健康の記事

夏風邪注意!予防と対策、ポイントは夏バテで抵抗力を落とさないこと

夏風邪注意!予防と対策、ポイントは夏バテで抵抗力を落とさないこと
VNM編集部 健康

夏風邪は苦しさが長引く辛い病気…

夏風邪って、厄介ですよね。
冬の風邪も辛いですが、暑さにも苦しみながら風邪とも戦わないといけないという点では夏風邪の辛さは比較にならないように思います。

しかし、夏風邪は免疫力の低い子供だけでなく、連日の暑さで夏バテ気味の大人たちにも襲いかかります。
今回は、夏風邪とはどういうものなのか確認しつつ、対策法やもし罹ってしまった時にどういう対策を取るべきなのかなどご紹介します。

関連:夏の睡眠不足解消はやっぱりお風呂!ゆっくり入浴で快眠を招こう
   日焼け止めは必要ない人が半数!?紫外線が肌に及ぼす影響とは!?[PR]

夏風邪の症状

風邪の原因となるウィルスはなんと200種類以上も存在していますが、その中で夏場に流行しやすいのが「アデノウイルス」「エンテロウイルス」です。

主な症状としては発熱、咳、腹痛、ノドの痛み、下痢などで、ウィルスにかかる経路としては、他人のくしゃみやせきによる「飛沫」、汚染された飲食物やウィルスを触った手指から口に入る「経口」から感染します。

特に暑さによる夏バテ状態の身体にはウィルスが感染しやすいので、エアコンによる温度の下げすぎなどで粘膜が乾燥し、免疫力が更に低下してしまう夏の季節はやはり特に注意が必要です。

夏風邪の予防

夏は暑すぎても、逆に身体を冷やしすぎても風邪をひきやすいといった状態なので、夏風邪対策を怠ってはいけません。

免疫力を下げないように、下記のような点に日頃から気をつけながら、出来るだけ規則正しい生活を心がけていきましょう。

 夏風邪予防!免疫力低下を防ぐポイント!
  1.乾燥を防ぐ
  2.冷房は冷やしすぎない
  3.疲れはその日のうちに取る
  4.ビタミンやミネラルの補給

普段の健康な状態であればウィルスに感染してもすぐに排除できてしまうものが、体力がなくて免疫力が低くなっている状態では単なる夏バテが夏風邪に悪化してしまう恐れがあります。

冷房の使いすぎは免疫力だけでなく体温調節機能も低下させるため、食欲不振に陥り、その結果体力も回復力も弱くなっていきます。

基本的な夏風邪対策

食生活がしっかりしていれば免疫力も高くなるため感染してもそれほどひどい症状にはなりません。
なので、例えばうなぎのような栄養満点な食材を定期的に食べるとか、毎日の食卓では意識的にビタミンやミネラルを多く摂取するように心がけましょう。

免疫力が高まれば夏風邪だって怖くはありません。
日々の食事の栄養素を考えながら食生活を考えるということ自体も、手っ取り早い効果的な夏風邪対策と言えます。

また、手を拭いたタオルなどを放っておくと夏風邪の原因となるウィルスが繁殖しやすいので、タオルはこまめに洗いましょう。
家族の中に夏風邪に感染している人がいる場合もあるため、タオルの共有は避けたほうが無難です。
あと、帰宅後の手洗いやうがいもこまめにするようにクセをつけましょう。

もし、夏風邪にかかったら

さまざま注意をしていたとしても、それでも夏風邪を引いてしまうこともあります。
その場合、ウィルス性の夏風邪には残念ながら効果的な薬品がありません。
そのため、睡眠をしっかり取って体力をつけることによって、人間が本来持っている免疫力を高めて自然に治るのを待つのが一般的な治療方法と言えます。

もし夏風邪にかかったら、食事は油分を控え、おかゆやスープなどの胃腸にやさしいものを摂ると体力の回復が早くなるでしょう。
ノドの痛みには市販されている「濡れマスク」が効果的です。
下痢や吐き気がある場合は、脱水症状にならないようにこまめな水分補給を心がけましょう。

ただし、人によっては症状の軽度がかなり違うため、なかなか夏風邪が治らないと感じたら、すぐに医師に相談してみましょう!

【Q】今年(2015年)の夏、「夏風邪」を引きましたか?

風邪に関するアンケート
 対象条件:日本全国のモニターさん
 回答者数:1000人(調査日:2015/8/22)

今年(2015年)の夏、「夏風邪」を引きましたか?

「自分または家族が夏風邪を引いた」という方は全体の20.4%となりました。
記事中にもありましたが、暑いままでもバテてしまうし、過度にエアコンで冷やしても冷え過ぎや温度差で体調を崩してしまうし、バランスが難しいところですね。

ですが、対策はつまり、基本的なことです。
温度管理に気をつけつつ、ちゃんと食べてちゃんと寝る。
夏風邪に苦しめられないように、頑張って夏を乗り切りましょう!

格安ネットリサーチ
格安ネットリサーチ