生活の記事

ストレス解消に最適!疲れた脳をリフレッシュする「瞑想」のパワーとは?

ボイスノートマガジン編集部 生活

瞑想のストレス解消効果に世界中が注目している!

“宗教色のない瞑想”はブームを超えて定着している

数年前から目にするようになった「瞑想」。

「瞑想」と聞くと反射的に怪しげな宗教がやるもの、とイメージしてしまう方もいるかもしれませんが、それは昔の話です。
瞑想と一口に言ってもさまざまな考え方や方法があり、もちろんある宗教の考え方に基づいて行われる瞑想もありますが、それらの中で近年特に注目されているのは、「マインドフルネス」という宗教色のない瞑想法です。

この「マインドフルネス」は、ビジネスパーソンにとってとても効果的だとされ、人気を博しています。
その人気ぶりは、例えばGoogleやIntelという世界の超有名企業などで、なんと社内研修の一環として行われているほど!
現代社会において「マインドフルネス」は、疲れ切った心と体を癒やしてくれる”救世主”として注目されているんです。

そこで今回は、マインドフルネス瞑想とはいったいどのようなもので、どのような効果があるのか、ストレスに関するアンケートデータと合わせて紹介していきます!

瞑想とマインドフルネス瞑想の違いとは?

自分と向き合うのが「瞑想」

そもそも「瞑想」とは、どういうものなのでしょうか?

私たちが瞑想と聞いてまず思い浮かべるのは、近年エクササイズとして普及している「ヨガ」ではないでしょうか。

「ヨガ」のレッスンメニューには「瞑想」が含まれるものも複数ありますが、どんなものかと聞かれると上手く答えられない人がほとんどかと思います。

「瞑想」は、自分に向き合って「自己対話」を行っていくことです。

瞑想の考え方や方法は世界中に何千種類もあると言われていますが、そのいくつかは目を閉じて今この瞬間に心を戻すことで、気持ちを落ち着けたり、集中力を向上させたり、さらには深い自己洞察や対象認知を得ることができると言われています。

マインドフルネス瞑想も仏教の伝統的な瞑想から生まれた瞑想法の一つですが、「悟りを開く」ことが目的ではありません。

「心や体の不調和を解消する」目的で行う、宗教色のない瞑想法として注目されているのです。

なぜ人気?マインドフルネス瞑想の効果

現代人は疲れ切っている!

ここで、アンケートサイト「ボイスノート」で実施したアンケートの結果を紹介します。
今回は、皆さんがどれだけ疲れているのかをズバリ聞いてみました。

休息に関するアンケート
対象条件:日本全国のモニターさん
回答者数:300人(調査日:2018/5/25)

日頃、ストレスを感じることがありますか?

日頃からストレスを感じることがあると回答したのは、64.0%。
およそ6割の方がストレスを感じながら生きているようです。

一方、「脳の疲れ」について聞いたところこのような結果になりました。

日頃、脳の疲れを感じることがありますか?

脳の疲れを感じているという方は約56%。
「脳の疲れ」と言われてもピンと来ない方もいたようですが、脳は一日中私たちのために考え続けてくれている臓器です。
しっかり休んですっきりして、疲れから解放してあげたいものです。

ちなみに、全体の51%の方がこのふたつの質問で「ストレスを感じている」「脳の疲れを感じている」と回答していました。
皆さん、ほんとにお疲れさまです・・。

こういう方々には、ぜひマインドフルネス瞑想でストレスを解消していただきたいものです!

ストレス解消の救世主!マインドフルネス瞑想

疲れ切った私たちにぴったりのストレス解消法、マインドフルネス瞑想には大きく3つの効果があると言われています。

順に紹介していきましょう。

(1)自律神経のバランスを整える

瞑想では、呼吸が大切な要素のひとつです。

呼吸は、私たちが意識しなくても働いている人体の機能の一つですが、意識的に呼吸をすることもできますよね。
瞑想では、意識的に呼吸をゆったりと落ち着けていくことが多くあります。
それによって気持ちも落ち着いていくわけですが、同時に自律神経のバランスも整えられると言われています。

呼吸と自律神経には密接な関係があるそうで、吸気(吸う息)は体に活発さをもたらす交感神経を刺激し、呼気(吐く息)はリラックス・安らぎをもたらす副交感神経を刺激します。
普段、私たちは浅い呼吸をしがちですが、瞑想を行うことで体本来の呼吸を取り戻し、それによって自律神経のバランスを整えていくことができるのです。

(2)脳の疲労を回復・リフレッシュしてくれる

私たちが「疲れた・・」と感じているとき、もちろん体のパーツパーツも疲れてはいますが、その大元は脳にあると言われています。
呼吸と同様に、脳も自分で意識しているしていないにかかわらず、一日中「考え続けて」いるのです。

そんな脳を(体もですが)癒やしてくれるのは「快適な睡眠」なのですが、私たち現代人にとって「快適な睡眠」は、かなりハードルが高い行為。
寝ていないわけではないけれど、その質が低いために疲れが取れきっていないというのが、現代人の体とそして脳なのです。

マインドフルネス(リラックスして心を今ここに集中した状態)でいると、頭の中で考えること(観念・雑念の働き)が止んでいくので、疲弊しきった脳を休める質の高い睡眠ができるようになるのです。

近年、マインドフルネス瞑想がもたらす効果は科学的にも証明されています。

スッキリ快適な睡眠をとりたいという方は、マインドフルネス瞑想を試してみる価値はありそうです。

(3)自分自身のことが分かる

マインドフルネス瞑想は、自己認識力を高めるという効果ももたらします。

自己認識力とは、「自分って、こういう人なんだ!」と自分自身を発見できる力のこと。
瞑想は「自己対話」であると先にも書きましたが、自己対話を重ねていくことで自分の中に新たな発見をすることができ、それにより新たな自己の解放を楽しむことができるようになるそうです。

就職活動のはじめに「自己分析」を行なった人は多いかと思いますが、そういったものとは別もののようですね。

マインドフルネス瞑想は、まずは教えてもらうのがいちばん!

ここまでは「瞑想とは、マインドフルネス瞑想とは結局何なのか?」、そして「マインドフルネス瞑想を行うことでどんな効果があるのか」をご紹介してきました。

マインドフルネス瞑想が本当の意味でのストレス解消法であることはなんとなくわかってきましたが、では、実際にマインドフルネス瞑想はどのように行えば良いのでしょうか?

冒頭でも触れたとおり、マインドフルネス瞑想に関する情報は巷にあふれています。
書籍やネットの記事を探せば、「誰でもできる!」というコピーとともに、詳細なやり方もたくさん見つかります。
しかし、いざ自分でやってみても「出来ているのか手応えがない」というのが多くの方の実態のようです。そうなると、専門家から直に教わるのが最適です。

プロから「習う」ことで、「瞑想っぽい行為」ではなくきちんとした「瞑想」の方法を学び取ることができます。

例えば、何度か出てきた「自己対話」。
言葉だけ見ると難しく感じますが、実は普段から私たちも言葉や思考に依らない「自己対話」を無意識のうちに行なっているんだそう。
無意識にできていることを意識的に行うためには、その方法を教えてもらった上で、練習をしていくことが大事なのです。

瞑想のそうした方法をしっかりと教えてもらえる場というのはなかなか少ないのですが、横浜市の青葉台に、「瞑想のプロ」とも言えるお坊さんが運営している瞑想専門のスタジオがあります。

 

こちらは、瞑想スタジオSOWAKA.代表の入山文章(ぶんしょう)さん。

 

心身の健康に大いに役立つ瞑想を広めるために、専用のスタジオをオープン。
「日本に住む全ての人のこころを豊かにする」ことを目指し、日々すこやかな瞑想をお伝えされています。
今回の記事で紹介した「瞑想とは何か」「瞑想の効果」などについては、文章さんに教えていただいたことを参考にさせていただきました。

「SOWAKA.」では、体験レッスンも行なっているそうなので、マインドフルネス瞑想に興味を持っている方はぜひ一度参加してみてはいかがでしょうか?
瞑想が初めての方・初心者の方でも瞑想(リラックスした集中状態)を気軽に体験できますよ!

【瞑想スタジオ SOWAKA.】
神奈川県横浜市青葉区青葉台2-5-19-2F
045-229-1584

公式ページはこちらから!→ 瞑想スタジオ SOWAKA.