健康の記事

歯をキレイにするホワイトニング。歯がキレイな人の方が興味アリ?

ボイスノートマガジン編集部 健康

ホワイトニングで歯をキレイにしよう

歯の「ホワイトニング」は、以前は芸能人やセレブなど限られた人のみが行うようなお手入れでしたが、最近は施術可能な歯科医院が多くなり、一般の方でも行いやすくなってきました。
歯ブラシや歯磨き粉の性能が上がってきたり、歯科医療技術の進歩で治療法が増えてきたりで、ホワイトニングに限らず、歯をキレイにしようという意識の高い方が増えてきているようです。

今回、ホワイトニング歯磨き粉を開発・販売している株式会社Dentaluxeと共同で、ボイスノート会員のみなさんに、歯についての意識調査を行いました。
あなたの考えや習慣と見比べながら、ご覧いただけたらと思います。

歯に関する意識調査

ほとんどの人が、自分の歯をキレイだと思っていない

対象条件:ボイスノート会員
有効回答者:3361人
自分の歯はキレイだと思いますか?

キレイと思う人が最も多いのが、男性は20代以下の若年層、女性は60代以上の高齢層という、対称的な結果となりました。
また、どの年代・性別も、「キレイだと思う」と回答したのは2~3割だったため、7~8割ほどは自分の歯を「キレイではない」と思っているということになります。

自分に厳しく自己評価が低いのか、本当にキレイでないのかは分かりませんが、自分の歯に自信を持っていない方は多そうです。

歯がキレイかどうかに関わらず、1日に磨く回数は「2回」が大半

次に、歯を磨く回数について聞いてみました。
自分の歯をキレイだと思っている人とそうでない人、それぞれの結果は次のようになりました。

普段、1日に何回くらい歯を磨きますか?

それぞれの結果を比べると、多少の傾向の違いは見られますが、どちらも「2回」をピークにした同じような形となりました。

自分の歯をキレイと思うかどうかは、歯磨きの回数にはさほど関係はないようです。

最も歯を磨いている時間帯は「就寝前」

歯磨きを1日に3回以上行う方が2~3割いるようですが、いつの時間帯に行っているのでしょう。
歯磨き回数が0回だった人を除外した3072人に、歯磨きをする時間帯について答えてもらった結果がこちらです。

普段、歯磨きをしている時間帯はいつですか?

「就寝前」が圧倒的に多く47.5%、次に多い「朝食後」と「夕食後」がそれぞれ22%ほどで、次に「起床後すぐ」が続く結果となりました。
「起床後すぐ」は朝食前とも言えますので、「朝食後」と一括りにして“朝”と考えると、36.2%と「就寝前」の次に多いことになります。

多くの方は就寝前と朝に磨いているようです。

ホワイトニングへの興味が高いのは、歯がキレイな人?

それでは冒頭でも触れた、ホワイトニングへの意識はどうでしょう。

白くキレイな歯にするホワイトニングですから、単純に考えれば「歯がキレイでない人」、言葉を選ばずに言えば「歯が汚れている人がすべき」というような気がしますが、果たして結果はどうでしょうか。

自分の歯をキレイだと思っている人、思っていない人、それぞれの結果はこのようになりました。

ホワイトニングに興味がありますか?

ホワイトニングに「興味がある」という方の割合は、歯がキレイだと思う方では45.9%と半数に近く、思わない方では30.8%で少数派という結果になりました。
「歯がキレイだと思っている」と歯への意識が高い人が多く、「歯がキレイだと思っていない」と歯への意識は低い人のほうが多いと言い換えることもできそうです。

以上、4つのアンケートから、歯への意識や習慣の傾向が見えてきました。
自分の歯をキレイだと思っている人とそうでない人、割合は違いますがそれぞれに歯への意識が高い人もいました。

手軽に自分でできるホワイトニング

歯への意識が高まり、興味を持つ人も増えてきたホワイトニングですが、実は自分でもできる方法があるのを知っていますか?

今回共同でアンケート調査をした株式会社Dentaluxe(以下デンタルクス)も、プリオロジーというホワイトニング効果の期待できる歯磨き粉を製造・販売しています。

日々の歯磨きの際に使用している歯磨き粉をプリオロジーに変えるだけで、意識していなくても白くキレイなツルツルの歯になるそうです。

プリオロジーは、化学の力で歯の着色を落としますが、漂白や研磨剤によるものではないため、傷つけることなく安全かつ自然に歯を白くする、デイリーユースの歯磨き粉です。

歯の美容液とも言えるプリオロジーで、新しいホワイトニング習慣を始めてみてください。

株式会社Dentaluxe:http://www.preology.com/