生活の記事

鉄製のフライパンで、美味しい料理を作ろう!

鉄製のフライパンで、美味しい料理を作ろう!
VNM編集部 生活

鉄製のフライパンって何が良いの?

先日、メインで使用していたテフロン加工のフライパンが、1年も経たないうちにダメになってしまいました。
テフロンが剥げてしまったのです。

筆者はその前にもいくつか、テフロン加工のものを1年前後でダメにしていて、改めて数えてみたら、結婚して数年でフライパン4本を買い換えていたことがわかりました。

それはさすがにちょっとコスパが悪いなと気づいたので、前々から気になっていた鉄製について調べてみようと、かっぱ橋に行って調べてみました。

鉄製のフライパンをオススメする3つの理由

お店の人に伺うと、テフロン加工は高温に弱く、よほど気をつけて使っても寿命は数年程度なのだそうです。

中にはウッカリ温めすぎてしまい、1週間でダメにしてしまった人もいるのだとか。
1年前後でダメになっていたのは私のせいではなかった、と謎が解けたので、思い切って鉄製を買うことにしました。
鉄製が良いと思ったのには理由があります。

鉄製が良い理由①鉄分が摂れる
鉄製のフライパンの最大の長所が、鉄分が摂れることです。

鉄分は不足しがちな栄養素の1つです。
不足するともちろん貧血の原因にもなります。

女性は特に不足しがちですから、毎日の食事で少しでも多く摂れるのは良いと思います。

鉄製が良い理由②シンプルな料理もおいしくできる
ただ炒めるだけでも、全く別の料理のように美味しく出来るのが鉄のフライパンを使って驚いた点です。

鉄には、しっかりと熱を蓄え、その熱を食材に伝える性質があるそうで、そのため、180度前後の高い温度で安定して調理ができます。

試しに、安く売っていたほうれん草を、味付けは塩だけで炒めてみたのですが、びっくりするくらい甘くておいしくできました。

フライパンでこんなに味が変わるのかと、正直びっくりしました。
今まで、塩味だけだと物足りない感じがして、コンソメを入れたり、ソースを足したりしていましたが、熱によって旨味が十分引き出せていなかったからだったんですね。

鉄製が良い理由③使うほど自分に馴染んで育ってくる
鉄製フライパンは耐久性に優れていて、大事に使えば、数十年使い続けることも可能なんだそうです。
たとえうっかり焦がしてしまっても、錆びつかせてしまっても、ちょっとしたお手入れで復旧することが可能なんです。

また、使い込んでいくほど、油が馴染んで黒光りして良い感じになってくるので、育てる楽しみがあります。
筆者のフライパンも、この先死ぬまで買い換えることのないよう、大事に使っていきたいと思います。

良い調理道具で、おいしいものを作って食べよう

これまで、うちには安い調理道具しかありませんでした。

実は料理が苦手であまりやらずに誤魔化してきたのを、子どもが生まれて、さすがに慌てて買い揃えて始めたからなんですが、下手な人が安い道具を使うと、結局どうしてもうまくならないものですね。

今回奮発して、フライパンと包丁を、少し良いものに新調したのですが、大正解でした。

恥ずかしながら、30歳もとっくに過ぎて、料理って楽しいかもということに気づくことができました。
すべての調理道具にお金をかけることはまだまだできませんが、要となる道具はケチってはいけないのですね。

・・・って、気づくのがだいぶ遅いですよね。

まだまだ立派なレパートリーも少なくて、我が子には本当に申し訳ないのですが、これからも精進していきたいと思います。

ライター:やまかわじゅり
akairuka子どもとトイプードルに振り回される、新米ママです。
親バカにはならないぞと思っていましたが、子どもの動画でスマホが一気にパンパンになりました。
Twitter: @jymkw 

【Q】最近話題の「鉄のフライパン」持っていますか?

日々の生活に関するアンケート
 対象条件:自分で料理をすると回答したモニターさん
 回答者数:563人(調査日:2016/7/31~8/5)

鉄のフライパン持ってる?

 普段から料理をする方のうち、鉄製のフライパンを持っているのは22.2%、欲しいと思っている人が16.5%でした。
 ちょっと高いですけど、一生使えるならば良いですよね。
 ほうれん草がどれくらい味が変わるのか、気になるなぁ・・・。
格安ネットリサーチ
格安ネットリサーチ