お金の記事

資産運用も手軽にできる時代。あなたは何に投資する? 

VNM編集部 お金

バブル崩壊から四半世紀以上経ちました。

そんな現代2017年、バブルの頃の文化が改めて注目されてきています。
例えば、ジュリアナ東京が・・・とここで今再燃しているバブル文化を紹介するのではなく、今回は経済と、経済への向き合い方として“投資”について紹介していきたいと思います。

「経済の話はよく分かんない」
「景気って結局関係なくない?」

こういった「経済は分からなくてよい」と思っておられる方に、経済についてちょっと考えてもらえたらいいなと思います。

バブルってなに?

お若い方は、「バブルってなに?」って方も多いかもしれませんので、もう超カンタンにご紹介。

バブルとは1980年代後半から1990年代前半まで日本で続いた好景気のことで平成景気と呼ばれることもありますが、カンタンに言うと、みんなが株とか不動産を買いだして、そうしたらプレミアがつくみたいにものすごく高値になってきて、資産が膨らんでお金がたっぷりあった状態。
これがバブルです。(ざっくり!)

バブルが絶頂になった時に、法律が変わって株とか不動産が買われなくなってくると、それらの価値はだだ下がり、買った時に支払ったお金(=借金)だけが残りました。
こうなるとお金の動きも悪くなり、全体的に景気が悪くなっていきました。
これがバブル崩壊と言われる現象です。(詳しくは別の機会に!)

「バブル」という呼ばれ方は、バブルの好景気真っ只中にはされておらず、後になって「資産の膨らみ方が泡のようだった」「消え方が泡のようだった」と振り返り、「バブル」と呼ばれるようになりました。

またバブル到来&崩壊?

さて、2020年に東京オリンピックが行われますが、しきりに「オリンピックバブル」と叫ばれています。
実際に都心を中心に住宅価格が異常に上がってきたり、ホテルが続々と建ったりしていて、まるで90年代のバブルのようです。
こういった点もあの頃のバブル文化が再燃してきている理由のひとつでしょう。

こうなるとオリンピック後にバブルが崩壊することは容易に想像できます。
バブルが崩壊後は景気は悪くなり資産価値も下がりますが、資産の価値が下がることよりも、なくなった時にお金がなかったり借金が残っているのが問題なんです。

ましてや将来年金がどうなるかわかりません。

国は「必ず支給する」と言ってくれていますが、今の年金システムや高齢社会を考えると、どんなSF映画よりも非現実的に思えます。

であれば、崩壊前に対策を打つ!
景気に負けないお金を自分で作っていこうじゃありませんか。

景気に左右されないために

国の経済状況が悪くなれば景気も下がり、私たちの経済状況も悪くなる、というのが一般的です。

国の経済状況を悪くさせないのが一番ですが、それは一般人には無理ですので、であれば最もコントロールしやすいのは自分の経済状況です。

自分の収入と支出をコントロールすれば、いざと言うときの備えを準備することはできますよね。

それでは一般的に、収入のコントロールはどのようにしているでしょうか。

その1つが投資です。
昔は投資家と呼ばれる一部の人たちがやっていることとというイメージでしたが、今では一般の方でも気軽に行える資産運用の手段として、注目されています。

2014年にNISA(ニーサ)と呼ばれる、少額投資非課税制度が始まり、投資への注目が集まったのは記憶に新しいところです。

このNISAも改めて超カンタンに説明しますと、株式投資で出た利益等が毎年100万円(※)までであれば非課税、という制度で、以前はそういう収入は申告して税金を納める必要がありましたが、少額であればその必要がなくなりました。
(※2014年開始時は100万円まででしたが、現在は毎年120万円までに引き上げられています)

他にも投資にはいろいろな種類がありますので、代表的なものをいくつか紹介します。

株式投資

株式投資とは、起業がが発行している株式を買い、それを売った時に生じた差益を得ていくことです。
先に触れたNISAは株式投資の一種です。

当然、買った時より売る時の方が価値が上がっていないと、差益は生じません。
買った時より売る時の方が価値が下がっていたら、差損しかありませんので、そうならないように、色々な方面の起業の株式を買い、リスクを分散するのが一般的です。

基本的に投資家は多数の企業の株式を持っています。
 

FX投資

FXとは「Foreign Exchange」の略で、外国為替による投資です。

世界の通貨を売買することで差益を得ていきます。

例えば1ドル=100円の時にドルを買い、そのドルを1ドル=120円の時に売ると、単純計算で買った分の1.2倍の価値で売れます。
このように世界情勢によって変わる通貨の価値を読んで、投資をしていきます。
 

不動産投資

不動産のオーナーになり、賃貸収入を得ていく投資方法です。
もし今があなたが賃貸物件に住んでいるのであれば、大家さんが投資家にあたります。

例えば8部屋のアパート1棟を1億円のハチャメチャなローンで買い、月に30万円の返済があるとします。
でもこの買ったアパートの8部屋全てに、家賃5万円で人が住んだとしたら収入は40万円ありますので、単純計算で10万円の利益があります。
(あくまで単純計算であり、別の支出もいろいろあります)

人が住んで家賃が支払われる限り収入を生みますので、ローン完済のあとも収入を生み続けます。

一棟ではなく、マンションの一部屋のみ購入して貸し出し、家賃収入を得る方法もあります。
 

投資信託

投資信託とは、投資家から資金を集め、専門家が投資をして発生した成果が分配されるものです。
超カンタンに言ってしまえば、投資をプロに任せる、ということです。

プロですので無知なままの自分でやるよりは安心ですが、プロと言えど人間ですので損失を出してしまうこともありますので、それを知った上で取り組む必要はありますね。

先物取引

先物取引とは、将来価値が上がりそうな物を買う約束をしたり、価値が下がりそうなものを売る約束をするものです。

買ったり売ったりする約束をするだけで実際にその代金を支払う必要はないので、運用資金以上の取引ができるのも特徴です。
大きな取引ほど利益も大きくなりますが、損失も大きくなりますので、注意は必要です。
 

国債投資

国債(国庫債券)投資とは、日本つまり国にお金を貸す投資です。

日本を会社に置き換えた場合、国債はその「株式」と言え、日本は「日本一潰れない会社」と言えます。

そのため国債は投資の中で最もリスクが低いと言われています。
その反面、価値が大幅に上がることはないのでリターンも最も低いと言われています。

仮想通貨投資

仮想通貨とは、もともと暗号通貨と呼ばれていた、ネット上で使える通貨のことです。

ネット上で使えるということは、ネットが使える場所=世界で使える通貨です。

仮想通貨は、世界のリアルの通貨価値の影響を受けません。
そのため、投資では無いですが資産運用として、仮想通貨に“換金”して世界経済に左右されないよう資産を確保しておく方法があります。
また投資としては、仮想通貨自体での価値の変動があるので、売買による差益を得ていくという方法があります。

一昔前、仮想通貨が一般に広く認知される前に、仮想通貨の1つ「ビットコイン」を扱う会社が倒産し、また芸能人でも「ビットコインで損をした」という方がいたようで、仮想通貨に悪いイメージを持たれている方が多いようです。

ですが、この倒産した会社は両替所のようなもので、ビットコインの価値や信頼性にはなんら関係ありません。
また、ビットコインで損をするのも、他の投資と同じように買ったタイミングが遅かったり、売るタイミングが悪かったからであって、ビットコインだからというわけではありませんので、もし悪いイメージを持たれている方は、改めて調べてみると良いかもしれません。

投資は誰でもできる

株式投資はデイトレーダーと呼ばれる人たちも現れ、投資はインターネットを使ってやれることで一般的になってきました。

今回、投資について伺いましたのでご紹介します。

投資グラフ1

既に投資をされている方が全体の22%で、また、今後投資をしようと考えている方も19%いらっしゃり、データからも投資が一般的になってきたことが窺えます。

次に投資を考えている方(または既に投資をしている方)に、どんな投資法を考えているか窺いました。

投資グラフ2

やはり株式投資が最も多く、FXが続きます。

不動産投資は最近メディアで取り上げられることも多く、投資法としてはメジャーになりつつあるかと思いましたが全体の5%と少なめ。
動かす額が大きいため拭えない不安もあるということでしょうか。

いずれにしても、資産運用として投資を考えている方や既に行っている方が合わせて約4割と、投資が一般的になりつつあることが改めて分かりました。

投資はインターネットでカンタンにできる

それではここでいくつかインターネットで投資が始められるサイトを紹介します。

LION FX(ヒロセ通商)

ヒロセFX

FX投資の際、通貨をやりとりする取引所です。
利用者満足度が高いのが特長です。
 
FXも株式に並び、カンタンに始められる投資として知られています。
 
【LION FX】のお申込はこちら
*今なら口座開設後、新規ポジション1万通貨以上の取引で1,500PT(=1,500円)獲得

bitFlyer

bitFlyerビットコイン
仮想通貨ビットコインの取引所bitFlyer。
日本で最も利用されている取引所といっても過言ではありません。

ビットコインでの投資に興味がある方はぜひ。

【bitFlyer】のお申込はこちら
*今なら口座開設で100PT(=100円)獲得

次はネットで始められるものではありませんが、不動産を作っている会社が不動産投資について開くセミナーの紹介です。

FJネクスト

FJネクスト不動産

ガーラマンションシリーズのFJネクスト。
不動産でうまく収入を得ていくためのセミナーを開催しています。

興味のある方はまずは受講してみてはいかがでしょうか。

【FJネクスト】のセミナー受講申込はこちら
*今ならセミナー参加で2,000PT(=2,000円)獲得

 
 

投資を始めてみる

以上、投資について紹介していきました。

経済の動きは、私たちに直接痛みや快感を与えないため、関係ないことのように感じますが、生活していく以上確実に影響を受けます。

そういった影響から自分を守るためには、自分でお金について準備したり攻めたりする必要があります。

今回はその1つとして投資を紹介しましたが手段は他にもありますので、自分にあった方法で、自分や家族を守っていきたいですね。

格安ネットリサーチ
格安ネットリサーチ