健康の記事

シャンプーし過ぎは肌に良くない?成分や洗い方を見直してみよう

シャンプーし過ぎは肌に良くない?成分や洗い方を見直してみよう
VNM編集部 健康

肌に良いシャンプーや洗顔料ってどんなもの?

巷にあふれるヘアケア&スキンケア商品、どのような基準で選んでいますか?
香りの良いもの、天然成分でつくられているもの、洗浄力など、様々あると思いますが、「肌に良い」という点を気にしている方は多いのではないでしょうか。

しかし、製品によっては、含まれている成分によりかえって肌に良くないというものもあるようです。
それは一体どういう成分なのか?
どうすることが肌に良いのか?
子育て中のママライターが調べてみました。

関連:ニキビは若い子のものだけじゃない!肌を大人ニキビから守るには[PR]
   『37.5℃の涙』で描かれた病児保育は子育てする親を支える味方!

シャンプーは肌に良くない?

ネットで検索していると、シャンプーや洗顔料の主成分である洗浄成分について「安価で粗悪な成分だ」とか、「発ガン性や毒性がある」とか、いろいろと出てきます。

その成分は、「ラウレス硫酸ナトリウム」というもの。
特にシャンプーでは、ドラッグストアなどで買えるほとんどの商品で使われているようです。
もちろん、そのように一般的に使われているものなので、すぐに何か悪い症状が出るといったものではないのですが、「洗浄力と脱脂力がとても強い」というのは事実のようです。
そのため、敏感肌の人で、肌荒れを起こしてしまうケースがあるとのことです

使い過ぎないとか、使ったらしっかり洗い流すといった点に気をつければ大丈夫なようですが、気になる方は危険性についてまとめてあるサイトなどを確認してみるのも良いかもしれません。
(ただし、あまり一方的な情報だけ信用するのも良くないので注意しましょう)

参考:美容師も知らない!あなたのシャンプーが髪と頭皮と肌にクッソ悪い理由をまとめて解説 – NAVER まとめ

肌に優しい洗い方とは?

筆者は元々、肌は頑丈で荒れにくいほうなのですが、妊娠中にシャンプーについて考える出来事がありました。

お腹が大きくなるにつれ入浴やシャンプーが本当に億劫になって、臨月の頃には、さすがにお風呂は毎日入るもののシャンプーは1日おきになってしまっていました。

ところがしばらくして、「あれっ、なんか毎日洗うより髪が元気いい気がする」と気づいたのです。
不思議に思ってネットレベルですが調べてみると、前述の「洗浄成分」の話にたどり着きました。
そこで、毎日まじめにシャンプーすることで、過剰に皮脂を洗い流してしまっていたのではないかと思い当たったのです。

「シャンプーで髪を洗うべきではない」と断言できるほどの違いを感じたわけではありませんが、頭皮の乾燥や、髪に潤いが少なくてパサパサと感じている方は、「1日おきシャンプー」を1週間ほど試してみてはいかがでしょうか。

洗顔にはベビーシャンプー?

その後子どもが生まれると、今度はお風呂でゆっくり体を洗っている暇がなくなりました。
子どもを脱衣場で座らせて待たせ、自分の体を高速で洗い、次に子どもの体を洗ってヘトヘトでお風呂を出るというような入浴タイムです。

髪は1日おき(たまに2日おき)、体も顔も雑な洗い方だったのですが、ある日、今度は洗顔料の買い置きがなくなっていることに気付きました。
真夏、皮脂でベトベトだったので、さすがに水だけで済ますわけにもいかず、思わずそこにあったベビーシャンプーで顔を洗いました。

すると、つっぱり感もなく、意外と良かったのです。

あとでベビーシャンプーの成分を見てみると、石鹸水をベースに何種類かの精油が入っているという、なかなか贅沢なものでした。

大人の体を洗うには少し洗浄力が物足りないとは思いますが、洗顔に使うのであればベビーシャンプーも使えそうです。
価格も450mlで800円程度とだいぶ安価で経済的なので、最近では家族でベビーシャンプーを使っています。

参考:ボディ用シリーズ・アラウベビー(無添加せっけんとハーブのアラウ)

過剰な衛生観念が逆に良くない

子どもが生まれる前は、髪も顔も体もきっちり洗って、垢をきれいに洗い流していました。
でも、最近は、本当に雑でひどいです。
子供が吐いたものが髪に掛かって汚れても時間がなくてお湯で洗い流すだけでとりあえず済ませてしまうとか、体を洗う時もボディシャンプーを使うけど20秒ほどで終了とか。
それでも一応は毎日お風呂には入っているからか、意外と不潔にはならないものです。

垢を完璧に洗い流すことは不可能です。
洗い終わった直後だって、体の新陳代謝は止まらないのですから。

多少汚れが残っていようが、それを排出する機能は人間の体には備わっているということを、最近身をもって実感しています。

「汚れは徹底的にしっかり落とすべきもの」と考えすぎてしまうことはかえって良くないのかもしれません。
特に子育てを始めて実感しています。
お子さんがいる人もいない人も、一度お風呂の入り方、体の洗い方を見直してみてはいかがでしょうか?

まあ、本当はゆっっっっっくりとお湯に浸かって、疲れもしっかり取りたいところではありますが・・・。

【Q】シャンプーやボディソープ、洗顔料などを選ぶ基準を教えてください。(複数回答可)

シャンプーに関するアンケート
 対象条件:日本全国のモニターさん
 回答者数:1000人(20代・30代・40代・50代・60代各200人、調査日:2015/9/18)

シャンプーやボディソープ、洗顔料などを選ぶ基準を教えてください。

ボイスノート会員1000人、世代別に調査しましたが、シャンプーなどを選ぶ基準はどの世代も「価格」「メーカー・ブランド名」「成分」が上位3つとなりました。
最近は価格もピンキリで、どれを選んで良いのかわからないことも多々あります。
しかし、高いか安いかだけでなく、自分に(家族に)合う用法や成分などをちゃんと見極めていくことも重要なポイントのようですね。
格安ネットリサーチ
格安ネットリサーチ