健康の記事

お風呂で溺れるのは交通事故と同じ割合!?入浴時は気をつけて!

お風呂で溺れるのは交通事故と同じ割合!?入浴時は気をつけて!
VNM編集部 健康

不思議! お風呂で「溺死」って考えられますか?

1日の疲れを癒やしてくれるお風呂。
シャワーだけで済ませてしまうこともありますが、ゆっくりと浴槽に浸かってリラックスするのはやはりとても良い時間です。

そんなお風呂で溺れて亡くなってしまうという事故のニュース、残念ながらたまに見掛けますよね。

なぜ、浴槽で溺死してしまうのでしょうか?
川や海、身長よりも深いプールならまだ理解できますが、浴槽の高さは一般家庭のお風呂であればどんなに高くても70cm~80cmぐらい。
中に張るお湯の「水深」はもっと浅くなるはずです。
もちろん、足が付かないというような深さではありません。

そんな状況でなぜ「溺死」をする人がいるのでしょうか?
今回は気持ち良いけどそんな危険のあるお風呂について、調査してみました。

関連:夏の睡眠不足解消はやっぱりお風呂!ゆっくり入浴で快眠を招こう
   立ち仕事疲れの足のむくみはお風呂や足浴でゆっくり解消しよう![PR]

お風呂で溺死する確率は、交通事故と同じくらい!?

週刊ポストが「死ぬ確率」として、さまざまな死因の1年間10万人あたりの死者数をまとめた記事があります。

例えば、航空事故で亡くなる方は10万人中0.0097人、蜂に刺されて亡くなる方が0.015人などというように表されるわけですが、交通事故で亡くなる方は3.2人、そして風呂で溺死する人は3.1人なんだそうです。
浴槽での死亡事故と交通事故の死亡事故は、ほとんど同じ確率で起こりうるということが言えそうです。

全日本交通安全協会の統計によると、2014年の日本の交通事故死亡者数が年間4,113人とのこと。
ほぼ同じくらいの人数がお風呂で亡くなっているという計算になります。

参考:○○で死ぬ確率 海、山、噴火、交通事故、風呂溺死など一覧(NEWSポストセブン)
   平成26年中の交通事故死者数(一般財団法人 全日本交通安全協会)

原因はお風呂でのウトウト

実は筆者も一度だけお風呂で危険な目に遭ったことがあります。
筆者はシャワーよりも浴槽が大好きで、毎日欠かさず浴槽にお湯を溜めて浸かるのですが、一度だけ浴槽に浸かりながら熟睡してしまったのです。

熟睡といっても5分ほどウトウトしているくらいのつもりだったのですが、しばらくしてはっと気が付くと、全く呼吸ができませんでした。

そう、顔が浴槽に浸かってしまったのです!
すぐに呼吸をしたくて顔を上げようとしたのですが、体が思うように動かないのです。
しばらくもがき苦しみながら、ようやく顔を水面から出すことが出来たのですが、まさに死にかけるところでした。

その日以来、お風呂で眠ることはやめました。

溺死するメカニズム

実は、医学的に言えば、お風呂で気持ちよくなってウトウトしている状態は「睡眠」ではなく「失神寸前、気絶」している状況に似ています。

およそ42℃を超える熱いお湯に入ると、「驚愕反応」という現象が身体に起こります。
これは、熱さに驚いた身体の末梢血管が収縮して血圧が上がることを指します。
この時に脳卒中や心筋梗塞を起こしてしまう方もいるそうです。

上がった血圧は、今度は一気に下がり始めます。
その原因は大きく2つ。
「驚愕反応」の反動で上がった血圧を元に戻すどころかそれ以上に下げすぎてしまうという性質がひとつです。
もうひとつは、熱いお湯に入った時には身体が赤くなるのと同じ原因です。
身体が赤くなるのは、皮膚近くの末梢血管が開いてそこに血液が集まっているからで、それにより身体の隅々に血液が流れていくため、血の圧力である血圧は下がることになります。

急激に血圧が低下すると、脳に血液が行き届かなくなり、それが意識障害=失神を引き起こしてしまうのです。
自分では気持ち良く寝ているつもりでも、実はそれは「意識障害」である可能性が高いということなんです。

その状態では、もしも急に目が覚めたとしても、筆者が体験したように自分の体をコントロールできなくなってしまいます。
顔が水面下に入ってしまっていたら、気づいたときには水の中で息ができなくなり、意識があっても体が自由に動かずに死んでしまうということになってしまうかもしれません。

参考:お風呂大変身! 超快感・安全入浴術(ためしてガッテン)

お風呂場で危険を防止するには?

気持ち良い反面、思わぬ危険がお風呂にはあるということです。
とは言いつつも、それでもやっぱりお風呂でのウトウトは気持ちが良くてなかなか止められない!と思っている人は多いと思います。

1.入浴時間に気をつける!

お風呂に入る時の体調は大事です。
極端に睡眠不足な時や、食事・飲酒直後の入浴は避け、長風呂はなるべく避けて入浴時間は15分以内をメドにすると良いでしょう。

2.浴槽に手すりをつける

お風呂での事故はお年寄りにも多く見られるので、バリアフリー化を兼ねて浴槽に「手すり」を取り付けるのも効果的でしょう。

3.お風呂用まくら!?

いやいや、どんなに気をつけたって寝てしまうんだ!という方は、思い切ってお風呂用のまくらを使ってみるというのはいかがでしょうか?
探してみたらこんなものがありました!

SUNPAC つぼまくら
http://www.sunpacshop.com/shopdetail/000000000010/

バスタブは滑りやすいので、頭を枕で固定することによって顔が浴槽に落ちることを防いでくれるまくらです。
「つぼまくら」という名称の通り、ゆっくり入浴する際に首ツボを気持ち良く刺激してくれるんだそうです。

もちろん、あくまでもこれを枕にして熟睡して良いというものではないので、気をつけてくださいね!

お風呂は疲れを癒やしてくれるところ!

お風呂場は本来、疲れを取って、体をリフレッシュさせる場所。
そこで体調を崩したり命の危険にさらされたりしては元も子もありません。

安心して心も体も健康的に癒せるように今一度、自宅のお風呂場やご自分の入浴スタイルをチェックしてみてはいかがですか?

【Q】入浴中に寝てしまった時間、最長でどのくらいですか?

お風呂に関するアンケート
 対象条件:日本全国のモニターさん
 回答者数:306人(調査日:2015/9/10)

【Q】入浴中に寝てしまった時間、最長でどのくらいですか?

ボイスノート会員1000人に「入浴中に寝てしまった経験」の有無を伺ったところ、306人が「寝てしまったことがある」と回答しました。
その方々に、寝てしまった最長時間を伺ったのがこのグラフです。
2時間以上寝てしまったという方も2.6%!
命の危険もですが、シンプルに風邪を引いてしまうという危険もありますので、
皆さんくれぐれも気をつけてくださいね!
でも、何故かお風呂で寝るのって、気持ち良いんだよなぁ…
格安ネットリサーチ
格安ネットリサーチ