エンタメの記事

【歴メシを実際に作ってみるシリーズ】第一話 古代ローマの風を埼玉で感じるの巻

ボイスノートマガジン編集部 エンタメ

独身男、古代ローマ料理を作って食べる!

歴史料理研究家の遠藤雅司さんが主宰する、昔の人たちが食べていた料理を残っている文献を手がかりに作って食べてみるというプロジェクト「音食紀行(おんしょくきこう)」。

このプロジェクトと、そのイベントで再現された料理のレシピを本にまとめた『歴メシ!』は、当ボイスノートマガジンでも何度かご紹介してきました。

関連:やっぱり実家がイチバン!?「実家の思い出のごはん」聞いてみた
   歴史好きな大人たちが大注目の「歴メシ」は美味しく楽しいイベントだった

「音食紀行」と『歴メシ!』の魅力をさらに伝えるためにはどうしたら良いか、編集部で考えに考えた結果、自分たちで歴メシを作ってみるのが良いのではないかという結論に至りました。
今回の記事を含め、4つの時代の料理に挑むという壮大な超スペクタクル連続企画です!

そして、この企画の挑戦者として白羽の矢が立ったのは、アンケートサイト「ボイスノート」で音食紀行を担当しているK氏!

(重厚な音楽に乗せて)
これは、普段からまともに料理をしない三十路男のKが慣れない料理に挑み、歴メシの魅力を伝えつつ、自らの「男子力」も向上させていこうという、大歴史ドキュメントなのである・・!

独身貴族Kの(ほぼ)はじめてのクッキング

それではまず、簡単にK氏の紹介をしておきましょう。

アンケートサイト「ボイスノート」で音食紀行をはじめ数々のクライアントと仕事をしているKは、埼玉県在住の三十路男。
独り暮らし歴は長いものの、食事は外食か出来合いの弁当や惣菜などで済ませてしまい、自炊は全くしていません。
彼女もいない(※記事作成時の情報です)、ザ・独身貴族です。

K氏の部屋は、これもまたザ・独り暮らしなタイプの1K。
とは言うものの、キッチンは鍋が一つ入ればいっぱいになってしまう流しと、コンロがひとつのみ。
まな板を安定して置けるようなスペースもなく、筆者は思わず「どこがKだよ!」と言ってしまうほどのKでした。

そんなK氏が初めに挑む歴メシは一体何なのか?
『歴メシ!』で紹介されているレシピをパラパラと眺めたKは、やがて顔を上げてひとこと呟きました。

「やっぱり、肉でしょ。」

ということで今回は、古代ローマの貴族が食べていたという、しっかり肉を堪能できそう(そして簡単そう!)な「古代ローマ風 牛のステーキ」に決定しました!

ここからは、K氏の奮闘ぶりをレポートしていきたいと思います。

古代ローマの風を感じる肉料理

まずは今回挑む「古代ローマ風 牛のステーキ」のレシピを紹介しましょう。

<材料(4人前)>

牛ヒレ肉:400g
パセリ:10g

ソース
赤ワイン:50ml
赤ワインビネガー:30ml
ハチミツ:大さじ1
魚醤:10ml
オリーブオイル:50ml
ぶどう果汁:30ml
フライドオニオン:10g
干しぶどう:10g
ブイヨン(パウダー):小さじ1
セロリ粉:小さじ1
クミン粉:小さじ1
オレガノ:小さじ1
コショウ:適量

つくり方

1.一口大に切った牛ヒレ肉をフライパンでソテーする。
2.ソースを注ぎ、サッと煮立てる。皿に盛りつけ、パセリを飾る。

ソースのつくり方

1.ボウルにフライドオニオン、干しぶどう、セロリ粉、クミン粉、オレガノ、コショウを入れ、潰してよく混ぜる。
2.赤ワイン、赤ワインビネガー、ハチミツ、魚醤、オリーブオイル、ぶどう果汁、ブイヨンを加えて混ぜる。

以上。

手順としてはやはり簡単そうではありますが、人生において手にしたことのない材料もいくつかあるので、手軽に買えるのかという不安は感じつつ、買い出しに向かいました。

買い出しへ!

調理器具を持っていないKは、まずはそこから買いそろえる必要があります。
そこで、調理器具も調味料も同時に買える東急ハンズへ向かいました。

ですが陳列されている調理器具や食材の価格が思っていたより高価だったため、すぐに東急ハンズを後にしたそうです。

(そこをケチってどうするよ! Kよ!)
しかし、料理慣れしていないK氏がためらう気持ちも分かります。
ここはあたたかく見守っていただければと思います。

結局、地元のスーパーや百円ショップなどをハシゴし、


材料を全てゲットしました。
といっても近所に置かれていなかったヒレ肉はロース肉、ぶどう果汁は100%ジュース、魚醤はナンプラーで代用することにしました。

(別の料理じゃんとか言わないでください)

それでは早速調理開始!

まずはソースを作る

今回の料理で唯一にして最大のポイントは、肉をソテーした後、良いタイミングでソースを投入するということです。
ということは、先にソースを用意しておかなければいけません。

必要な材料をすべてボウルに入れ、潰していきます。

固めのペースト状になりました。
あまり見たことのない見た目と香りに、早くも「歴メシっぽさ」を感じます。

次に、赤ワイン、赤ワインビネガー、ハチミツ、魚醤、オリーブオイル、ぶどう果汁、ブイヨンを加えて混ぜます。

おお、ソースだ。
潰して混ぜるだけで、ローマの香り漂うソースができました。

料理ほぼ未経験のK氏、初の本格料理が古代ローマ料理というクセの強めな初体験でしたが、料理に対する自信を持ち始めることができ、大きな一歩を踏み出せたようです。

まだ潰して混ぜただけではありますが。

肉をソテー、そして完成へ

肉を切るために、まな板を用意します。
K氏のキッチンでは、まな板を画像のように流しのこちら側と向こう岸に橋のように架けて使います。
(危ないので良い子はマネをしないでください)

そして肉を一口大に切っていきます。

そしてソテー。

歴メシ!』の情報によると、ローマ人は食卓でナイフやフォークを使わなかったそうです。
そのため調理の段階で、食べやすい大きさに切る必要があったとのこと。

ただ当時の味を知るだけでなく、食文化まで体験することができるんですね。

ちなみに、今回のメニューにはほぼ野菜が出てきませんが、古代ローマ貴族は肉や魚で空腹を満たしていたそうです。
野菜やパスタなんかも食べていなかったんですね。

そうこうしているうちに肉に火が通ってきました。
ここで、予め作っておいたソースを投入!
サッと煮立てます。

盛り付けて、パセリを散らします。

ジャーン!!

完成です!

「古代ローマ風 牛のステーキ」実食!

それではK氏の作ってくれた「古代ローマ風 牛のステーキ」を、いただいてみます。

(ピントが合っていないのは許してください)

なるほど、食べたことのない味。
でも、美味しい!

香りは独特で、カレーやシチューのよう。

口に入れた時、最初は干しぶどうやぶどう果汁の甘味や酸味がします。
食べ進めるとスパイスの香り・肉の味が一体となっていく感じで、あとに残るクミンなどの香りがとても心地良いです。

ソース自体の味もとてもしっかりしていて、重そうに見えますが、ぶどうやハーブが効いているため、とてもフルーティーでさっぱり食べられました。

調理器具も持たなかった独身貴族のK氏も、埼玉の1Kでもこの時ばかりは貴族の贅沢を楽しみ、古代ローマの風を感じたようです。

ごちそうさまでした!

一人暮らしの自炊事情は?

今回は、普段は自炊を全くせず調理器具も電子レンジも持たない独身貴族K氏が料理をしてみたのですが、世間の一人暮らしの方の自炊事情はどうでしょうか。

ボイスノート会員の1人暮らしをしているみなさんに、アンケートを実施してみましたのでご紹介します。

あなたは自炊をしていますか?

対象条件:1人暮らしをしているボイスノート会員
有効回答者:516人(調査日:2018/1/29~30)
自炊をしていますか?

K氏と違って自炊をしている方が多いようです。

今回K氏は調味料・調理器具なども含めて全ての材料を買いそろえたので、費用は全部で5千円ほど掛かりましたが、調味料や調理器具は一度買ってしまえばしばらくは食材を買うだけで良いので、自炊は節約にもなります。
みなさんは節約について、どう考えているのでしょうか。
自炊と節約について取ったアンケートの結果がこちらです。

どちらが節約になると思いますか?

「自炊する派」の1割、「自炊しない派」の65%以上が「自炊しない方が節約になる」と考えていることが分かりました。

確かに最近は冷凍食品やレトルト食品も高品質で高価なものが増えました。
また外食ではワンコインで満足できるお店もたくさんあるので、食生活次第では自炊しない方がかえって節約になることもあるのかもしれませんね。

ところで今回調理を行ったK氏は、前述していますが調理器具も電子レンジも持っておらず、専ら外食で済ませたり、または弁当を買って帰ったりが当たり前の生活だそうです。
(本人曰く、「電子レンジは持っているけど壊れていて使えないだけ」だそうです)

一人暮らしの人は、どのくらい調理器具を持っているのでしょうか?
まずは包丁の所有率から。
包丁を持っていますか?

包丁は多くの方が持っているようです。

むしろ自炊している人の約15%が持っていないことが気にはなりますが、最近はキッチンハサミも進化していますし、カット野菜のような包丁いらずの材料も多いので、包丁がなくても自炊はできるのかもしれません。

それでは次に、電子レンジの所有率も見てみましょう。
電子レンジを持っていますか?

電子レンジは調理だけでなく温め直しなどでも活躍する、“生活の必需品”のようなイメージがありましたが、自炊している人でも持っているのは7割弱という意外に少ない結果となりました。
また、自炊を全くしない人の所有率が高めだったのも、面白いデータでした。

「古代ローマ風 牛のステーキ」を振り返る

今回、K氏は「古代ローマ 牛のステーキ」を作ってみました。
肉好きの独身貴族も満足の肉料理だったようです。

古代ローマではこういう食事をしていたのかと思いを馳せると、少しだけタイムスリップをしたような気持ちになりました。
イタマエ・ロマエです。

料理へのハードルが若干下がり、またある程度の調味料や道具も手に入れ、モチベーションも上がったK氏が次に挑戦するのは、果たしてどの時代の、どの国の料理なのか。

K氏の挑戦はまだまだ続きます。

さあ、あなたもレッツ歴メシ!

料理ド素人のK氏も簡単に美味しく楽しくできた歴メシのレシピは、現在発売中の『歴メシ!』に載っています。

歴メシ!書影
「歴メシ!世界の歴史料理をおいしく食べる」/柏書房
http://www.kashiwashobo.co.jp/book/b307564.html

『歴メシ!』は再現レシピだけでなく、古代の食糧事情や「食の革命」の話など、歴メシに関するエッセイも充実していて、歴史に詳しくない人でも楽しめる1冊となっています。

また、その著者である遠藤雅司さん主宰のプロジェクト「音食紀行」では、昔の人たちの料理を再現し、当時の音楽をBGMに食事を楽しむイベントを開催しています。

「⾳」「⾷」「紀⾏」とあるように、⾳楽と料理を通じて、時代旅⾏世界旅⾏を疑似体験できます。
単独での料理会からプロの演奏家によるコンサート付き料理会など五感で感じられるイベントに、あなたも参加されてみてはいかがですか?

音食紀行
http://onshokukiko.com/wpd1/