生活の記事

iPhoneやAndroidスマホを紛失しても必ず見つける方法!

iPhoneやAndroidスマホを紛失しても必ず見つける方法!
VNM編集部 生活

スマホをうっかりどこかで落としたり、置き忘れたりすること、気をつけているつもりでもたまにやってしまいますよね。

「会社なような気がするけど、電車で落としたのかな…」と心配になった経験は筆者にもあります。
電話帳のデータやメール内容、アプリのデータなどは無くしてしまうと取り返しがつきません。

でも、まずは焦らずに自宅のパソコンからスマホの位置を特定しましょう!
iPhone(iPadも同様です)もAndroidも、GPSで位置情報を確認できるサービスが用意されていますので、もしもの時のために用意しておくと大変役立ちますよ。

関連:ケータイの紛失・盗難対策は、キーホルダーにアプリでもう大丈夫!!

iPhoneなら「iCloud」で探せる!

iPhoneなら「iCloud」で探せる!
iCloud https://www.icloud.com/

iCloudにログインする

まずはiPhone・iPadですが、appleが提供しているiCloudというサービスを使います。
PCで上記サイトにアクセスして、普段自分が使っているAppleIDでログインしましょう。

すると、PC上で使えるアプリの並んだホーム画面が表示されますので、その中から「iPhoneを探す」をクリックすれば、地図が表示され、手持ちのiOS機種すべての位置が表示されます。

iPhoneを探す
※位置はイメージです

「iPhoneを探す」という名前ですが、iPadやMacBookなどAppleIDでログインしている端末も検索することができます。

端末を見つけるか、見つけてもらうか、データを消すか選べる

iPhoneを探すロック
地図上でだいたいの位置を確認できたら、その先に出来ることは3つです。

1.サウンド再生
家の中にありそうだけど、どこにあるか見つからない!
そんな時は「サウンド再生」を実施すれば、行方不明の端末が音を鳴らし始めます。
かなり大きな音なので、かばんの中やベッドと壁の隙間に入り込んでいても見つけ出すことが出来るでしょう。
音は端末を見つけてロックを解除すれば鳴り止みます。

2.紛失モード
職場やお店に置き忘れているらしい…そんな時は、回収できるまでロックを掛けておくことにしましょう。
「紛失モード」を設定すれば、設定しているパスコードでロックを掛けることが出来ます。
ロックするのと同時に画面にメッセージや電話番号を表示して、端末を見つけた方に電話をかけてもらうことも出来ます。

また、「紛失モード」にした後に端末の位置情報が変わった場合はメールで通知してもらうことも可能です。
電車やタクシーなど乗り物に置き忘れた時や、誰かが故意に持ち去ってしまった時でも位置情報を追いかけられます。

3.iPhoneの消去
最悪の例ですが、位置情報を追いかけていたが、どうやら持ち去られてしまったらしい…ということも残念ながらあるかもしれません。

その場合は、情報の漏洩を防ぐためにすべてのデータを遠隔で消去することが出来ます。
「iPhoneの消去」をすると、アプリや電話帳のデータ、写真や動画などすべてのコンテンツと設定が消去されます。

ちなみに、iTunesでバックアップをこまめにとっておけば、新しい端末を用意すれば復元も可能です!

関連:iPhoneはiTunesとiCloudダブルでバックアップ

「iPhoneを探す」を使うには前もって設定しておくことが必要

「iPhoneを探す」を利用するには、あらかじめ端末側から設定が必要なので確認しておきましょう。
iPhoneを探す設定
「設定」内の「iCloud」の中にある「~を探す」をオンにするだけです。

ちなみに、iPhoneとiPadで使えるアプリも配信されているので、iOSの端末を2台以上持っていれば、パソコンを使わなくても他の端末を探すことが可能です。

AppStore(iOS):iPhoneを探す
※アプリの名前も「iPhoneを探す」です!

Androidは「Android デバイス マネージャー」から探す

Android デバイス マネージャー

Android デバイス マネージャー https://www.google.com/android/devicemanager

Android端末の場合は、Googleが開設している「Androidデバイスマネージャー」というサイトを使います。
上記サイトにアクセスすると、Googleアカウントの入力画面が出ますので、端末にログインしていたアカウントを入力します。
すると、そのアカウントで使用したスマホの位置が表示されます。
こちらもiCloudの場合と同じく、音を出すことやロックをかけたりすることが可能です。

この機能で位置を特定するには、スマホの位置情報をオンにしておく必要があります。
Android設定
「設定」の位置情報をONにしておくだけでいいので、不安な方は万が一の為に設定を確認しておきましょう。

なくしてしまう前に設定を!見つからなければ警察に!

大事なスマホを無くす前に、設定の見直しと探し方の確認をしておくことをおすすめします。
実際に探せることで、焦ってあちこち探しまわることもなくなりました。
100%確実に見つかるわけではないので、本当に見つからない時は警察に相談することも大切ですよ。

【Q】スマートフォンを紛失してしまったことはありますか?

スマートフォンに関するアンケート
 対象条件:スマートフォンを使っているモニターさん
 回答者数:500人(調査日:2015/8/23)

スマートフォンを紛失してしまったことはありますか?

スマートフォンを使っているユーザー500人に調査したところ、スマートフォンを紛失してしまった経験がある方は、「何度もある」「一度だけある」を合わせて19.4%となりました。
およそ5人に1人という計算になります。
肌身離さず持っているつもりでも、うっかり!ということもあります。
もしもの時に備えて、ぜひこうした機能を設定しておくことをオススメします!

ちなみに、マガジン担当の私はよく部屋の中でどこに置いたか見失います(^^;