生きているだけでポイントが貯まっていくところが、気楽でいいなと筆者は思っています。

ちなみに筆者の場合は、小さい子供を抱えているので楽天市場をよく使うので、楽天のポイントが貯まる「楽天カード」を選びました。
というわけで、この先は楽天カードを例に進めていきます。

参考:楽天カード
関連:ポイントカード所有率は95%!でもポイント貯める時は節度を持って!

クレジットカードでラクチン家計管理

楽天カードは1%の還元率!

買い物をした時にもらえるポイントの還元率はカードの種類やランクによって変わります。
楽天カードは、1ポイント=1円として利用できる楽天ポイントが100円で1ポイント貯まるので、還元率は1%となかなか高いです。

カードの利用額や回数に応じて、楽天市場での買い物のときに還元率が2~3倍となるステージアップ制度もあります。

クレジット払いで家計簿代わりに!

筆者は、主に食料品と日用品の買い物を、クレジット払いにします。
そうすることで、1ヶ月の利用明細を確認した時に、生活費の大部分を占める食費と日用品費にいくら使ったか、一目瞭然だからです。

さらに、楽天カードのアプリには家計簿機能があり、自動で家計簿をつけることがます。
カードでの決済記録はもちろん、現金での買い物なども簡単に入力が出来ます。
(レシートを撮影すると読み込んでくれるので楽ちんです)

家計簿の大切さはわかっているものの、どうしてもレシートを溜めてしまうズボラな性格なので、これらの機能はかなり助かります。

楽天カードの締め日が月末なので、この点も家計管理に適していると言えると思います。

参考:楽天カードアプリ
関連:家計簿つけたい人必見!最大の敵は数字が合わない事。続けられる家計簿ってどんなの?

貯めたポイントは楽天市場で利用

毎月の生活費数万円分をクレジット払いにすることで、ポイントがどんどん貯まるので、それを楽天市場での買い物に充てます。

筆者は主に、愛犬のドッグフードを買うときの足しにしています。
ドッグフードもなかなか高いので、ポイントで割引されるとかなり助かります。

「クレジット払いは借金と同じ!」使いすぎないための防止策

どのような使い方をするにせよ、クレジット払いで一番危険なのは、どんどん買い物してしまい、支払いが苦しくなってしまうことです。

その防止策として、給料が入ってくる口座とカードの引き落とし口座を別にしておきます。
給料日に、生活費の予算の金額を、引き落とし口座へ移動しておきましょう。
入口と出口を別々にすることで、気がついたら残高がゼロという悲劇は予防できます。

そして、利用明細をこまめにアプリで確認します。
そうすることで、ある程度の使いすぎは防止できます。
体重計に毎日乗るだけで体重増加を防ぐ効果がある「レコーディングダイエット」と、言うなれば似たような原理でしょうか。

そして、大きな金額の買い物をしたときは、その金額分をすぐに引き落とし口座へ入金してください。
「クレジット払いは借金と同じ」という意識を持ち、できる限りの現金主義を貫くことが大事だと思います。

支払い方法も、分割払いは金利がかかるので、余程の金額でないときは一括払いをオススメします。
リボルビング払いは、支払いが延々と続くばかりでなく、残金が増えていくので、やめるべきです。
買い物は残高以内で、分不相応な金額を使わないというのがやはり健全です。

きちんと使えばクレジットカードは強い味方

消費税が8%になり、円安で値上げも続々と行われて、生活費が数年前に比べて高くなったと感じる今日このごろ。
クレジットカードを賢く上手に使って、少しでも家計の足しにできればいいなと思っています。

【Q】あなたはクレジットカードを何枚持っていますか?

スマートフォンアプリに関するアンケート
 対象条件:日本全国のモニターさん
 回答者数:1000人(調査日:2015/3/18)

あなたはクレジットカードを何枚持っていますか?

ボイスノート会員の皆さんにクレジットカードの所持枚数を伺ったところ、「5枚以上」が最も多く22.0%となりました。
それだけ持っていたら、使い分けも大変そうですね…それこそ、楽天カードはここで、Tカードはここで、と決めているのでしょうか?

その一方で「0枚」という方も16.8%いました。
上手に使えば決して悪いサービスではないはずなので、ポイントなどお得に使うために、ぜひ研究してみてはいかがでしょうか?

格安ネットリサーチ
格安ネットリサーチ