健康の記事

歯磨きはいつ、どのようにするのが正解?朝イチの口臭の原因は?

歯磨きはいつ、どのようにするのが正解?朝イチの口臭の原因は?
VNM編集部 健康

正しい歯磨きのタイミング、方法とは?

「8020運動(ハチマルニイマル運動)」という言葉、聞いたことはありますか?
日本歯科医師会と厚生労働省が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。
20本歯があれば、食べ物の咀嚼(そしゃく)がちゃんと出来るので食生活にほぼ満足することが出来ると言われていることから、「80歳で20本」という目標値が設定されているそうです。

その目標を達成するには、歯磨きなどの毎日のお手入れが大事です。
でも、ただ闇雲に歯磨きをすれば良いというわけではありません。

正しい歯磨きのタイミング、方法を改めて確認してみましょう!

参考:8020運動(公益社団法人 日本歯科医師会)
関連:抵抗力・免疫力アップで健康維持!毎日の習慣にしたい3つの予防策[PR]

いちばん口の中が汚れているのは、寝起き!

朝、ベッドや布団から起きた直後、あなたはまず何をしますか?
テレビをつける、顔を洗う、水を飲む、とりあえず何か食べちゃう・・。

実は、寝起き直後が最も口の中が汚れている瞬間なのです。
朝起きたばかりの家族や自分の口が臭いなと思ってことはありませんか?

口の中には300~700種類の細菌が生息していると言われていますが、寝ている間に口の中が乾き、この細菌たちが一気に繁殖してしまいます。
これが朝の口臭の原因であり、口の中が汚れている証拠なのです。

何もせずに食べたり飲んだりしてしまうと、口の中の雑菌をすべて飲み込んでしまうことになります。
朝起きたら、まず歯磨き、または口の中をゆすぐようにしましょう。
いわゆる「デンタルリンス」も効果的です。

参考:朝起きて口が臭い原因と対処(セルフホワイトニング専門店whitening me新宿)
   寝起きの口臭はなぜ起こるか?どうすれば起床時口臭は少なくできるか?食後の歯磨きについて(ほんだ歯科 Dr.HONDAの口臭バイブル)

唾液のチカラで口の中を綺麗にしよう

歯磨きについてよく言われることは、「食べたらすぐ歯を磨く」ということ。
子供の頃からそう教えられて、実践してきている方も多いかと思います。

しかしこれは、必ずしも正しいとはいえないようです。
上の参考欄でも紹介しているほんだ歯科の本田俊一先生が書かれた『長生きする人は唾液が多い』という本によると、食事の後酸性になっている口の中を中和してくれるのが唾液なんだそうです。
そのため、食べた後にはすぐ歯を磨くのではなく、ガムを噛んだりタブレットを口にしたりすることで唾液の分泌を促すのが良いとのこと。

唾液は口の中を中和するだけでなく、口の中に残った食べかすを言わば「洗い直す」という役目も担っているようです。

寝起きに細菌たちが繁殖しているのも、寝ている間は唾液の分泌が減って口の中が乾いてしまうため。
唾液を上手に活用(という表現は何か変ですが)するのが大事なようですね。

ちなみに、寝た後に細菌が繁殖するわけですから、寝る前の歯磨きはとても重要です。
歯磨きと合わせて、寝る1時間くらい前からはできるだけ飲食は控えるようにしましょう。

どうやって磨くのが良い?

次は、正しい歯磨きの方法について見てみましょう。
歯磨きは、年齢や歯、口内の状況などによって適切な方法が異なります。

「8020運動」を提唱している日本歯科医師会のHPに歯磨きについてのアドバイスをしてくれるページがあるので、これを参考にしてみましょう。

あなたにピッタリな歯のみがき方を探してみよう!(公益社団法人 日本歯科医師会)
http://www.jda.or.jp/hamigaki/index.html

ページにアクセスすると、まずは自分の年齢・性別など自分に当てはまるものを選びます。
あなたにピッタリな歯のみがき方を探してみよう

すると問診票のような画面が出てくるので、質問にひとつずつ答えていきます。
あなたにピッタリな歯のみがき方を探してみよう

すべて回答したら下にある「あなたの歯のみがき方はこちら」をクリックすると、選んだ症状に合わせたアドバイス、関連する記事を紹介してくれます。
あなたにピッタリな歯のみがき方を探してみよう03

ここから飛べる記事はさすがに「日本歯科医師会」のページだけあって、読み応えのあるものばかりです。
さらっと見て全ての情報を取り入れることは難しいと思うので、それこそ歯磨きをしながらでも少しずつ読んでいくと良いかもしれませんね。

80歳まで20本を保つ!

冒頭でも紹介した「8020運動」ですが、平成23年の厚生労働省の調査では、「8020」を達成しているのは38.3%だったとのことです。
過去最高の数値とのことですが、裏を返せば残りの61.7%の方は80歳時点で20本を達成できなかったということ。
歯を守るというのはいま漠然と思っている以上に大変なことなのかもしれません。

寝る前と寝起きはしっかり口の中をキレイにして、日中は唾液の分泌を促すようにする。
これだけでも歯のケアについては一歩前進出来るのではないでしょうか。

歯がうまく使えないと、きっと食事も美味しく楽しめないですよね。
8020運動達成のためにも、頑張りましょう!

参考:平成23年歯科疾患実態調査(厚生労働省)

【Q】あなたが普段歯磨き(またはマウスウォッシュ)をするのはいつですか?(複数回答可)

歯磨きに関するアンケート
 対象条件:日本全国のモニターさん
 回答者数:1000人(調査日:2015/9/10)

あなたが普段歯磨き(またはマウスウォッシュ)をするのはいつですか?

ボイスノート会員の皆さんに歯磨きについて調査したうち、どのタイミングで歯磨きやマウスウォッシュを行うか伺ったものです。
最も多かったのが「寝る前」の51.6%、次いで「朝食後」が44.8%、そして「朝起きてすぐ」が31.6%となりました。
記事中にあったように、最も口の中が汚れているのは「朝起きてすぐ」です。
寝起きで口が乾いているから何か飲みたい、という気持ちもわかりますが、まずは口をゆすぐだけでも違いますよ!
格安ネットリサーチ
格安ネットリサーチ