お金の記事

節約するのは何のため?具体的かつ実現可能な目標を立ててみよう

節約するのは何のため?具体的かつ実現可能な目標を立ててみよう
VNM編集部 お金

家計の節約の第一歩は、家計簿をつけることです。
ただし、あくまでも忘れてはいけないのが、家計簿というものは「家計簿をつけること」が目的ではなく、「家計簿をつけることで家計の無駄を見つけていくこと」が目的です。

なかなか家計簿をつけることが習慣にならないとか、モチベーションが上がらないといった方は、家計簿をつけて節約をすることで何を目指しているのか、その目的がはっきりしていないのではないでしょうか?

今回は、家計簿をつけるその前段階として、「何を目的としているのか」を見つけてみましょう。

節約はダイエットと同じだ!

「◯円貯める」具体的に目標を決める

ダイエットを成功させるコツのひとつに、若いころ(細かったころ)に着ていた服を見えるところに用意して、「あの服をまた着られるようになりたい」と強く思うこと、という話を聞いたことがあります。
漠然と「痩せなきゃ」と思うよりも、「あと◯kg、あと◯cm痩せる」と具体的に目標を決めることでモチベーションが上がります。

節約も同様です。
漠然と「お金貯めなきゃ」「節約しなくちゃ」と思っているだけよりも、「◯◯するために節約する」「◯◯のためにお金を貯める」と具体的に目標を決めることが必要です。

無茶な目標を設定しない

ここでひとつ肝心なのは、「無茶な目標を設定しない」ということです。ほとんど貯金が出来ていない生活の段階から、いきなり「2000万円貯金!」としたところで、長続きはしません。
「北川景子になりたい!」と思っても、そこまで辿り着かずにダイエットを断念してしまうのと同じです。

これまでまともに貯金が出来ていなかったのであれば、例えばまずは5万円でも10万円でも、実現しそうな目標を定めて、「目標を達成する」ことを積み重ねていきましょう。
そこで家計簿をつけ始めてみたり、節約生活を始めてみたりする中で、これは安く抑えられるけどそのかわりここは譲れない、などが自分の中で見えてくるはずです。
その中で優先順位を決めつつ、出来る節約を確実に行なっていきましょう。

目標を家族で共有する

もし家族で生活をしているならば、自分だけで節約を頑張るのではなく、家族を巻き込んでいきましょう。
一緒に貯金の目標を決めたり、目標を達成できたらご褒美があったりしても良いでしょう。
チームワークで頑張れるほうが、節約に取り組みやすく、達成感もあります。
節約するのは何のため?具体的かつ実現可能な目標を立ててみよう

決して無理はしない

これもダイエットと同じかもしれませんが、決して無理はしてはいけません。
お金を貯めるために、日々無理をし過ぎても、何のためにしていることなのかわからなくなってしまいます。
日々を楽しく過ごしながら、将来や目標のために節約をするというのが理想なのです。

家族の年齢、生活のスタイルによっても、何にお金を使うかという意味合いは変わってきます。
お子さんとの思い出作りができる時期にはレジャー費を惜しみ過ぎないとか、家族の健康にかかわることにはお金を惜しまない、などのルールを決めておくと良いでしょう。

ネット上の公開家計簿からヒントを得る

インターネット上には、色々な家計簿や節約術の情報が溢れています。
実際に家計簿をありのままに公開されている方もいます。
公開することで目標を達成するモチベーションにしているという面もあるだろうと思いますが、そういう方の家計簿は実際とても参考になることが多いです。

参考①:低収入の1ヶ月やりくり家計簿公開

http://popocyokin.seesaa.net/

1000万円の貯金を目指して、三人暮らしで23万円の収入の中から貯金をされている方のブログです。毎月の家計簿を具体的な金額で記録しているので、とても参考になります。

参考②:4人家族のお金が貯まる暮らし方。

http://mai-happy.com/

こちらはお子様が2人、4人家族の方の家計簿記録です。
家族構成や年齢などにもよって収入や支出も異なるので、自分の家庭と似ている家計簿を探すと目安になるかもしれません。
こちらの家庭は、2015年時点で小学2年生と幼稚園(3歳)のようです。
目的別に積立てなどもされていて、とても計画的だなという印象です。いつかはこのくらいちゃんとやりくりが出来るようになりたいですね。

まずは目標を決めてみましょう!

頑張っている方のブログを読むと参考になる一方で焦ってしまう気持ちも湧くかもしれませんが、あくまで参考程度に留めておいて焦らずに、自分の(自分たちの)出来る目標を決めてみましょう。

そこから、節約生活が始まるのです!

【Q】あなたが「家計の節約」を心がける理由について、最も近いものを選んでください。

節約に関するアンケート
 対象条件:日本全国のモニターさん
 回答者数:1000人(20代・30代・40代・50代・60代各200人、調査日:2016/4/7)

節約を心がける理由は?

 日頃から節約を心がけている方に節約の理由を伺いました。
 最も多かったのは具体的な目標ではなく漠然と将来のために貯金をしていくため、というもの。
 なかなか豪勢に遊ぶために貯金、というのは難しいのかもしれませんが、こういうときでも、無理せず楽しみながら節約が出来ると良いですよね。
 目標達成できたら貯金の一部を使って家族で外食、のようなご褒美をちょっと用意するだけでも、家族の目標が出来て良いかもしれませんね。