健康の記事

ノンアルコールビールのススメ!健康にも良くて、安くて、まあまあおいしいぞ!

ノンアルコールビールのススメ!健康にも良くて、安くて、まあまあおいしいぞ!
VNM編集部 健康

ノンアルコールビールも悪くない!そのわけとは?

筆者は元々かなりの飲んべえで、妊娠する前は毎日晩酌するのが楽しみでした。
家に帰って、風呂あがりに深夜番組を見ながら、チーズ鱈片手にビールをグビッと・・。

そんな日々も、妊娠発覚と共に終わりを迎え、以降禁酒をしたわけですが、出産、授乳が終わった今では、妊娠前までは正直あまり接することのなかったノンアルコールビールを、おいしいと思えるようになりました。
というか、気づかなかっただけで、ノンアルコールビールは思ったよりずっとおいしいのです!

さらには、意外な健康効果もあるそうで、俄然興味を持ってしまいました。
ビール好きの方には、「ノンアルコールビールなんてビールじゃない!」と頑なな方もいるかもしれませんが、通常のビールよりも健康効果があるのだとしたら、飲んでみるのも悪くないのではないでしょうか?

ビールのメリットとデメリット

そもそも、ノンアルコールではない通常のビールにも健康効果があることを知っていましたか?
まずは、普通のビールの健康効果からご紹介します。

メリット①:食欲と血行の促進

アルコールには、食欲を増進したり血行を促したりする効果があるのだそうです。
胃の“ぜん動運動”を刺激するので、空腹感が増し、食事がおいしく感じられるのだとか。

また、血管を広げることにより、血液の流れを良くしてくれる効果もあるそうです。
ビールに限らずお酒を飲むと体がポカポカしますよね。
これが、血行が良くなっている証拠なのです。

メリット②:病気の予防になる

血管が広がり血行が良くなることにより、脳卒中のような、血管の詰まりが原因で起こる病気の抑制に繋がるそうです。
同じく、心臓病などの循環器系疾患の発病が抑えられるとも言われています。

メリット③:栄養成分がとにかく豊富

麦芽やホップを原料とするビールは、炭水化物、ビタミンB群、ミネラル、タンパク質など、実は栄養が豊富なアルコール飲料なんです。

ビタミンB群というのは代謝を助けるビタミンで、ビールでは酵母に含まれています。
ビタミンB1は疲労回復効果が期待でき、「美容・発育ビタミン」と呼ばれているビタミンB2には、脂質を燃焼させて新陳代謝を促す効果があります。
ビールの中には、特にこのビタミンB2が豊富に含まれているそうです。

参考:お酒の効用(サッポロビール)
   実は健康に良い!?ビールに含まれる栄養について(おすすめビールまとめ | ピントル)

デメリット:飲み過ぎると良くない

言わずもがなですが、ビールに限らず、アルコール飲料は総じて飲み過ぎると色々な健康被害を引き起こす原因となります。

また、病気にまではならなくても、日々の生活に悪影響を及ぼすことも少なくありません。
例えば、お酒を飲んだ後は深く眠れるような気がしますが、これは迷信で、実際にはアルコールが神経を興奮させて、夜中に何度も目が覚めてしまうなど、眠りが浅くなってしまうのです。
(酔いつぶれて気がついたら朝、という経験もあるかと思いますが、これは浅い睡眠のまま長時間眠っているだけで、決して“良く寝た”わけではないようです)

ノンアルコールビールのオススメポイント

このように、ビールにはメリットもデメリットもありますが、ノンアルコールビールにはそのアルコールによって起こされるデメリットはありません。
さらに、ノンアルコールビールならではの効果もあるのです。

安眠・美容効果が期待できる

ビールには、GABAという成分が含まれていて、これが気持ちをリラックスさせたり安眠を助けたりする効果があるそうなのです。
ところが、前述の通り、アルコールには睡眠を妨げる側面があるので、GABAの持つ効果はあまり発揮できないのです。

ノンアルコールビールにはGABAが同じように含まれているので、ノンアルコールビールを飲むことで安眠効果が得られるというわけです。

ところで、ビールを飲んでいると、トイレが近くなりませんか?
ビールの原料であるホップには利尿作用があるのです。
ビールの場合はホップの利尿作用に加えてアルコールによる利尿作用も上乗せされるため、トイレが近くなってしまいますが、ノンアルコールビールを飲んでいる場合はそれが適度となり、むくみ解消も期待できるというわけです。

味がかなりおいしくなっている

ビール好きがノンアルコールビールを認めない最大の原因は、味でしょう。

ノンアルコールビールが普及し始めた頃は、お世辞にもおいしいとは言えませんでしたが、研究を重ね、最近ではかなりおいしくなっています。
ビールと瓜二つ、とはいきませんよ、そりゃあ。
でも、子育てを始めるなどビールが飲めないような場面や、翌日にアルコールを残したくない平日の夜に飲むような場合には、申し分ない味です。

大のビール好きな筆者が言うんですから、間違いありません。

平日の晩酌はノンアルコールがオススメ

ビールは栄養が豊富なアルコール飲料だということにも驚きましたが、ノンアルコールビールのほうに安眠効果があるとは意外でした。

平日の晩酌はノンアルコールビールというのが、体にもお財布にも優しくて、良いかもしれませんね。

ライター:やまかわじゅり
akairuka子どもとトイプードルに振り回される、新米ママです。
親バカにはならないぞと思っていましたが、子どもの動画でスマホが一気にパンパンになりました。
Twitter: @jymkw 

【Q】ノンアルコールビール、飲んでいますか?

日々の生活に関するアンケート
 対象条件:日本全国のモニターさん
 回答者数:1000人(調査日:2016/7/31~8/5)

ノンアルコールビール、飲んでいますか?

 ノンアルコールビールを「よく飲む」「たまに飲む」と回答したのは合わせて28.3%でした。
 編集担当もノンアルコールビールはほとんど飲んだことが無いんですが、こうも良い効果があるのなら、ビールの代わりに飲んでみても良いのかなぁ・・。
 よし、試してみようと思います!