健康の記事

ぐっすり眠るためにできる3つのポイント!早寝早起きが社会を変える?

ぐっすり眠るためにできる3つのポイント!早寝早起きが社会を変える?
VNM編集部 健康

子どもと一緒に、必然的に早寝生活になりました

筆者は、子どもが産まれる前までは、超が付くほどの夜型人間でした。
ちょっと特殊な職業だったこともあり、終電で帰宅し、午前3時頃就寝、9時頃に起きて、11時頃出社・・・みたいな日々でした。
その名残というのか、妊娠中でさえ午前1時頃就寝が当たり前という生活でした(今では反省しています)。

が、しかし。
子どもが産まれるとそのタイムテーブルは一変したのです。

子どもを寝かしつけるため、9時に一緒に布団に入って・・・そのまま朝まで寝てしまうことが多々あります。
そんな時間に寝てしまうと、自分には信じがたいことですが、朝4時か5時頃には、自然と目が覚めるようになったのです。

やはり、朝に活動するようになると、それがとても良いことだということに気づきます。
この、子どもの寝かしつけをきっかけに、気持ち良くぐっすり眠れる方法について考えてみるようになりました。

自分にピッタリの「暗さ」を見つける

当たり前ですが、部屋が暗いと眠気スイッチが入ります。
「薄暗く」というのがポイントかもしれません。
好みの暗さの度合いは個人差があると思いますが、もし暗くしても眠気が来ないという人は、その度合いを調節してみてもいいかもしれません。

筆者は、以前は「漆黒」とも呼べるほどの真っ暗を好んでいました。
遮光カーテンをキッチリ閉め、目が開いているのかわからないくらいの闇が好きでした。
しかし、子どもの寝かしつけとなると、さすがにそんな闇の中では何もできません。
豆電球を点けた「薄暗い」程度で寝ることになり、そんな中で眠れるのかと心配でした。

でも、結果は、先ほど書いた通りしっかりぐっすり眠れてしまいました。
意外とちょっと薄暗いほうがスッと眠りに入っていけて、自分には合っているのだなと気付かされました。

眠りモードに入るための「ルーティン」を持つ

子どもが気持ちよく眠りに落ちるためには、「ルーティン」が必要だそうです。
「これから眠るんだよ」と、気持ちと体を切り替えるためのルーティン。
絵本の読み聞かせや子守唄などを聴かせると眠りに落ちていく、というのが言うなれば“王道”のルーティンですよね。

これは、大人にも通じるものだそうです。
では、どんなルーティンを用意するのが良いのでしょうか。

スマホやテレビ、タブレットなどの電子機器に頼るのは、よく言われるようにアウトです。
眩しさは眠りにとって大敵です。

そこで、大人も楽しめる絵本や、小説などはいかがでしょうか。
筆者は最近、絵本を読み聞かせしていると眠気がくるようにルーティンが身についてしまっています。

ルーティンは何も、「寝る前に何かする」という「行動」だけではありません。
例えば筆者の娘の場合、タオルケットを顔の半分くらいまで引き上げて掛けてあげるだけでも、一気に眠気スイッチが入るようです。
このような眠りに結びつく習慣を持てれば、大人でもすぐに眠くなれるのではないでしょうか。

例えば、お気に入りの毛布に包まれることや、好きなアロマの香りを嗅ぐこと。
はじめのうちはすぐには眠くならなくても、繰り返して次第にルーティン化すれば、効果が実感できると思います。

続けて、繰り返していくことが大事なようです。
継続は力なりって、本当ですね。

参考:質のよい睡眠につながる、アロマの上手な使い方(フミナーズ)
http://fuminners.jp/iroha/826/

休日に寝だめしない

休日には目覚ましもセットせず、寝られるだけ寝だめをする!という方も多いでしょう。
しかし、生活リズムが崩れてしまうほど寝過ぎるのは良くないようです。

筆者も以前は、休日は昼過ぎまで寝ていましたが、今は子どもに朝ごはんを食べさせないといけないため、休日も早起きしています。
しかし、生活リズムが大きく崩れることがないため、これがかえって平日の朝を楽にしてくれているように感じます。

金曜に夜更かしもすることなくなり、つまり、飲み過ぎて土曜日の朝にしんどいということもなくなり(笑)、非常に健康的に過ごしています。

眠りのリズムという点で考えると、休日も決まった時間に起きるほうがいいようです。

できる限り早く寝るのがやっぱり大事

最も大事で、最も困難を極めるのが、「できるだけ早く寝る」ということ。
なかなか定時退社なんてできないですよね。

日本は超夜型社会と言っても過言ではないと思います。
共働きの家庭では、子どもの就寝時間は遅くなりがちだと言われています。

残業を減らし、さっさと家に帰り、さっさと寝て朝早く起きて、始業時間を1時間早めれば、生産性は随分上がる気がします。
そうすれば、残業がさらに減り、長時間労働と睡眠不足が引き起こす病気も減り、よって医療費は削減され・・・と、いいループが始まるような気もします。

筆者の子どもたち世代には、せめてそんな社会を残してあげたいものですが・・・まずは、少しでも早く寝て早く起きて、自分のリズムを変えるところからはじめましょう!

ライター:やまかわじゅり
akairuka子どもとトイプードルに振り回される、新米ママです。
親バカにはならないぞと思っていましたが、子どもの動画でスマホが一気にパンパンになりました。
Twitter: @jymkw 

【Q】就寝する際、部屋の照明はどうしていますか?

睡眠に関するアンケート
 対象条件:日本全国のモニターさん
 回答者数:500人(男女各250人、調査日:2016/7/13)

就寝する際、部屋の照明はどうしていますか?

 「真っ暗にする」が圧倒的に多い結果となりました。
 でも、もし眠れない時には、あえて薄暗くしてみることで変わるかもしれませんよ。
 一度試してみてはいかがでしょうか。
格安ネットリサーチ
格安ネットリサーチ