生活の記事

朝風呂派、シャワー派必見!最適な入浴時間は、寝る3時間前!効果的なお風呂の入り方とは

朝風呂派、シャワー派必見!最適な入浴時間は、寝る3時間前!効果的なお風呂の入り方とは
VNM編集部 生活

お風呂、あなたはゆっくり入りますか?シャワーで済ませますか?
夜に入っていますか?朝起きてから入っていますか?

実は筆者も「どちらかといえば朝風呂派」なんです。
厳密に言えば、「朝シャワー派」。
夜は疲れているし、そのまま倒れ込むように寝ちゃうのが楽なんですよね・・。
それに、朝のほうがさっぱりとした気分で仕事に向かえるし!

・・と思っていたのですが、調べてみると「夜にしっかり入浴する」ことの大事さが見えてきました。
そこで今回は、お風呂に入ることで得られる効果や、入浴時間による効果の違いなどをご紹介していきます。

朝風呂派の方、必見ですよ!

入浴方法による効果

ボイスノート会員男女1000人に聞いたアンケート結果から見てみましょう。
お風呂の入り方について聞いてみました。

入浴に関するアンケート

 対象条件:日本全国のモニターさん
 回答者数:1000人(男女各500人、調査日:2017/1/10~1/11)

普段の入浴方法として多いのはどちらですか?

入浴方法として多いのは?

約3割の方がシャワーのみで入浴を終えている結果になりました。
ちなみにこの結果は男女の合計ですが、男女別にした場合でもシャワーのみの割合は男性33.6%女性33.4%とほぼ同じ割合でした。

シャワー派からすればシャワーでも十分すっきりする気はしていますが、お湯にゆっくりつかることで得られる効果がこんなにあるんだということがわかりました。
「入浴する」というのは、「汚れを落とす」ということだけが目的なわけではないんです!

お湯にゆっくりつかることで得られる3つの効果

①血の流れが良くなることで、疲れが取れる!

「お風呂に入ると疲れが取れる」というイメージはみなさんもお持ちだと思いますが、この場合の「お風呂に入る」はシャワーのみで済ますことではなく、お湯にゆっくりとつかることを指します。

あたたかいお湯にゆっくりつかることで、体温も上がります。
これによって収縮していた血管が広がり、血の流れが良くなるのです。
血行が良くなると、体内に溜まった老廃物が血液に流される形で除去されていきます。
この老廃物こそが、疲れの原因。
老廃物が除去されることで、身体のコリや疲れが取れていくというわけです。

これだけでも、シャワーだけでは物足りない気がしてきませんか?
ちなみにこうした効果は入浴の「温熱作用」と呼ばれています。

②お湯につかると心肺機能が高まる!?

心肺機能が高まると言っても、お風呂で水泳をしたり、筋トレをしたりするわけではありません。
ただ、ゆっくりつかっているだけで良いんです。

これは「水圧作用」による効果です。
「水圧」と聞くと、なんだか深海のようなイメージがありますが、もちろん浴槽の中でも水圧は掛かります。
浴槽に入ると、しっかりと身体に水圧が掛かっています。
正直、お湯につかったところで急に圧力が掛かっているような自覚はないですが、この状態でウエストを測ると、数ミリなどではなくて数センチのレベルで細くなっているんだそう。
かなりの圧力が掛かっていることがわかります。

血液の循環の改善~足のむくみなどの解消

水圧によって得られる効果のひとつは、血液の循環の改善です。

例えば足のむくみ。
一日の終わりには、足がむくんで大変という方も多いかと思います。
足には「もう一つの心臓」と呼ばれるポンプ機能がついているのですが、長時間立っていたり疲れていたりすると機能が低下して、血液をしっかりと戻せなくなります。
その結果、血液に乗せていくはずだった水分が溜まっていき、むくみとなっていくのです。

※足のむくみについてはこちらにも詳しく書かれています。

遠赤外線フリーバンド
足のむくみの原因は血行不良!解消グッズを無料お試ししてみた[PR]

足のむくみに苦しんでいる方は多いかと思います。 靴が痛い、歩きづらいなど、何とか楽にならないものかと悩んでいることでしょう。 今回は、そんな足のむくみの改善に役立つグッズをご紹介したいと思います。 無 …

続きを見る

このむくみの解消に「水圧作用」が働きます。
お湯につかって水圧を受けることで、足にたまった血液が押し戻されていきます。
量の少なくなったハミガキ粉のチューブを先から押していく、あのイメージでしょうか。

これにより、溜まった水分も血液によって足から運び出され、むくみが解消するというわけです。
もちろん、足だけでなく全身に同じようなことが起こっているため、体中の血液の循環が良くなります。
先ほどの「温熱作用」と合わせて、心臓の働きが活発になっていくのです。
ゆっくりお風呂に入ることで冷えが改善すると言われているのも、この効果なんですね。

圧迫されることで、肺機能が高まる

もうひとつは、肺機能の向上です。
先ほど、水圧によりウエストが細くなることを紹介しましたが、それによって腹部の横隔膜が押し上げられ、その上部にある肺が圧迫されます。
肺が圧迫されると、通常よりも体内に送れる空気が少なくなるために呼吸の回数が増え、これによって肺機能が鍛えられるんだそうです。
スポーツ選手が高地トレーニングを行なうことがありますが、仕組みとしては同じような感じでしょうか。

のんびりとお湯につかっているつもりでいても、こうして勝手に(?)心肺機能が高まってくれるなんて、お風呂の凄さと人間の身体の凄さに驚きます・・。

③「浮力作用」でリラックス

3つの効果の最後は、「浮力」による効果です。
これも水圧と同様で入浴中にあまり実感することはないですが、お風呂でももちろん浮力が働いているのです。
お湯につかっている間、体重はなんと約9分の1にまでなっているそうです。

その浮力が効果をもたらしているのは、身体中の筋肉や関節です。
立っていても寝ていても、筋肉や関節はどこかしら負担を受けて自分を支えてくれています。
水中で体重が軽くなることで、そうした負担が大きく軽減されて、筋肉や関節はリラックスできるのです。

そして、それは脳にも効果をもたらしているそうです。
筋肉や関節が緊張状態にあると、「緊張状態です!」という信号が脳へ送られ続けます。
ずっとスクランブル態勢にあるといっても過言ではありません。
しかし、お風呂で筋肉や関節がリラックスすることで、脳もリラックスすることができるんだとか。

大きな温泉や誰もいない海などに行かなくても、自宅のお風呂で十分リラックスすることができるんですね。

これらが、入浴する=お湯にゆっくりつかることで得られる効果です。
シャワーで汚れを落としてさっぱり、というのもわかりますが、本当に疲れが取れるのはゆっくりつかってこそ、なんですね。

効果的な入浴時間は、夜か?朝か?

入浴する時間、多いのはどちらですか?

入浴する時間、多いのは?

アンケートの続き、入浴する時間について伺いました。
「朝入る派」はおよそ16%。
“朝派”が少数派なのは否めないですが、朝入るお風呂もまた良いものなんですよ!
(筆者は朝風呂派)

でも、先ほどの3つの効果を見ていると、疲れが取れたりリラックスできたり、というのは寝る前のほうが良いように思えてきます。
調べてみると、さらにもうひとつ、「夜に入るべき効果」を見つけてしまいました。

睡眠の質の向上にもお風呂は効果的!

入浴によって得られる効果として、「睡眠の質の向上」も挙げられるのです。
先ほど「温熱作用」により体温が上がるというものがありましたが、これが睡眠にも効果的なんだそうです。

人の体温は、体調が悪くない限り一定であるようなイメージがありますが、日中に上がって朝方に下がるという波があります。
厳密には日中少しずつ上がっていって19時~20時頃にかけて最も高くなり、そこからぐっと下がって朝の4時~5時頃に最も低くなるのが一般的です。

この「ぐっと下がる」ところで、これに反応するようにして眠気が訪れるのです。
つまり、寝る時間帯に合わせて一度体温を上げて下げることで、自然に眠気が訪れて心地よく眠れるようになるわけです。

眠気が来る時間から逆算すると、寝る時間の3時間ほど前に入浴するのが良いとされています。

ということは、朝に入浴すると3時間後には眠気が来てしまうかもしれない!のです。
朝からしっかりお風呂に入ってすっきりしてきたはずなのにどうも眠いな・・というあなた、原因はこれなのかもしれません。

つまり、やっぱり入浴するのは夜が良い!ということになります!

夜にしっかり入浴して、朝に目覚めのシャワー!

「寝る前にお風呂に入りましょう」だなんて、普段から夜に入浴している人からすれば当たり前の結論かもしれませんが、改めてその

効果を知った上だと、今夜のお風呂から気分も少し変わるかもしれませんよ。

でも、フォロー(言い訳?)するわけではありませんが、朝にお風呂に入ることでさっぱりするのも確かです。
寝起きにまとわりついている重たい空気を洗い流してくれる、そんなつもりで入っている方も多いはずです。

そこで、この記事のまとめとして、こうした提言をしたいと思います。
「夜にしっかり入浴して、朝は目覚めのシャワーを!」

朝にゆっくり入浴してしまうと、朝からリラックスモードになってしまいます。
リラックスは夜のうちにしっかりとして、朝は気分を切り替えるためにササッとシャワーを浴びる程度に済ませましょう!

毎日は現実的には難しいとしても、週に一度か二度、ゆっくりお湯につかるだけでもだいぶ疲れの取れ具合は違うようですよ。
さて、今日は帰りにスマホの防水ケースを買って帰ろうかな・・。

参考:入浴の効果(はぴばす/株式会社バスクリン)

格安ネットリサーチ
格安ネットリサーチ