育児の記事

『37.5℃の涙』で描かれた病児保育は子育てする親を支える味方!

『37.5℃の涙』で描かれた病児保育は子育てする親を支える味方!
VNM編集部 育児

今求められる職業、病児保育士とは?

2015年7月期にTBS系列で『37.5℃の涙』というドラマが放送されました。
椎名チカさんの漫画が原作となっているこのドラマの主人公の職業は、「病児保育士」という耳慣れないものです。

子どもを持ちつつ働く親なら必ずぶち当たる、仕事中に子どもが体調不良となってしまい、調整がつかないという悩み。
このようなピンチに強力な味方になってくれるのが、この病児保育士が行っている病児保育サービスです。

いま親として子育てと仕事の両立を頑張っている方も、これから親となろうとしている方も、
ぜひ知っておくと良いでしょう。

関連:7月新ドラマ情報!人気原作、刑事モノ、話題作続編、気になるのは?

子どもが体調を崩すと親も仕事に行けない

保育園に子どもを預けるとき、高い熱があると預かってもらうことができません。
その基準となるのが、37.5℃。

もしもただの風邪ならば良いのですが、37.5℃を超える熱の場合、感染症に罹っている疑いも出てくるからです。

ただの風邪であれば1日寝ればケロッと治るということも多々ありますが、感染症となると、本当に厄介です。

例えば、インフルエンザ。
学校保健安全法によると、「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児は3日)を経過するまで」登園しないこととあります。
ということは、未就学児童は最短でも7日間、小学生では6日間は自宅療養ということになります。
その間、保育園に預けることは出来ず、病気の子どもを放置して仕事になんて行けないから、親も自宅から出られません。
とはいえ、7日間も仕事を休むなんて現実的には不可能…。

といったような子どもの体調不良の時に、親に代わってお世話をしてくれるのが、病児保育士です。

参考:出席停止期間の最新の基準(インフルエンザ.jp)

病児保育とはどのようなものなのか

病児保育サービスには、病院や保育園に併設された施設型と、自宅に保育士さんが来てくれる訪問型があります。

訪問型で有名なのが、フローレンスという団体です。
当日朝8時までの予約に100%対応してくれ、自宅にてマンツーマンで見てくれるという心強いサービスです。

月会費で会員同士が支えあうという仕組みで成り立っており、入会金2万円、平均で6800円の月会費がかかるそうです。(月会費には個人差あり)
実際にお願いする際には、毎月初回は無料ですが、2回目以降は2000円/時間の保育料がかかります。

ちなみに、フローレンスは大変人気があり、新規募集を限定的にしかしていないようです。
(記事作成時、直近の申し込み受付では、30分で定員の3倍の申し込みがあり、すぐに終了しています)

このように、病児保育サービスは、まだまだ足りていないのが現状です。

参考:認定NPO法人フローレンス
   全国病児保育協議会

求められる働き方の多様化

では、働く親のために、病児保育サービスをやみくもに拡充するのがいいかと言えば、筆者はそれだけで良いとは思いません。
そもそもの「会社に行かなければ成立しない」というワークスタイルを、見直すときが来ているのではないでしょうか。

子育てだけでなく、家族を介護しなければならないケースも増えてきているので、やむを得ない事情のときには、社員が自宅でも仕事をできるような環境を整えるべきだと思うのです。

インターネット、スカイプ会議、今なら遠隔でできることはたくさんあります。
特に、女性の社会進出を推し進めるならば、早急に求められることではないでしょうか。

親が家にいて、仕事と子どもの世話ができれば、子どもの安心感も違うでしょう。
また、病児保育サービスを何度も利用するよりも、経済的負担もずっと軽くなります。

病児保育のような仕事をする親を支えるサービスと、子育てをする親の手助けとなる環境、その両輪が必要なのではないでしょうか。

働く親の強い味方

働く親だって、なるべく子どものそばにいて、特に体調の悪い時などは、ずっと世話をして早く治してあげたいと思うものです。
けれど、会社を毎回休むわけにはいかない。同僚にも迷惑がかかる。

筆者の家も核家族ですが、なかなか子育てと仕事の調整が大変な中、病児保育はとてもありがたいサービスです。
うまく活用して、子どもになるべく負担をかけずに、働き続けられたらなと思っています。

【Q】「病児保育」が厚生労働省に正式に定義づけられた2000年以降に
「病児保育」を利用したことはありますか?

保育に関するアンケート
 対象条件:2000年以降に対象となる子供がいるモニターさん
 回答者数:315人(調査日:2015/9/4)

「病児保育」を利用したことはありますか?

「病児保育」を利用したことがあるかどうかを調査しました。利用経験がある方は14.3%という結果になりました。

グラフにはしていませんが、1000人のボイスノート会員に「病児保育」を知っているかという調査では、知っていると答えたのは全体の24%。
『37.5℃の涙』をきっかけに知ったという方がほとんどでしたが、まだまだ認知度が低いものであることは間違いなさそうです。
記事中にあったように、ワークスタイルの見直しと合わせて、こうした親を支える仕組みが早く整っていくことが望まれますね。

格安ネットリサーチ
格安ネットリサーチ