恋愛の記事

あなたの婚活、間違っていませんか? 結婚は恋愛とは別モノだ![PR]

あなたの婚活、間違っていませんか? 結婚は恋愛とは別モノだ![PR]
VNM編集部 恋愛

婚活希望者急増中!「家族になろうよ」って言いたい!言われたい!

2015年の夏から秋にかけて、有名芸能人の結婚発表が続きました。
山本耕史さんと堀北真希さん、福山雅治さんと吹石一恵さん、千原ジュニアさん、爆笑問題の田中裕二さん、TEAM NACKSの戸次重幸さんと市川由衣さん、などなど挙げていくとキリがないと思えてしまうほど。

その流れを受けて、「婚活始めなきゃ!」と慌てて動き出した方も多いのではないでしょうか?

でも、「婚活」って何をすれば良いの?
合コン?お見合い?

今回は、「婚活」とはつまり何なのか?どうしていけば良いのか?
以前にもご協力いただいた、結婚相談所エバーパートナーズさんのご協力のもと「婚活」について考えていきたいと思います。

参考:出会いのチャンスを逃さない!婚活するなら結婚相談所も選択肢に
   結婚相談所を選ぶポイントは親身になってくれる「お世話力」!?
   

実際「婚活したい!」という人は増えている!

【Q】最近の芸能人結婚ラッシュを見て、「結婚」に対する思いに変化はありましたか?

 結婚への意識に関するアンケート
対象条件:日本全国の未婚で30代・40代のモニターさん
 回答者数:男女各200人 (調査日:2015/10/23~28)

最近の芸能人結婚ラッシュを見て、「結婚」に対する思いに変化はありましたか?

今回は、ボイスノート会員の未婚男女200人にアンケートを行いました。
まずは冒頭で触れた「芸能人の結婚ラッシュ」についてです。
結婚したい気持ちが「高まった」「やや高まった」と回答したのは男性が約15%、女性が約32%となりました。

エバーパートナーズの上杉さんにも伺ったところ、夏頃から結婚報道が新たにあるたび、「婚活したい」といった、お店への問い合わせも増えたそうです。
幸せな報道を見聞きしたことで、「結婚」というものに思いが強くなる気持ち、わかる気がします。

【Q】現在、(交際相手の有無にかかわらず)結婚したい気持ちはどの程度ありますか?

現在、(交際相手の有無にかかわらず)結婚したい気持ちはどの程度ありますか?

続いては、現時点で「結婚したい」という気持ちがあるのかを伺いましたが、結果はご覧のとおり。
男性も女性も、30代・40代の独身のうち半分以上の方は「この先も結婚するつもりはない」と回答しています(男性63.5%、女性50.0%)。
その一方で、「かなり結婚したい」「結婚したい」と考えているのは男性がおよそ4人にひとり、女性はおよそ3人にひとりという結果となりました。

そしてもうひとつ、「婚活として何をしているのか」を聞いてみました。

【Q】「婚活」の一環として行っていることは何ですか?(複数回答可)

 対象条件:現在「婚活」を行っている方
 回答者数:男性36人、女性31人

「婚活」の一環として行っていることは何ですか?(複数回答可)

いくつも選択肢を用意した中で多かった5つは、「結婚相談所に登録」「婚活系マッチングサイトに登録」「恋人探しが出来るマッチングサイトに登録」「街コン・お見合いパーティーなどに参加」「友人から紹介してもらう」となりました。

ところが、上杉さんによると「間違った婚活のしかたをしている人が実は多い」んだそうです。
それは一体どういうことなんでしょうか?
この質問で上位5つに入った中にも「婚活としては・・・」なものが紛れているようです。
皆さん、わかりますか?

あなたは「結婚したい」?「恋愛したい」?

「婚活」は「就職するための活動→就職活動→就活」と同様に、「結婚するための活動」のことを指します。
あくまでも「良い人と結婚」を見据えているのが「婚活」であって、「良い人と出会う」「良い人とお付き合いする」のは「婚活」ではないということなんです。

同じように、最終的には結婚をするとしても、そのルートが異なります。

・恋愛:出会う→相性の良さそうな人とお付き合いする→条件がうまく合えば結婚
・婚活:お互いに条件の合う人と出会う→お付き合いする→相性が良ければ結婚

「条件の合う人」と聞くと「カネ目当てか!」とかなんとなく打算的なイメージを抱いてしまいがちですが、必ずしもそういうことではありません。
「結婚して良い家族を築いていくこと」を目標にするのであれば、恋愛の駆け引きではなく、自分の将来を考える中で、その実現に適した環境の方をまず探して、双方がそれをクリアした上で会うほうが、自分にとってより良い結婚相手を見つけることが出来るのではないでしょうか?

逆にいえば、「良い恋がしたい!」とあなたが思っているのであれば、「婚活」は不向きかもしれません。
エバーパートナーズさんにも、それこそ芸能人の結婚ラッシュを受けて連絡をしてきた中にも「恋愛」をしたいという方が少なくなかったそうですが、そういった方には「もし「婚活」をしたくなったらまた来てください」とお伝えしていたそうです。

恋愛と結婚は、やっぱり別モノです。
あなたが今求めているのは、「恋愛」ですか?「結婚」ですか?

「お付き合いしても好きになれない・・・」

以前、エバーパートナーズの上杉さんの元に、「異性とお付き合いしても、その人を好きになれない」と相談に来た女性がいたそうです。
聞けば、本人は早く結婚したいし、早く子供が欲しいと考えているとのことでした。

「異性を恋愛対象でなくて、「夫」や「父」として見ているっていうことなんですよね。そういう人こそ、婚活が向いていると思います」と上杉さんは言います。
「一緒に家族として生活していけるための条件が合う人と出会って、そこから始まれば良いんです。むしろ、条件が合うところからスタートして、そこから好きになっていくので、結婚してからもずっと楽しいはずですよ」とのこと。

実際、結婚相談所業界で追跡調査をしたところ、恋愛結婚よりもお見合いなど婚活を経て結婚した夫婦のほうが、離婚率は圧倒的に低いそうです。

「もちろんケンカをすることもあるでしょうが、同じ将来を見据えているから、別れるまでには至らないんじゃないでしょうか」ということだそうです。
「結婚」をまず目標とするのであれば、合コンや紹介に頼って闇雲に相手を探すよりも、相談所に相談することは良い手立てなのかもしれないですね。

ちなみに相談に来たその女性は、無事に良いご縁に恵まれたそうです。

条件にしっかりと向き合ってくれる!

エバーパートナーズでは、なんと初回のカウンセリングは無料
エバーパートナーズさんでは、同年代のアドバイザーがしっかりと相談に乗ってくれます。
条件についてももちろんです。
例えば「年収500万円以上」の人を条件として探していたとしても、「年収490万だけどぴったりな人」がいれば、その人をご紹介することもあります。
機械的に絞り込むわけでなく、あなたと向き合ってお話しをしていく中で結婚相手を見つけていくことが出来るのは、エバーパートナーズならではでしょう。

エバーパートナーズでは初回無料カウンセリングを実施しています。
「将来こういう生活を考えているんだけど、そういう条件を満たす人っていますか?」とまず相談してみるのも良いのではないでしょうか。
会社や自宅の近くなどの駅まで出張してくれるサービスも行っているようです。
詳しくはぜひ一度お問い合わせしてみてください!

協力:婚活サポート エバーパートナーズ

格安ネットリサーチ
格安ネットリサーチ