健康の記事

救急車を呼ぶ前に出来ることは?急な病気やケガでも、慌てる前にできることを!

救急車を呼ぶ前に出来ることは?急な病気やケガでも、慌てる前にできることを!
VNM編集部 健康

救急車出動件数は年々増加中

ニュースなどで話題になっていますが、救急車出動件数は増加傾向にあるようです。
東京消防庁の発表では、2013年の出動件数は、前年比1%増で約75万件と、過去最高になったとのこと。
42秒に1回の割合で出動した計算だそうです。
出動件数増加に伴い、人手不足から、病院到着までの時間も延びているそうです。
このような現状から消防庁は、緊急性の低いときは救急車を呼ぶのを控えてほしいと言っています。

とはいえ、急なケガや病気は、いつ起きるかわかりません。
パニックになり、慌てて119番する前に、できることをいくつかご紹介したいと思います。

参考:救急車の適正利用にご協力を!(東京消防庁)

救急車を呼ぶ前に出来ること

救急車を呼ぶべきか、電話相談できる

「夜中に急にお腹が痛くなった」「高熱が出て起き上がれない」など、救急車を呼ぶべきかどうかの判断がつかない場合に、役立つ相談窓口があります。
例えば東京都の場合、#7119に電話をかけると、以下の様なことが相談できるそうです。

○症状に基づく緊急性の有無のアドバイス
○受診の必要性に関するアドバイス
○医療機関案内
○応急手当に関するアドバイス

自治体ごとに番号が違うようなので、以下のサイトで確認してみてください。
参考:一般救急相談センター(病院検索ホスピタ)
   救急相談センター(東京消防庁 ※東京都の場合)

   

子どもの急な病気には専門窓口がある

夜間や休日に起きる子どもの急な発熱などは、病院へ行くべきか様子を見るべきか悩むことがよくあります。
慌てて夜間担当病院に駆け込んだのに、既に熱が下がってケロッとしているなど、ドッと疲れるような展開も。
逆に、一旦様子を見て朝起きてから病院へ行こうと思っていたら症状が悪化してしまったなど、親でも判断のつかないケースばかりです。

そんなときに頼りになる、#8000という専用窓口があります。
子供の急な病気にどう対応したら良いのか困ったときに、小児科医師や看護師に電話で相談ができるというものです。

こちらは、全国どこでも同じ番号でつながりますが、自治体ごとに受付時間に違いがあるので、厚生労働省のサイトで確認してみてください。

参考:小児救急電話相談事業(#8000)について(厚生労働省)

応急処置を学ぼう

救急車を呼ぶ際、救急車をが来るまでに適切に応急処置できたかどうかで、救命率が変わってくることがあるそうです。
筆者はたまたま、娘と遊びに行った児童センターで講習会があり、主に子どもの応急処置でしたが、学ぶ機会がありました。

例えば、窒息。
ものが喉に詰まった際は、とにかく詰まっているものを出すことが重要です。
背中から抱きかかえ、みぞおちの前で片手をグーにして手を組み、上に向かって圧迫する。
もしくは、下を向かせ背中を強い力で叩いて出すなど、ぎょっとする方法ですが、救命士さんいわく、
「背中を叩いて死ぬ人はまずいない。けど、息ができなかったら死んでしまう」
と、心を鬼にして詰まっているものを出すようにとのことでした。

また、お店や公共施設に設置されている、AEDの使い方も教えてもらいました。
AEDは心停止が起きたとき、心肺蘇生を行う応急処置の機械です。
AEDは持ち運ぶことができるので、万が一に備えて、自宅や職場から一番近くのAED設置場所を把握しておくといいそうです。

応急処置の講習会は、各自治体や消防署で行っているので、お近くの機関に問い合わせてみてください。

参考:AEDを使った心肺蘇生(オムロンヘルスケア株式会社)
   救命講習のご案内(東京消防庁

いざというときに慌てないために

「救急車を呼ぶ前に」をテーマに書いてきましたが、消防庁のページには、「緊急に病院に行く必要があると思った場合には迷わず119番を」ともありました。

明らかな軽症や、タクシー代わりに救急車を呼ぶのは論外ですが、緊急性があるかどうか、素人には見極めるのが非常に難しい場合が多々あります。
少しでも正しい判断に近づけるため、日頃から自分や家族の体調を気にしておくことが大事なのではないでしょうか。

娘を小児科に連れていくと、「普段と違うことはありますか?」と医師から聞かれます。
ウソのような本当の話ですが、母親の勘は、ほぼ当たるのだそうです。
母親でなくとも、自分や家族の「普段」をきちんと把握し、急な病気やケガも慌てずに対応したいですね。

ライター:やまかわじゅり
akairuka子どもとトイプードルに振り回される、新米ママです。
親バカにはならないぞと思っていましたが、子どもの動画でスマホが一気にパンパンになりました。
Twitter: @jymkw 

【Q】救急車・救急に関することで当てはまるものを選んでください(複数回答可)

救急車に関するアンケート
 対象条件:日本全国のモニターさん
 回答者数:1000人(調査日:2015/12/8)

救急車・救急に関することで当てはまるものを選んでください(複数回答可)

 「救急車で運ばれたことがある」「救急車を呼んだことがある」と回答した方がどちらも約3割いる中、
 記事中でも紹介した「相談窓口」を知っている人は1割にも満たないことがわかりました。
 また、「応急処置講習会」に参加したことがあるのも約1割程度。
 自分の周りでいつ何があるかわかりません。「その時」に備えて、知っておく・学んでおくことは大事かもしれませんね。
格安ネットリサーチ
格安ネットリサーチ