生活の記事

無防備で乾燥しがちな睡眠時は、マスクが必需品?

ボイスノートマガジン編集部 生活

無防備な睡眠時は乾燥しやすい

寝ている間に、口の中が乾いてしまった経験はありますか?

人は睡眠中、唾液の分泌量が低下するのでどうしても口が乾いてしまうのですが、原因はそれだけでなく、口が開いてしまったり口呼吸してしまたりするなど、個人の癖も、口が乾く大きな原因のひとつとなります。
また、睡眠中にかく汗によって水分不足になるため、口の中だけでなく唇や肌も乾燥がちになります。

口の中が乾くと不快ですし、それほかにも口臭や、病原菌への抵抗力低下などの実害も発生します。
そんな無防備な睡眠時の乾燥を防ぐのにおすすめなのが、マスクです。

口の乾燥はマスクで防ぐ

睡眠時にマスクをつけていれば、顔を覆うことで水分が逃げにくくなりますし、呼気に含まれる水分で保湿効果もあるので、乾燥を防ぐことができます。

「風邪を引いたときにつけるもの」といったイメージのマスクですが、最近は種類やデザインも多彩になり、健康な普段からつけている人も見かけるようになりました。
ですが、睡眠時にもつけている人が多いのかどうかは、なかなか知ることができません。

そこで今回、ホワイトビューティー株式会社と共に、睡眠中の乾燥とマスク着用についてボイスノート会員のみなさんにアンケートを取りました。

その結果を見ながら、睡眠時のマスク着用について、考えていきましょう。

睡眠時は危険が多い?

8割の人が乾燥を感じている

まずは、睡眠中の乾燥が原因で起きる、起床時の代表的な症状である「口・喉の乾燥」「唇の乾燥」「肌の乾燥」「口臭」について、これらを感じるか、聞いてみました。

対象条件:ボイスノート会員
有効回答者数:965人(調査日:2018/2/14~2/18)
次のうち、睡眠から目覚めた時に感じることを選んでください。

最も多いのは43.6%で「口や喉の乾燥」。
肌やくちびるも2~3割ほどの人が乾燥を感じているという結果でした。

いずれも当てはまらないという方は21.9%なので、78.1%の方は乾燥による何らかの症状を感じているということが分かりました。

マスクをつける理由は、乾燥対策と・・・?

それでは、乾燥対策として有効なマスクを、就寝時につけている人はどれくらいいるのでしょうか。
乾燥による症状を感じている人と、そうでない人、それぞれの結果がこちらです。
就寝時にマスクをつけていますか?

乾燥を感じる人の方が、マスクをつけている割合が大きいですが、乾燥による症状を感じていない人の中にも、マスクをしている人がいることが分かりました。

就寝時にマスクをつける人は、乾燥対策以外ではどんな効果を期待して、つけているのでしょうか。
就寝時にマスクをつける理由は何ですか?

就寝時にマスクをつける理由は何ですか?

乾燥対策以外では、風邪やインフルエンザなどの病気予防や、花粉・ホコリ対策として行っている方が多くいました。

寝ている間も病原菌やアレルゲンは容赦なく襲ってきます。
「寝る前は健康だったのに、朝起きたら風邪を引いていた」という経験がある方も、多いのではないでしょうか。

そうならないよう無防備な睡眠中の健康管理として、マスクを使う人もある程度いるようです。

マスクをつけると息苦しくなる?

ここまでで、さまざまな効果を期待して就寝時にマスクを着用する方が多いことが分かりましたが、反対に「マスクをつけない」という方に、その理由を聞いてみました。
就寝時にマスクをつけない理由は何ですか?

就寝時にマスクをつけない理由は何ですか?

最も多いのは「息苦しいから」という回答で、約60%でした。

最近はフィルター機能が高くなった反面、息苦しく感じるマスクもありますし、口と鼻を覆うということ自体に違和感を感じてしまう人なら、マスクの質に関わらず、就寝時につけようとは思わないかもしれませんね。

マスクが変われば睡眠が変わる!?

ドラッグストアなどのマスク売り場を見ると、同じマスクでも種類がかなり豊富なことが分かります。

選択肢が増えた一方で、「息苦しい」「耳が痛くなる」「顔にフィットしない」など、自分に合わないマスクに出会うことも多くなってしまいました。

自分にとって“ハズレ”のマスクを買ったことでマスクそのものを嫌いになってしまったら、マスクで防げたはずの乾燥や病気やアレルギーのことで、ずっと悩み続けていくことになるかもしれません。

反対に、もし自分にピッタリと合う“当たり”のマスクに出会い、悩み続けるかもしれなかったことが解消できるとしたら、人生すら変わるのではないでしょうか。

そんな“当たり”のマスクに、出会いたいと思いませんか?

自分に合わせられるマスク

今回、共同でアンケート調査を行ったホワイトビューティー株式会社は、多くのマスクを取り扱っている会社です。

中でも今、最もおすすめなのが「FURAHA®」。

多機能マスク FURAHA®

こちらの「FURAHA®」は、耳にかけるゴム部分は長さを調節できるようになっているため、どんな方にとっても「自分に合うマスク」にすることができます。
また通気性が良く、マスク独特のムレ感や息苦しさがほとんどないため、つけ心地はまさに“当たり”です。

また、老若男女誰でも使えるように、サイズはSからLLの4種類、カラーバリエーションはなんと15種類!
「睡眠時にもオシャレは気を抜かない」なんて方でも、気に入るカラーがきっとあるはず。

FURAHA® 着用
 
マスク本体は特殊な繊維で作られていて、繰り返し洗って使うことができ、中に専用のフィルターをセットすることで、花粉や細菌、ウイルスなどをしっかりキャッチします。
(乾燥対策のみであれば、フィルターをつけなくても十分です)

乾燥予防ができて、ウイルス・花粉・ホコリもブロックの、まさに多機能マスク!

「FURAHA®」で人生が変わるかもしれませんよ?

お求めはこちらからできます。
楽天ショップ【UVの木陰】

関連:実践しているのは半数以下!?インフルエンザの予防方法を聞いてみた
   花粉症真っ只中。対策の鍵は“使い捨てない”マスク?