生活の記事

何を飲んだらホッとする?休憩にピッタリな飲み物を調べてみた

何を飲んだらホッとする?休憩にピッタリな飲み物を調べてみた
VNM編集部 生活

休憩は、緊張からいかに解放されるかが大事

業種によって差もあるとは思いますが、仕事中は脳や体を酷使していますよね。
実は筆者はかつて、「休憩をしても集中が切れてしまうだけだから、しなくていい」と思っていました。

しかし、人間の集中力は大して続かないのだそうです。
むしろ、適度に休憩を取ることによって、パフォーマンスの向上に繋がるとか。
それを知ってから、緊張と緩和のうまい組み合わせを考えるようになりました。

そこで意識したのは、休憩中に何を飲むか、という点です。
休憩中、スマホをいじってるだけでは、余計な情報に晒されてかえって疲れるだけ。
タバコを吸うわけでもないので、飲み物でよりリフレッシュする方法はないか、調べてみました。

もうひと頑張りするならコーヒー

コーヒーに含まれるカフェインには眠気を覚ます効能があるというのはよく聞く話ですが、他にも効能があるようです。
それは、作業効率のアップ。

カフェインを摂取すると、30分の仮眠をしたあとと同じくらい、眠気やミスを減らす効果があるのだそうです。
だからと言って30分ごとに飲み続けるのがいいというわけではないですが、作業効率が悪くなったなーと感じたら、ちょっと休憩してコーヒーを飲めば、その後の効率を上げることができそうです。

また、カフェインには疲労感を取り去る効果や、計算力や記憶力を上げる効果もあるとのことなので、もうひと頑張りの前のパワーチャージに使えそうです。

参考:R25

疲れてお肌が気になるなら紅茶

紅茶にもコーヒー同様カフェインが含まれており、疲労回復効果が見込めそうです。
それに加えて、紅茶ポリフェノールやカテキンによる、酸化防止作用が期待できるとのことです。
細胞を酸化させる活性酸素の動きを抑制するので、「ちょっと疲れて肌が荒れちゃったな」という日に飲むと、少しでも回復できるかもしれません。

紅茶にはビタミンやミネラルも含まれています。
また、紅茶の香りによるアロマテラピー効果もあるそうで、リラックスできた上に美容効果もあるなんて、最高です。

参考:日本紅茶協会

冷えから体を守るならココア

寒い冬に飲む温かいココア、ホッとしますね。

ココアのよく知られる効果の1つに、冷えた体を温めるというものがあります。
ホットココア、お湯、温かい緑茶の3つを飲んで、手の温度を測る実験を行ったところ、ココアを飲んだあとは60分後でも約1度体温が上がった状態をキープできていたそうです。

冬、暖房の効いたオフィスでも、意外と足元はひんやりしています。
また、夏場はクーラーが効きすぎていて冷えてしまうという方にも、ココアが効果を発揮しそうです。

さらに最近では、ココアにはインフルエンザウイルス感染に対する予防効果が期待できることがわかってきました。
インフルエンザについては、予防接種することが最も大切ですが、ココアを意識的に飲むことで、免疫力アップが目指せるかもしれません!

参考:森永製菓

飲み物プラス軽い運動で、さらに効果アップ

あまり意識することなくいろいろな飲み物を飲んできましたが、今回調べてみて、こんなにもたくさんの効果が期待できるとは、意外でした。
筆者は基本的にはコーヒー党なのですが、たまには紅茶やココアもいいなと思いました。

仕事中の休憩には、こうした飲み物の効果に加えて、デスク周りでできる軽い運動を組み合わせると、さらにリフレッシュできそうです。
忙しくて休憩がもったいないと思う時こそ、作業効率を上げるために、短い休憩とホッとできる飲み物を挟んでいきたいですね。

ライター:やまかわじゅり
akairuka子どもとトイプードルに振り回される、新米ママです。
親バカにはならないぞと思っていましたが、子どもの動画でスマホが一気にパンパンになりました。
Twitter: @jymkw 

【Q】仕事や作業の合間に飲んだら「ほっとする」飲み物はどれですか?

飲み物に関するアンケート
 対象条件:日本全国のモニターさん
 回答者数:500人(男女各250人、調査日:2016/7/13)

仕事や作業の合間に飲んだら「ほっとする」飲み物はどれですか?

 記事中で紹介されたコーヒー・紅茶・ココアに、「日本人なら緑茶でしょう!」と緑茶を加えてみましたが、結果半数の方が「コーヒー」と回答しました。
やや圧倒的な結果となりましたが、コーヒーばかり飲んでいる方も、たまには紅茶やココアも飲んでみると改めてリフレッシュできるかもしれませんよ。